華さんの園芸日記
2013年02月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
カテゴリ
24

その後と今後 コチョウラン

2013/02/12

去年11月下旬、小学校の校長室にあるコチョウランの育て方について皆様にいろいろアドバイスを頂いきありがとうございました。
http://www.shuminoengei.jp/?m=pc&a=page_mo_diary_detail&t...

本日 校長室を訪ねましたらなんと2鉢とも新芽が出ていました。
それぞれ20cmぐらいです。
それに校長先生が家にお持ち帰りになって管理しているのにも芽がついているとのことです。

校長先生も大変喜ばれてここまできたら絶対咲かせたいと仰ってます。今後どのようにしたらよろしいでしょうか、またアドバイスお願いいたします。

右の黒い鉢は根が上に向かって伸びているようですが、これおかしくないですか。

「その後と今後 コチョウラン」関連カテゴリ

みんなのコメント(6)

華さん  お久しぶりです。ポチポチですが、やっと園芸復帰できました。またよろしくお願いいたします。

11月の日記も見ました。花芽付いて、良かったですね。青い鉢の方は、この二番花が終わったら、花茎を根元で切ってしまった方が良いと思います。

上に伸びている根はおかしくないですよ。

お盆や大きな平皿にハイドロボールを敷き、その上に鉢を乗せると、余分な水は切れ、湿度もあがるので、おすすめします。鉢穴が水に浸かってしまうのは良くないですが、ハイドロボールは湿らせておいて下さい。葉の付け根に水が溜まると腐るので、気を付けて下さい。

それにしても、22℃と3℃の温度差を良く乗り切りましたね。素晴らしい! どんな色か、咲いたらまた見せて下さいね。

返信する
  • 写真
  • 2013/02/12

小春さん     

お帰りなさい、お待ちしてました。
無理せず、我慢せずのんびり行きましょう。
こちらこそ、またよろしくお願いいたします。

11月の日記も見ていただけて良かったです。花芽よくついたと思いますよね。実は校長先生も私もあの時の日記の答えを見て最低温度15度それは無理と最初から諦めムード強かったのです。
何にもしてないとおしゃる先生ですが、きっと陰でちゃんと面倒みてくださったのですね。

花後、花茎を根元でカットですね。
ハイドロボールの件、なるほど理解できます。後で先生にお伝えします。ありがとうございます。

どんな色だったのでしょう、咲いたら見てくださいね。

返信する

こんばんは。

意外にも、心配していた低温の影響は感じられませんね。
以前伺った条件からすると、とても順調と言ってもいいと思います指でOK
もしかすると、案外気温が低くなる時間が短いのかもしれませんね。

コチョウランにとっては、まだまだ寒い季節が続きますので、保温に注意し、基本的には、当面はこれまでと同じ管理方法が無難だと思います。
大きく環境を変化させない方が良いと思います。

もし、部屋の奥にずっと置いているなど、極度に日陰で光が弱い場所である場合は、昼だけ弱光が当たる場所に移した方がいいですね。
(光が不足し過ぎると、蕾が落ちることがあります)

また、個々の蕾が大きくなることから、若干湿度を高く(場合によっては水やりを少し多めに)した方が望ましいのですが、これは温度との兼ね合いで判断しないといけませんね。

コチョウランは着生蘭なので、根が上方に伸びていても、この程度であれば心配する必要はありません。
気になるようであれば、花後の気温が高い時期に植え替えすればいいですね。

返信する
  • 写真
  • 2013/02/13

こんちゃんさん      おはようございます

前回コメントを頂き、先生も頑張って面倒をみてくださった成果がこれだと思います。順調ですよね、良かったです。

置き場は、2F南側のガラス窓から1mちょっと離れた直射日光の当たらない明るいところです。
場所は昼間はここで移動せず夜間の保温に注意して、蕾が大きくなるのでそれに合わせて水分(霧吹きと水遣り)を少し多めですね。

根が上に伸びることもあるのですか。それを伺い安心しました。先生にもお知らせします、コメントお喜びになると思います。 ありがとうございます。

返信する

こんにちは。

すいません、2〜3日PCから離れていましたので、お邪魔できませんでした。

このコチョウラン、実物や環境を見たわけではないので、推測の域を出ませんが、調子は良さそうですねわーい(嬉しい顔)
葉の色や向きを見ても良い感じですよ。
校長先生のご苦労が偲ばれますね。

基本的に植物は水を控えた方が寒さに耐える事が出来ます。
そして、蘭はその典型のような種類です。
だから、ツボミが出来ても水をやりすぎない事。
これ、大切な事ですよ指でOK

植物の根は重力に従って下へと伸びる習性がありますが、蘭は着生種のために根が太く、横に伸びて触ったものに貼り付く習性があります。でも太いために時には上に伸びる事もありますね。この画像を見ると根が貼り付く対象を求めて、右左にギザギザと迷いながら伸びてます。その内に止まるから、気にしないでも良いですよ。

返信する
  • 写真
  • 2013/02/16

ジャカランダさん     こんにちは

急ぎませんので大丈夫ですよ、お返事ありがとうございます。
一応この状態ですと大丈夫ですね。
校長先生もしっかり面倒見てくださったようですね。

水遣りは控えた方が寒さに耐える、ですね。
蕾が出ても注意ですか。

根って欄の場合上に伸びても変ではないんですね。
左右にさまよう様に伸びるのもおもしろいですね。
後で校長先生の上記のことお知らせ致します。
きっとお喜びになると思います。
先生には続けて頑張っていただきましょう。
ありがとうございます。

返信する
みんなの趣味の園芸にログイン/登録する

※コメントの書き込みには会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

新着日記写真
😽富士写⑤ 過...
2021/09/24
阿吽の家族
2021/09/24
ねばーえんでぃ...
2021/09/24
フライング
2021/09/24
秋分の日
2021/09/24
今年のポーチュ...
2021/09/24
趣味の園芸バックナンバー
投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
植物図鑑まとめ

植物図鑑まとめ

たくさんある植物の中から、テーマ別や特徴別に紹介します。植物選びの参考にしてください

病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

人気の高まる多肉植物や観葉植物。業界の最前線で活躍する専門家がその魅力を紹介

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

園芸用語集

園芸用語集

園芸でよく使われる主な専門用語を400語以上を掲載。50音順の索引から調べられます

今年の夏は緑のカーテン

今年の夏は緑のカーテン

緑のカーテンの作り方やおすすめ植物、実践事例などを紹介しています

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!