小春さんの園芸日記
2021年08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ

〇〇喰らえ、外務省!

2021/08/02

8月1日から、羽田・成田空港のワクチン接種会場で、在外邦人のための接種が始まりました。7月19日に予約サイトが公開され、数時間粘って、初日の接種を予約しました。昨日羽田へ行き、出発階に設けられた特設会場で二時間待ち、医師の問診を終えて待機していたところ、突然係員が来て、貴女は一度目の接種を外国で受けているから、こちらでの接種は受けられませんと、追い返されてしまいましたげっそり 突然のことに、周囲の目も憚らずに大声でやり取りしましたが、梨の礫に終わりました。後方に控える外務省の役人達は、出てきて直接私と話をすることを拒みましたちっ(怒った顔) 気の毒だったのですが、係の方が一人で私の苦情を聞いて、それを伝えに行くことになってしまいました。『なぜ外国で一度接種を受けた人が、在外邦人のための接種を二回目として受けられないのか、納得できる説明をしてくれ』と、再三要求したのですが、全く埒があきません。提出しなければならない問診票にも、①一回目の接種を受けたか、受けていたらいつか ②一度目の接種で健康問題があったか という設問があります。正直に一度目は受けていることを記入しただけでつまみ出されるとは夢にも思っていませんでした。予約用の特設サイトにも、二回目として接種を受けることは不可能、などとは全く記載されていません。『一回目を羽田で、二回目を成田で受ける、またはその逆も可能』と書いてあるだけです。一体どこにそんな記載があるのか探し回った結果、外務省のホームページ広報に、在外邦人向け接種の趣旨として『日本で一回目、二回目の接種を希望する邦人のための接種』とあるだけです。大半の国で接種は日本よりも進んでおり、二度目の接種を日本国内で希望する人は私だけではないはず。また、三週間以上日本に滞在して、間隔を取ってから二回目を受けられる人も限られています。日本国内に住民票が無い場合はクーポンが貰えず、接種を受けられないのです。そういう人の事情は無視して、日本で打った方が安心だからという、根拠のないプチ贅沢のための特設接種会場になっていますふらふら

早朝から羽田へ行き、二時間以上立って待ち、入場してからさらに待ってやっと問診が済んだと思ったら、意外な結果でした。しかも、納得の行く回答は得られず終い。あまり腹を立てるタチではありませんが、昨日ほど立腹したことはありません雷

二回の接種を受けて14日以上経過していれば、接種完了の証明が貰え、ドイツ入国前のPCR テストや、英語かドイツ語の陰性証明の手配も不要なのですが、8月20日の帰国に向けて、急遽テストの手配をしているところです。ところが、これがどこも予約一杯。接種完了証明か、陰性証明が無いと搭乗も入国も出来ないので、困り果てています。

羽田でさらに愕然としたのが、日本に到着したばかりの人たちが、2階の到着階から、3階出発階に設けられた接種会場にそのまま上がって来て、隔離期間を済ませた人たちと並行して並んでいることでしたげっそり 接種後に、空港内のレストランなどへ行く人もいました。検疫所=厚生労働省管轄の規定では、到着後、陰性の人はそのままコロナ専用ハイヤーなり、迎えの自家用車に乗って、自主隔離する場所へ行かなければならず、空港内をうろうろすることは出来ません。外務省がこのような企画をするのであれば、到着階にも到着者専用の接種会場を設けるべきです。その点についても指摘しましたが、一様にキョトンとして『それは…確かに…おっしゃる通り…ですよね…』厚生労働省が実行していることを外務省が反故にしてどうするのでしょう!!!

係員が一人一人に自主隔離が済んでいるか聞いて歩き、到着者と、隔離が終了した人の列を分けていましたが、出発階は、ワクチンの行列や五輪の空港ボランティア、競技を終えて帰国する選手たちや関係者などでごった返していました。一体どこがシャボン玉方式なのでしょう。出発階の一部を仕切って、航空会社とは関係無く、五輪選手や関係者専用のカウンターを設けるべきです。先日、東京タワーを観光しに出かけたジョージア代表の柔道銀メダリスト二人が、選手村から追放されたというニュースがありましたが、会場や選手村に近いお台場を歩くと、五輪関係者や選手が普通に歩いています。埋立地のお台場観光は許され、東京本土上陸はダメ、とでもいうのでしょうか。

