プルスワさんの園芸日記
写真

他のプロフィール画像を見る

プルスワさん  千葉県
お気に入りメンバーに登録
2021年06月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリ

特別養護老人ホームでの園芸活動

2021/06/23

私は、特別養護老人ホームや社会福祉施設での園芸活動を10年余り続けてきました。その時の、エピソードを記事にしておこうとおもいます。

東京農業大学で、園芸療法の社会人向けの講座が開講され、週に1回、3年間通いました。今は、この講座はありません。

その、授業の一環で、特別養護老人ホームに、利用者さんと一緒に、園芸活動をするという、カリキュラムがありました。

ホームには、認知症の方、体が不自由な方、寝たきりの方、介護度によっていろいろな方がいらっしゃいます。施設の方で、一緒に園芸活動をしてもいいという人を選んでもらい、普通の園芸活動をするのです。

私が初めて一緒に活動をしたのは、認知症の利用者さん。車椅子で、言葉も思うように発せませんでした。

どういう園芸活動をしたかというと、小さなプランターに季節の花を植え付けるという、ありきたりの作業です。
私たち生徒と、利用者さんの一対一の対応で、行われました。

ヘルパーさんに伴われて、作業室にいらっしゃった利用者さんたちは、皆、無口で、表情のない暗い顔で、入ってきました。

テーブルに車椅子で座ったまま利用者さんと一緒に、植え替え作業を始めます。机の上には、小さなプランターと花の苗が2個置かれていました。

すると、お花の苗を見た利用者さんたちは、それまで無表情だった顔が一転して急に笑顔になりました。言葉を思うように発せないけど、喜んでいらっしゃるのは、その表情でわかりました。ホームでの初めての園芸活動に、不安を覚えていた私の心配を一掃してくれました。

体がご不自由ですから、ほとんどの作業は、私たち生徒が行います。最初は、土をプランターに入れて、利用者さんの目の前で、作業しています。そのうちに、手がご不自由なはずの利用者さんの手が伸びてきて、自分でやろうとします。

「この方は、お花がお好きで、お元気な時、植え替えをたくさんやっていらっしゃったんだなあ。」

ということがよくわかります。
隣のテーブルでは、杖を使わないと立ち上がれない利用者さんが、急にすうっと立ち上がり、生徒そっちのけで、土を入れ、プラポットから苗をだし、普通の植え替え作業を始めました。
こういう時、指導する先生からは

「利用者さんたちが、自分で作業をしようとしたら、あなたたちは、手を出してはいけないの。リハビリにもなるんだから、見守ってあげなさい」

と、よく言われました。
実際、手を差し伸べなくても、利用者さんたちは、本当に楽しそうに、笑顔で作業を続けていきます。

全部、植え終わったあとも、こちらが言わなくても、そばに用意した小さいペットボトルに入っている水を必ずかけ楽しそうにしています。
認知症だからといって、すべてのことを忘れてしまうのではなく、植物を育てるという記憶が呼び覚まされて作業しているのだと、思いました。

植え替えが終わったあと、私の担当の利用者さんは、言葉こそ発することはできませんでしたが、ニコニコして、私の手を握り返してくださり、
「ありがとう」
とでもいうかのように、お帰りになりました。

認知症にたいする、イメージを変えた30分でした。

私も、90代の親がいて、介護はきれいごとではすまされないのはよくわかっています。
でも、一時、きれいなお花でも見せてちょっとでも笑顔になってくれれば、こちらの疲れも、一瞬吹き飛ぶことがあります。

お花ばかりでなく、元気だったころお好きだったものを、近くにおいておけば、昔の記憶をとりもどし、元気になってくれるかもしれませんね。

追伸:利用者さんの体調等を考え、長い作業はしません。その代わりサポートする側は、半日かけて準備に追われます。

「特別養護老人ホームでの園芸活動」関連カテゴリ

みんなのコメント(6)

