こんちゃんさんの園芸日記
  • トップ
  • そだレポ
  • 写真
  • 園芸日記
  • 参加コミュニティ
  • お気に入り植物
40

いいね!した人

※ゲストでいいね!した人は表示されません。

ドラムビート‘トライアンフ’

2013/01/17

カトレア・ドラムビート‘トライアンフ’、オリジナル株です。
カトレア交配種の中では、最も有名な品種と言っても過言ではないように思いまするんるん
堂々とした咲きっぷりです目がハート

花が良いだけでなく、花付きや輪数、花茎の太さ、草姿など、営利性の高い形質を兼ね備えた優秀品種です。

「オリジナル株」というは、育種段階で選抜された株を、株分けだけで維持されてきた株のことです。
一般に多く流通しているのはメリクロン株で、これはオリジナル株の茎頂(メリステム)を組織培養技術によって増殖されたクローンになります。

「ドラムビート‘トライアンフ’」関連カテゴリ

みんなのコメント(14)

こんばんは~

すごく素敵です。4輪咲きですね。目がハート
去年、家でこの花が1輪咲いてカトレアの虜になりました。今年はもうすぐ2輪、咲きそうです。花の上下が反対になっているのではないかと心配していま。4輪がきれいに1列に並んでいますね。どうしたらそんなに上手にそろえられるのでしょう?

返信する

名花中の名花といってもよいですよね.私も高校生のときにメリクロンの株を育てていました.鉢花でも切り花でも営利栽培されている数少ない品種の一つで,未だに色褪せないように思います.Drumbeatは,粗悪なメリクロンが出回って,オリジナルより花が小さい物があるとか.それだけ優秀な品種で増やしたかったのでしょうね.

返信する

オランジュリーさん、こんばんは。

オランジュリーさん、栽培歴が短いのに、上手く咲かせられていますね。センスありですね。
いつも感心しながら拝見させてもらってますよ指でOK

花の向きは、光の当たる方向と重力を加味して、鉢の向きと支柱の立て方(誘引の仕方)に気を付ければ、だいたい上手くいきますよわーい(嬉しい顔)

ちょっと手抜きですが冷や汗、以前にまみりんさんの日記に書きこんだ内容(コピー)です。

花は光の当たる方向に向かって咲こうとしますので、花を向かせたい方向から光が当たるよう、鉢の向きを調整して下さい。花が開くまでは、その方向を変えないようにします。
支柱の立て方ですが、重力のかかる方に、リップが向くようになるので、蕾の時からまっすぐに立てておくと、真下に重力がかかるので、花の方向が右方向から向きを変えたり、左方向から向きを変えたりするためにバラバラになり易いです。
従って、
①光の方向に向かって、斜めに支柱を立てて誘引しておきます。
蕾の向きが安定し、開花間近あるいは開花してから、支柱を起こすか、立て直します。
または、
②バルブは形よく支柱に誘引するが、シースから出た花茎部分は光の方向に倒すように、支柱を曲げて誘引する。

上記のように、光の方向と重力がかかる方向を、鉢の向きと支柱で上手く調整してやると、綺麗な向きで咲くと思いますよ。

※まみりんさんの11月2、8、14日の日記を参考にして下さいウィンク

返信する

uchiyamaさん、こんばんは。

マニアの方にとっては普及し過ぎたために、魅力が薄らいでいる品種かもしれませんが、時代は流れても、いいものはいいですね。
高校生の時、蘭園でアルバイトをしていましたが、当時の本品種は比較的初期のメリクロンで、形質の良い株が多かったですね。
その後大量に流通したメリクロンは、株あるいは花の小型化、輪数が多く着かない、新芽が多く出過ぎるなどの、増やし過ぎたことによる弊害が見られました。
ちょうどuchiyamaさんが栽培を中断していた頃と重なると思います。
しかしその後は、オリジナル株から再メリクロンした良い株が販売されるようになったようです。

弊害は好ましいものではありませんが、小型化した株は、ミディ品種作出の交配親として好都合な面もあったようです。

返信する

こんばんは

良いものはいつの時でも良いですね。
・・・・・・・ちょっと思ったんですが、40年前はカトレア幾らぐらいしたんでしょうかがまん顔

私の祖父はかなりの道楽者だったんですねげっそり

返信する

ドラムビート 見事に咲きましたね。
我が家の開花は更に半月ほどかかりそうです。

この品種はバルブが垂直に伸びて手入れをしなくても形が自然に整うのでとっても良いですね。
我が家のドラムビートは一個のシースから3輪が咲きます。カトレアの優等生だと思います。

返信する

こんにちは。

威風堂々とした草姿。4輪もの花は、豪華さはもちろん、貫禄を感じますね。

私などは、うまくいって2輪咲かせるのがやっとです。・・・でも、逆に考えれば、余り手をかけずに2輪だからもう少し手をかければ3輪咲いてくれるかなぁ?と横着なことを考えてます。冷や汗2

