豆太郎さんの園芸日記
写真

他のプロフィール画像を見る

豆太郎さん  海外
お気に入りメンバーに登録
2012年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
22

初雪。椎茸とナメコ栽培。

2012/11/09

昨晩は初雪がぱらつきました。初霜は通年今頃降りますが、初雪とはちょっと早過ぎる気がします。

カメラ写真左:椎茸の種駒
先日のハリケーンで倒れた木はホワイトオーク。椎茸の原木に良いと言うので、前々から育ててみたかった椎茸の種駒を注文。

種駒は届いてから1週間はそのまま暗い所に置き、それから原木に植え付けると説明書にあります。植え付けは早春が良いらしいけれど、種駒を買ってしまったので、もう少ししたら植え付けて、地下室か車庫に置いておこうかな。

それとも冷蔵庫に種駒を入れて保存し、来年3月に植え付けようかな。種駒は冷蔵庫で半年持つそうです。ちなみに倒れた木は、まだ切らずに倒れたままです。

カメラ写真右:ナメコ栽培キット

おがくずなどを固めた物にすでに菌が植え付けてあります。このままビニール袋に2〜4週間置いておくと、ナメコが生え始めるそう。どうなるか楽しみです。

「初雪。椎茸とナメコ栽培。」関連カテゴリ

みんなのコメント(31)
  • 写真
  • 2012/11/09

おはようございます(・∀・)ノ

はじめまして!初雪のタイトルが気になって拝見させていただきました
寒くなりましたものね雪が降り始めるところがあっても不思議じゃないですよねー
栽培キットは始めやすそうでいいですね収穫楽しみですね♪
それでは

返信する
  • 写真
  • 2012/11/09

おはようございます

もう、そちらは初雪の便りですか。
暑いと言っていた夏が終わり紅葉に冬の訪れも足早ですね。私のところは街路樹が紅葉を始めているところです。

先日の倒木の利用ですね。
シイタケ栽培それは良い思いつきですね。
どなたのアイディアですか。

シイタケは新鮮なのは生でも食べられと聞いた事があります。バターで焼くだけでも美味しいですよね~。ナメコはお味噌汁ですか。食べられる物って採れる前からなんだか嬉しくなりますねムード
是非成功させて立派なきのこ類を見せて下さい。

返信する

おはようございます。
 
 季節外れの台風騒動が過ぎて、今度はもう初雪ですか。季節がめちゃくちゃの様ですね。

 椎茸は植え付ける原木で収穫に差がでますね。ホワイトオ-クは良い原木なんですか。
 一度、植え付けると原木を乾燥させると駄目になる可能性がありますね。
 頑張って、美味しい椎茸が賞味出来れば最高ですね。

返信する

原木栽培シイタケは高価ですね。
原木に穴をあけるコマの大きさに合ったドリルビットはお持ちですか。コマを植えた後は衝撃を与えるといいそうですよ。

返信する

こんにちは。

懐かしい作業ですね。
原木に、ドリルで穴をあけて、菌を埋め込みますね。そうですか、春の方がいいのですか。私の記憶では、伐採後、冬の仕事として菌の埋め込みをやっていたような。乾燥させないようにしていましたね。

返信する

こんにちは。

倒れてもただでは起きない・・・違うか ウッシッシ 倒れたホワイトオークが活用できそうでよかったですね わーい(嬉しい顔)

シイタケの栽培はやったことがあります。大きな木の下、ブロック塀の陰になるところに木を並べておきました。新鮮なシイタケがいっぱい収穫できましたよ、おいしかったです うれしい顔 ・・・ナメクジとの競争だったけど もうやだ~(悲しい顔) 負けないようにがんばってください 指でOK

返信する

Sandyの後に大雪で被災者の方々には本当に気の毒なことになっていますねexclamation
電気が来なかったらヒーターも何も入らないですもんねげっそり
こちらからも電気工事関係者が車を走らせて応援に行っているそうです。
車体にTeam Canadaと書いてありましたわーい(嬉しい顔)

キノコ栽培面白そうですねexclamation×2
沢山収穫できますようにウィンク

返信する

こんにちは。

今日のNHK「あさイチ」金曜日のあさイチガーデンで自宅でシイタケを栽培しようとシイタケ栽培を紹介してましたよ。
意外と簡単に育てられるような事を言ってましたが、きのこ類を好まない家族が居るので育てると言ったらきっと妨害されそう冷や汗
でも、ナメコは決定なんですよねぇ・・・(・・?