長い愚痴にお付き合い下さり、ありがとうございました。あ~あ、溜飲が多少下がりました。
写真はそのお台場で見た、プロムナード沿いの花壇です。種団子で混植された一画もあります。

「〇〇喰らえ、外務省!」関連カテゴリ

みんなのコメント(14)

酷い話です。
これ、テレビ局とかにメールしたらどうでしょう?
こんなことしてるから、感染者も増えるのではと思いますし。

返信する

keichangarden さん
こんにちは

ここまでひどい思いをさせられたことはなかったと思います。昨日は初日ということもあって、テレビ局がカメラを回していましたが、本当にそうですね。あとで文章を練って、どこへ送るか考えます。シャボン玉って、実際にはザルで出来ています。

これはひどい話ですね。
どうせお役所仕事のマニュアル通りなんでしょうけど、そんなマニュアルが存在している事自体がおかしいです。

後方の外務省の役人の態度は何なの?
責任取りたくないの?
自分たちが偉いと思っている?
立腹する気持ちは痛いほどわかります。
一体何様?
上級国民?

オリンピック開催前のゴタゴタや緊急事態宣言のあり方もそうですが、お勉強はできるでしょうけど、受験のためのお勉強しかできないんでしょうね😓

返信する

浦郷さん
こんにちは

ひどいですね、開いた口がふさがりません。元々外務省は在外の駐在員やその家庭など、上級在外邦人のためにあるようなものです。今回の特設ワクチン会場も、接種を受けるならぜひ日本で、という贅沢のために設置されたようなものですね。

のみならず、外務省は日ごろから誤った情報を垂れ流し続けています。現在、日本へは日本国籍か在留資格を有していないと入国出来ません。子供たちは重国籍で、パスポートも二つ持っていますが、大使館=外務省管轄いわく
『ドイツをドイツのパスで出国して、日本に入国する時には日本のパス、復路は日本を出る時に日本のパスを使って、ドイツへはドイツのパスポートで入国出来ます。みなさんやっていますよ』有り得ない話です。念のために出入国管轄の法務省の役人と電話で話をしましたが、一回の往復で二つのアイデンティティを使い分けるなど、とんでもない話でした。VISA カードで買い物して返品し、アメリカンエキスプレスのカードに返金してもらうようなものです。

さらに、娘が日本へ来たときに『未成年だからホテルでの三日間の隔離からは例外的に免除される』と大使館で言われました。念のために検疫管轄の厚生労働省へ問い合わせましたが、案の定、成年・未成年・接種済みなど、一切の例外は認めていないと言われました。空港から自宅へ直接来るために、コロナ専用ハイヤーを予約する寸前でした!

『到着したばかりの人がこの階にいるのはおかしいではないか』と言っても、理解するまでに随分時間が掛かり、まあ…確かに…言われてみると…ご説ごもっとも…というような反応でした。この特設接種は22年まで続くようですが、keichangarden さんがおっしゃるように、この経験をメディアに伝えた方が良いと思っています。

小春 さま

はじめまして、紅い眼のネコ と申します。

小春様のご立腹、
ごもっともです。

しかし、これが
今の日本の公務員、政治家のシゴトの仕方の現状です。
(公務員や政治家に限ったことではありませんが...)

小生は社会人になってすぐの頃から、
職場のウエのニンゲン(役職は付いてなくとも)や、
行政、議員サマの言動に矛盾を感じてきました。

トシを取るごとにその矛盾は広がり、
今では組織に入っていけないニンゲンになってしまいました。

とにかく何故か今の日本は、
思慮の無いタイプが国家公務員になれたり、
組織の上にいけたり、議員サマになれたり、・・・

ナゾ、不思議がいっぱいです!

時折、小生も
‟タレントにでもなってTV-showに出て、知ってることを
ブチマケてやろうか!”
と思います。

そんな感情を鎮めてくれるのが
花、花に来てくれるチョウなど、公園、公園のネコ、
お散歩ワンコ、etcです。

今、生活をなっているドイツへ発たれるまで
慌ただしくお忙しいと思いますが、
‟気持ちを鎮めなきゃ!”
と感じられた際は、きれいな花を探して愛でてください。

返信する

紅い瞳のネコさん
初めまして、こんばんは

コメントありがとうございます。一般市民と話をする必要は無いと思っているのか、質問に答えられないのを恥じたのか、役人と直接言葉を交わすことは終にできませんでした。私は完全な自由業で、仕事の上で上下関係が無い職業なせいか、役人の顔色を見ながら右往左往している仲介の人が気の毒に思えました。