返信する

さいちぇんさん、こんばんは。

昭和44年当時の価格をみたところ、実生で¥3,000~5,000-、一般的なメリクロン品種で¥5,000~1万-なので、現在の洋ラン専門店の価格とほぼ同じですね。
これまでに私が紹介した古き良き品種で、当時としては大変優秀な品種とされていたC.ボナンザ‘コルヌコピア’で¥3~6万-、C.コンサル‘フィリップ’で¥4~6万-、Rlc.メディアAM/RHSで¥2.5~3.5万-だったようです。
シンビも見てみましたが、私の持っているCym.エルキャピタンは¥6~7万-もしたようですげっそり

私が栽培を始めたのは32~33年前になりますが、Rlc.アルマキー‘チップマリー’が国内に入ってきて間もない頃で¥30万-、トリカラーのC.プリズムパレット‘ミスチーフ’が¥6.8万-というのが記憶に残っています。

さいちぇんさんが、おぼっちゃまであったことは間違いないように思いますあっかんべー

返信する

優花ちゃんのジージさん、こんばんは。

ドラムビートは冬咲き品種なのですが、結構開花時期がずれ易いように思いますね。
我が家は、照明などの影響が無い温室環境ですが、年によってずれますね。

草姿が良いのは、C.ホーレスの影響が強いように思います。株姿も含めて優秀な品種ですよねわーい(嬉しい顔)

3輪の蕾が着きましたか・・・咲くのが楽しみですねウィンク

返信する

タータンさん、こんばんは。

カトレアは、普段はあまり手がかからない花ですよねウィンク

2輪咲けば合格ですし、3輪なら頑張ったな~って感じ、4輪以上になるとお年玉をもらった感じ・・・
趣味の園芸ですから、あまり無理をせず、楽しみながら育てることが大切ですねわーい(嬉しい顔)

返信する

こんばんは~

私のトライアンフはまだまだ、シースの中にとても小さな点です。今年はいくつ咲いてくれるのか、
というより、ちゃんと蕾が大きくなるのか心配です。

こんちゃん先生の立派なトライアンフにうっとりです。
いつかは、こんな風に堂々としたお花、咲かせてみたいですね~目がハート

返信する

まみりんさん、こんばんは。

まみりんさんところのトライアンフ、まだまだ蕾が見えて無いんですねがく~(落胆した顔)
以前、毎年4月頃に咲く・・・って書いていたと思うのですが、そのことがちょっと気になっています考えてる顔

確か室内で管理されていると思うのですが、その部屋はリビングとしてよく使われる部屋で、毎晩比較的遅い時刻まで、明るい室内照明が株に当たっているということは無いでしょうか?

カトレアは、品種によって開花時期が異なりますが、それは、それぞれの品種で、日長や気温に対する開花反応が違うからなんですよ。
交配種は、色々な原種が混ざっているので、明確に言えない部分はありますが、冬咲きの代表的な原種であるC.トリアネーでは、開花には短日が必要で、長日では開花が遅れる、あるいは抑制されるなどの影響が出ます。
トライアンフも冬咲き品種なので、もしかすると、夜間の室内照明が悪影響を与えている可能性がありますね。

もし思い当たる点があれば、布などで光を遮り、暗くしてやると良いですね(暗黒にまでならなくても構いません)。

返信する

こんばんは~

大いに思い当たる節があります。確かに、12時過ぎまで照明が煌々とついていますので、影響大ですね。
早速今、とりあえず収納庫へ入れてみました。布をかけたほうが簡単ですねウィンク

昨年もう1株持っていたのを妹にあげたのですが、それには、もうお花が咲いてるのです。

思いもよらないことでした。良いことを教えて頂きまして、本当にありがとうございましたうれしい顔

返信する

まみりんさん、こんばんは。

やっぱり・・・でしたね。

今シーズンは間に合わなかったですが、来シーズンはOKですねわーい(嬉しい顔)
原因が判って良かったです指でOK

返信する
みんなの趣味の園芸にログイン/登録する

※コメントの書き込みには会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

新着日記写真
チワワエンシス
2019/10/19
10/18お祭...
2019/10/19
忙しや 秋は種...
2019/10/19
コスモス
2019/10/19
これ、何でしょ...
2019/10/18
庭の昆虫
2019/10/18
投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

人気の高まる多肉植物や観葉植物。業界の最前線で活躍する専門家がその魅力を紹介

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

今年の夏は緑のカーテン

今年の夏は緑のカーテン

緑のカーテンの作り方やおすすめ植物、実践事例などを紹介しています

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

園芸LOVE 原田が行く

園芸LOVE 原田が行く

「みんなの趣味の園芸」スタッフであり『趣味の園芸』シニアエディター・原田による園芸エッセイ

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!