返信する

雪雪ですかぁ。オハイオ州に住んでいる友達ンところは、ハリケーンの後「雪雪が降ったよ~exclamation」と、メールで雪写真を送ってきました。ワシントンは、冬が来ちゃいましたかexclamation&question アメリカでも「なめこ」があるのか~ うれしい顔 日本なら「お味噌汁」だけど、アメリカでは どんな調理法exclamation&question 気になるね猫2
※ヨウシュヤマゴボウでの染色、仕上がりました指でOK 日記に出したので見てくださいな~(・▽・)手(パー)

返信する

こんばんは。

なんか天候が荒れてますね。
ハリケーンの後に雪ときたら困りものです。
雪はすぐ融ける方がいいです。
積もるとやっぱり慣れていても大変です。

こちらは既に車は冬タイヤに履き替えていますが、来週あたり降りそうな感じです。

キノコ栽培上手くいくといいですね。
HCにシイタケのホダギが売られていて気になってたところです。一本買っておこうかな。

返信する
  • 写真
  • 2012/11/09

ナメコ、難しいんでしょ?
たくさん収穫できるといいね。黒ハート

うちのシイタケは第1段階が終わり第2段階のためにお休みしているところ。
毎日大きくなるのが面白かったけど。一気にたくさん取れてびっくりした。
原木からだったら毎日少しづつって気がするんだけど、どうなんでしょう。

返信する

ひろりんさん、おはようございます。

はじめまして。初雪も降り、大分寒くなってきました。外での園芸作業も少なくなってきましたし、キノコ栽培を始めるのに良さそうな時期です。

栽培キットは袋ごと置いておいて、すぐにキノコが生え始めるそうですからお手軽です。収穫が楽しみです。

返信する

華さん、おはようございます。

もう初雪が降りました。記録的な猛暑の続いた夏から一気に寒くなりました。秋はちょこっと。

先日の倒木は折角なので椎茸を育てることにしました。私のアイディアです。前々から椎茸を育ててみたいと思っていて、キノコのキットや種駒の販売元からカタログなどを取り寄せていたのですが、なかなか実行できませんでした。

最近寒くなって来て庭仕事の時間が減ってきたところに、倒れた木が原木に向いているホワイトオークでしたので、これは、と思いつきました。

生椎茸はこちらでも手に入るのですが、あまり風味がありません。菌床栽培なのでしょうね。焼いたキノコ、美味しいですよね。ナメコはお味噌汁です。なかなかこちらでは手に入らなくて、日本に買える度に母にナメコ汁を作ってもらっているのですが、ついに自宅で作られる日が来るかも!収穫楽しみです。

返信する

ねむりねこさん、おはようございます。

今年の天候は極端ですね。猛暑、季節外れのハリケーン、あっという間に紅葉、と思ったら雪です。

ホワイトオークは椎茸の原木に良いとありました。乾燥させるといけないんですね。湿度を保つよう気をつけます。

おいしい椎茸が出来ると良いのですが。原木栽培は収穫まで時間がかかるそうですが、収穫期間が長そうなので楽しみです。

返信する

あお@岐阜県さん、おはようございます。

原木栽培の椎茸は風味が良くて高いそうですね。ドリルビットは揃っています。原木は転がして向きを変えたりすると良いそうですね。原木栽培はこれが初めてなので、手探り状態です。

返信する

花好きかんちゃんさん、おはようございます。

花好きかんちゃんさんは、以前椎茸栽培されていたのですね。私はこれが初めてなので分からないことばかりです。これからもいろいろ教えて下さい。

菌の埋め込みは温暖な地域では秋冬通じて行えるそうです。こちらは寒いので原木が凍結すると、キノコの菌が休眠状態に陥り、収穫時期が大分遅れてしまうので春先に植え付ける方が良いとありました。

でも地下室や車庫で管理したり、屋外でビニールなどを被せておけば今の時期に植え付けしても良いようです。

やはり乾燥させるのは悪いのですね。乾燥させないよう気をつけます。

返信する

くじらさん、おはようございます。

倒れた木がキノコの原木に向いているので、これは活用しなければ、と思いました。通常は、大きい木は切り倒したらそのまま朽ちるに任せているのですが、今回は椎茸栽培に使おうと思います。

くじらさんも栽培されたことがあるのですね。新鮮な椎茸が一杯。いいですね。私もたくさん収穫出来たらいいな、と思っていますが、どうなることか。でも今から楽しみです。原木栽培はやはり味がいいのですね。