目下PCR テストと証明発行の手配に躍起になっております。儲けるなら今でしょう、とばかりに高額を請求するテストセンターはあるのですが、コロナ勝組みに加担するつもりはなく、適正価格と思われる所は予約がいっぱいです。証明が無ければ搭乗できず、最悪の場合、仕事に大穴を開けてしまいます。焦っているので、中々きれいな花が目に入りませんが、早く落ち着きたいものです。

うぅ~~ん びっくりです。
どこにも問題がないハズなのに…

バックヤードのお役人サンは、新制度開始の確認報告のみを託された下っ端サン…で、レアケースへの諾否判断を怖がったのかも…
お役人サン達が、感染性ウィルスへの専門的対応力が欠如しているコトは、横浜クルーズ船でのクリーンゾーン設定という常識以前の手順すらできなかった初期行動で露呈していますし…
そして現在まで、ウィルスへの向き合い方は社会秩序の維持優先主義が続いています。

それでも数日前から、イスラム圏等の在日外国人対象の集団接種も始まったようです。

本省へ、今回の顛末や出国予定の事情等を緊急的案件として直談判(相談)されて、ドイツ再入国が可能な手段についてアドバイスを受けられませんか。
本省の了解があれば動くのがニッポンのお役所なので…

それにしても、ニ度目だけでもOKのハズだと思いますねぇ…
ご立腹、ワカリマス…

なるべく早く花談議で楽しく盛り上がれるようになりますように…

返信する

Hana-Sakasou さん
こんにちは

予約専用サイトには、二回目接種に当たる人はダメ、とは書いていないのですが、外務省海外安全ホームページに
『本事業の対象者
(1)在留先におけるワクチン接種に懸念等を有している日本人
(2)日本国内に住民票を有していない
(3)接種を受ける時点で満12歳以上』とあります。その下に※印で
『※本事業の被接種者は、本事業で初めて新型コロナのワクチン接種を受け、かつ本事業により2回の接種を受ける方を想定しています。』

在外邦人の誰もがドイツのような医療先進国に住んでいるわけではなく、第三諸国在住で、現地の衛生状況に懸念を持っている場合もあります。けれども『何となく日本で接種した方が安心』という人が多いのも事実です。これが根拠のないプチ贅沢です。

『なぜこの事業で初回のワクチンを受けなければならないか』という、最大の疑問はとりあえず置いておいて、問題は『想定しています』の部分です。こう書いてあったら、普段頭の中ではドイツ語で考えることが多い私は、『想定』していても、感染症対策の一環という本来の目的を考えれば、『想定外』でも当然接種の対象であり、想定外の事態が生じた時に責任をもって対処するのが、現場に派遣された職員の仕事であると考えます。その際に忘れてもらっては困るのが、感染症対策という本来の目的であって、『外務省の本事業の趣旨』ではないはずです。そのための派遣職員であり、現場の様子を見に行き、複数名で椅子を温めるのが仕事ではないはず。そもそもあの行列と混乱を見て、検疫所の水際対策措置を『本事業』のために反故にしていることにすら気付かないというのは、考えられません。

この事業を代表する部署に電話がつながったので、詳細を伝えましたが、外務省(代)にかけ直してくれとの一点張りでした。電話口でビビる署員に『次に大規模クラスターが発生するのは、東京では羽田空港だ』と予言しておきました。

おはようございます。
大変なことですね。
何で2回目だったら接種してくれないのでしょうね。
ワクチンの種類が違うからでしょうか。
接種をしないと帰国できないのですか。
8月20日に帰国予定ですね。それまでに、早く解決することを祈ってます。頑張ってください。

返信する

かんちゃん
こんにちは

全く大変な目に遭いました。在外邦人の安全を確保するのが外務省の仕事ですが、事業の趣旨にとらわれるあまりに、本来の目的を完全に忘れてしまっています。自分たちの省の仕事以外には興味が無さそうですし。これで検疫担当の厚生労働省や、出入国管理担当の法務省からよく苦情が出ないものです。

ワクチンの種類が違うからと言うなら、まだ理解出来ますが、この事業の一環で二回接種する人だけを対象にしているという趣旨が、感染症と闘うという本来の目的から外れています。