とてもすばらしい活動をされていますね。
どんどん広がっていきますように。

返信する

ぴっかー*さん こんにちは。
実はすばらしいなんてものではないのです。
若い頃🤪🤪🤪、精神的に不安定で植物に癒しを求めるために、園芸療法の勉強をしました。
そこで学んだことが、今生かされていると思っています。

返信する

素敵な体験談をありがとうございました。
最近記事でそういう活動が有ることは読んで知ってはいたのですが、実際に体験された方のお話しは記事とは違い、暖かみが感じられました。
その時間のために前々から準備されたり終わった後も片付けがあったり、沢山の方々の見えない努力でこうした活動が支えられているのですね。
文章からプルスワさんのお人柄が浮かぶようです\(^-^)/
日記を拝見させていただいて良かったです。ありがとうございました(*- -)(*_ _)ペコリ

返信する

meme1969さん はじめまして

華道の先生をされていたお母さまが突然亡くなり、お花の手入れに困ってらっしゃるとのこと。お察しします。
全部の植木の手入れができないと思うので、お母さまの想い出の、meme1969さんが手入れをできそうな植木だけを残して、あとは、あげるとか、植木屋さんに引き取ってもらうとかしたら、いかがですか。人は、パーフェクトでは、ありませんから。

私も、6/17の日記のように、マンション住まいのため、20鉢あったバラを、1鉢にしました。ある意味では、断捨離ですが、体のあちこちがだんだん効かなくなってくるので、ベランダの植物は少しずつ減らしていってます。

園芸日記を投稿できなくても、コメントするだけでも勉強になりますよ。また、meme1969さんのコメント、お待ちしています。

返信する

お返事ありがとうございます😃
日記最初から読ませていただきました😄
プルスワさん同じ千葉県で同じ柏市かなあ\(^-^)/だったら嬉しいな😄
私は柏駅から歩いて10分の裏に大堀川がある所に住んでます。柏の葉キャンパスの方の病院に行っていらっしゃるのかな?
実家は東京の大田区という所です。駅だと京浜東北線の大森駅です。草むしりと枝の剪定、出たゴミを出すだけで腰と膝が悲鳴をあげています😢マンションの占有庭にお花好きな母が植えた花や木がいっぱいです。一軒家のお庭より広いかもです😞💦
プルスワさんもお身体大丈夫ですか?園芸仕事は座ったり屈んだりが多いから大変ですよね。お身体に気を付けて、これからは水分補給しながらお過ごし下さいね。
私は椎間板ヘルニアやら喘息やら持病が多いので(あと歳もありますが(笑))出来る範囲でなんとか頑張ります👊✨

返信する

柏駅東口側の住人です。
よろしくお願いいたします。

みんなの趣味の園芸にログイン/登録する

※コメントの書き込みには会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

ピックアップ
趣味の園芸テキスト

『趣味の園芸』8月号
テラリウム&アクアリウム/サマーガーデン宣言

空前の「リウム」ブーム到来!新しい趣味の園芸の世界が広がります。いまどき夏花特集も☆

テキストこぼれ話

1分でできる! 石への着生【動画】~8月号こぼれ話・後編

水草が石から生えているように見せる「着生」の方法を紹介します。

テキストこぼれ話

苔むした流木でワンランク上の水景に!【動画】~8月号こぼれ話・前編

水草職人・早坂誠さんに、誰でもできるアクアリウムのテクニックを教えてもらいました!

趣味の園芸バックナンバー
投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
植物図鑑まとめ

植物図鑑まとめ

たくさんある植物の中から、テーマ別や特徴別に紹介します。植物選びの参考にしてください

病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

人気の高まる多肉植物や観葉植物。業界の最前線で活躍する専門家がその魅力を紹介

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

園芸用語集

園芸用語集

園芸でよく使われる主な専門用語を400語以上を掲載。50音順の索引から調べられます

今年の夏は緑のカーテン

今年の夏は緑のカーテン

緑のカーテンの作り方やおすすめ植物、実践事例などを紹介しています

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!