ナメクジですか。気をつけます。折角のキノコを食べられないようにしなければ。

返信する

庭ふくろうさん、こんにちは。

ニューヨークやニュージャージーの方では、まだ停電しているところもあり、そこへ歓喜が流れ込んで雪とあって、踏んだり蹴ったり。大変です。カナダからも応援有り難いです。電気がない生活は本当に不自由です。早く復帰すると良いですね。

キノコ栽培は以前、しめじや普通のbutton mushroomを育てたことがあるのですが、原木は初めてです。今から収穫楽しみです。

返信する

浦桜さん、おはようございます。

あさイチで椎茸栽培の紹介がありましたか。見逃しました。残念。あさイチはこちらでも放送されているのですが、見たり見なかったり。なかなか良い情報を提供してくれる番組ですね。

私が注文したところのカタログには椎茸は初心者向けだとありました。和・中・洋食、なんでも使える便利なキノコですから、自分で育てられたら最高です。

きのこを好まない方がご家族にいらっしゃるのですか。それはちょっと残念です。ナメコは良いのですか?あれはヌメヌメしているので、椎茸より苦手な人がいるかな、と想像しましたが、そういうわけでもないのですね。

返信する
  • 写真
  • 2012/11/10

こんにちは

もう初雪雪げっそり
いらない木をバークチップにしたり椎茸栽培に使ったり素敵ですねウィンク

わたしもひかるりさんの日記をみてしいたけ栽培キットで育て始めました芽
なめこやひらたけなど何種類かありましたがいちばん簡単そうな椎茸にしました芽まだ4日めですが毎日びっくりするくらい成長しておもしろいですムード

返信する

いくちゃん、こんにちは。

今年は初雪が早かったです。ハリケーンの後で中西部は結構雪が降ったようですね。ハリケーンに雪なんて、本当に困った組み合わせです。

なめこ栽培キット、こちらにもありました。でもスーパーでナメコが売られている所はあまり見たことが無いので、アメリカ人は知らない人が多いと思います。私はお味噌汁にしようと思っています。

ヨウシュヤマゴボウの染色、見ました!素敵な濃い紫に染まりましたね。私もまた染色したいです。来年は沢山実を集めておこうと思います。

返信する

せえざえもんさん、こんにちは。

今年は天候が荒くて、お天気に振り回されている感じです。雪は長く積もると困りますね。今回は積もりませんでしたが、ワシントンDCは雪には慣れていないので、少しでも積もると政府機関、学校などが閉鎖してしまいます。

そちら冬タイヤですか。冬の準備万端ですね。


今朝、日本にいる母に椎茸栽培のことを話したら育ててみたいようでした。ホダギが売られているのですね。HCを見てみるように言ったのですが、見つかるといいな。原木栽培は収穫期間も長そうですし、自分でキノコ栽培して食べられるなんて、本当に楽しみです。

返信する

ひかるりさん、こんにちは。

ナメコはカタログでは難易度が高い印がついていたのですが、日本のサイトを検索したら結構簡単なようなことも書いてあったので、実のところは?です。湿度が相当必要らしいので、乾燥しがちなアメリカでは難しいのかもしれませんね。ナメコはめったに食べられないので楽しみです。

ひかるりさんの椎茸はお休み中ですか。また第二弾、沢山収穫出来ると良いですね。毎日大きくなるのを見るって楽しいですね。原木だと春と秋に収穫出来るらしいです。

返信する

moomooさん、こんにちは。

もう雪が降るなんて、今年は随分早い初雪です。

植物は再利用出来る物は、楽しく再利用です。moomooさんも椎茸育ててらっしゃいますか。楽しいですね。椎茸栽培している人が沢山いて頼もしいです。やはりキノコ。成長が早いのですね。

うちのナメコもモコモコ早く出て来ないかしら!楽しみにしています。

返信する

こんにちは。

うちは主人がなんでもやってみたい人だったので、ナメコも確か、挑戦したと思います。でも、ちょっとしか出なかった 冷や汗
シイタケは置き場所をあちこち変えましたが、やはり湿度を保つのが難しかったようです。最後は自然にいちばん近い場所でした 指でOK シイタケにとって快適な場所は、ナメクジにも快適だったようで あせあせ(飛び散る汗)

そういえば、鉢などを乗せていた丸太が朽ちてキクラゲが生えて、おいしくいただいたことがありますよ わーい(嬉しい顔) いつも乾燥したものを買っているので、生キクラゲは初めてでした ウッシッシ