目下、ありとあらゆる手段で、接種の可能性と、PCR 検査と陰性証明入手の両方を探っています。

小春さんの余りにも理路整然とした質問にオタオタしたことでしょう。
でも、そんな素振りは絶対見せたくない。
マニュアルが変でだと気が付いても、マニュアル通りにしておけば、我が身は安泰ということでしょう。
そして、Hana-sakasouさんがコメントされているように、レアケースへの諾否判断を怖がったのでしょうね。

以前、ある女性の『保育園落ちた、日本死ね!』というタイトルのブログが、ネットで大きな反響を呼んだことが有りました。
言葉遣いに少数の反論?はあったようですが、非常に多くの賛同を得ました。
そして、やっと政府が重い腰を上げました。

小春さんには、↑の様に、悠長に構えている時間も無いでしょう。
私もHana-sakasouさんのご意見に賛成です。
賢明な小春さんなら、動かすことが出来ます。
それに、誰が考えても、納得のいかない変なマニュアルなんですから。

ご自分の為だけでは有りません。
そのことで、きっと多くの方が喜ばれることと、確信しております。

返信する

雪媛さん
こんばんは

外務省のワクチン企画に電話が繋がったので、状況を話し、なぜ二回目のワクチンとして接種できないのかを訊きました。『本事業の趣旨は初回の接種を日本で受け、かつ、二回を本事業で済ませることにありますので猫2』本末転倒です。感染症対策という、本来の目的よりも、『本事業の趣旨』に則る方が重要というわけです。外務省の広報サイトに、※印の注意書きがありました。『※本事業の被接種者は、本事業で初めて新型コロナのワクチン接種を受け、かつ本事業により2回の接種を受ける方を想定しています』電話口の役人も、想定、想定と何度も口にしましたが、限定と書いてあるならともかく、『想定』と書いてある以上、『想定外』の事態が発生した時に諾否判断して対処するのが派遣された役人の仕事です。何も起こらないことを確認するのが仕事であるかのようです。『何もなしペン』ではルイ16世です。

目下、PCR 検査の予約と陰性証明の入手、どこかでワクチンを打ってもらう、渡航を延期するの三つを同時に手配しています。検査自体は簡単に予約が取れるのですが、証明書には医師の問診が必要で、英語の証明を発行してくれる検査場では、医師の予約が一杯なのです。

こんにちは😉


小春さんの、おっしゃる事は、その通りで、お役人さんは、オタオタ、、。😅
誰かに、回せないかと、何とかおさまらないかと、話しを、聞くばかりだったのでしょうね。💦
マスコミに、と言っても、
今はオリンピックで、それどころじゃない。😰

小春さんの事だから、あらゆる手で、色々手を尽くしてられるでしょうが、どうか、
うまく、いきますように。🙏🎵

ひどい国、まあ、総理大臣が、物語っていますね。💦

返信する

こてつママさん
こんばんは

感染症対策という本来の目的を考えれば、この企画の趣旨がそもそもおかしい、と気づくと思うのですが…

初日なので複数名で視察に来ていたのか、この企画を続ける間、役人が常駐するのかは分かりませんが、とにかく何事も起こらないことを見守っているだけですね。事なかれ主義です。今の総理大臣と同じで、人の顔色ばかり窺っています。批判が強まって収拾がつかなくなってから、水際対策と称して14日間の自主隔離。強制権は無いのであくまで自主、コンビニで食料を調達しても決定 デルタ株が猛威を振るう地域から帰国する邦人が、『風評被害に遭って後ろ指を指されるよりは、強制的に14日間隔離施設で隔離してくれ』と言っているほどです。

五輪が延期されて一年猶予があったにもかかわらず、ワクチンの手配は、他国の様子を見たうえで、一番最後。ホストとしての自覚が足りなかったと言わざるを得ません。

みんなの趣味の園芸にログイン/登録する

※コメントの書き込みには会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

趣味の園芸バックナンバー
投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
植物図鑑まとめ

植物図鑑まとめ

たくさんある植物の中から、テーマ別や特徴別に紹介します。植物選びの参考にしてください

病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

人気の高まる多肉植物や観葉植物。業界の最前線で活躍する専門家がその魅力を紹介

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

園芸用語集

園芸用語集

園芸でよく使われる主な専門用語を400語以上を掲載。50音順の索引から調べられます

今年の夏は緑のカーテン

今年の夏は緑のカーテン

緑のカーテンの作り方やおすすめ植物、実践事例などを紹介しています

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!