返信する

豆太朗さん今日は。コメント有難う御座います。
菊画像見て戴き有難う御座います。

その菊も終わりを告げようとしています。
今年も菊作りして楽しく生きかえを感じました。
又、来年も頑張りたいと思っています。

返信する

こんばんは
もう初雪ですか。
北海道と同じような気候なんですかね。

シイタケの原木は葉が落ちたころ切り倒して、1.2mぐらいに切ります。この作業を玉切りと称しています。
葉が落ちたころは木が成長をやめるので皮が離れにくくなりちょうどいいです。切ったものを集めて、春まで寝かします。乾燥防止に上に寒冷紗や、枯れ枝をかけて暗くしておきます。少し風が通るところがいいです。植える前に雑菌が付くとシイタケの駒を植えても、負けてしまいます。
適度な風通しと湿度維持・・これが難しいですね。
やはり種植えの適期は春3月、桜の咲くころまで。
昔、父が生業としていたころは春休みがすべてこの手伝いで消えました。そのあとはキノコ採りと乾燥。。。
種植えは早く菌を回したいのであれば、駒と駒との間隔を狭くするといいですが、普通はちどりに鉛直方向30㎝位、円周方向は10㎝位。
菌糸は木の維管束などに沿って先に伸びるので、そんな感じで植えます。
植えた後は、5月ごろとか6月ごろまでそのまままた同じように積んでおきます。今度は乾燥防止を主眼に行います。

返信する

すいませんながながと・・・・

5~6月ごろに今度はそれを組みます。その時に木口を見て白い菌糸が見えたら生育良好。
林の中、特に沢風が流れるような斜面、湿度が保たれて日陰で、湿った風が通る場所が最適です。
組み方は片側の木口をつけて立てる形で組むのが平地での一般型。斜面ではずらした井桁型に斜面に沿って組んでいきます。
木口を地面につけるのは湿度を維持するため。

半年後天地返しと言って逆さにしてくみなおします。
平均的に湿度が維持されるように。・・
この時に木口をたたくと菌が刺激されるとか分断されるとかで早く菌が回るらしいです。(原木フレーム栽培で一般)でも。。木の太さで終了が決まるので結局は早くたくさん出るかの違いです。たくさん出ると、それはみんな肉うすになりがちです。

秋どりよりも春どりのほうがしいたけはよいものが取れます。また、雪の中でじわじわ大きくなったものは寒子と言って肉厚で締まっていて最高においしいです。

以上長々・・すいませんでした。

返信する

くじらさん、こんにちは。

ご主人はいろいろチャレンジされたのですね。ナメコはちょっとしか出ませんでしたか。やはりカタログの通り、難しいのかもしれませんね。

外に置いておく原木栽培はナメクジに気をつけなければ。

そう言えば先日枝を拾っていたらキクラゲのようなものがついているのを見つけました。でもキクラゲなのかどうかはっきりしなかったので、そのままにしてあります。生のキクラゲはフニャフニャしてますよね。

返信する

菊の文チャン、こんにちは。

菊のお写真、楽しませていただきました。いつものことながら素晴らしいですね。

又来年も菊作り頑張って下さい。私もそのうちいつか、、、なんて言い続けて何年経つことか。でもやはりいつか大きな菊を育ててみたいです。

返信する

noasobiさん、こんにちは。

今年は初雪が早かったですね。今日は暖かさが戻り、数日前の寒さが嘘のようです。今の時期は不安定な気候ですね。

玉きりしてから春まで寝かせておくのですね。どうしようかしら。寝かせないなら凍結しない所に置いて、乾燥させないようにしなければ。。。風通しと湿度維持が難しそうです。

お父様が生業のしていらしたこともあるのですね。

こちらは得てして乾燥気味なので、湿度に気をつけなければ。木口を叩くの良いのですか。栽培は奥が深いですね。

色々教えて下さって有り難うございます。とても勉強になります。初めてなので上手く行くか分かりませんが、頑張って育てて美味しい椎茸を収穫出来ることを今から夢見てます。

返信する
みんなの趣味の園芸にログイン/登録する

※コメントの書き込みには会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

趣味の園芸バックナンバー
投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
植物図鑑まとめ

植物図鑑まとめ

たくさんある植物の中から、テーマ別や特徴別に紹介します。植物選びの参考にしてください

病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

人気の高まる多肉植物や観葉植物。業界の最前線で活躍する専門家がその魅力を紹介

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

園芸用語集

園芸用語集

園芸でよく使われる主な専門用語を400語以上を掲載。50音順の索引から調べられます

今年の夏は緑のカーテン

今年の夏は緑のカーテン

緑のカーテンの作り方やおすすめ植物、実践事例などを紹介しています

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!