きゅーさんの園芸日記
写真

他のプロフィール画像を見る

きゅーさん  海外
お気に入りメンバーに登録
2021年10月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ

今秋2種目のスノードロップ

2021/10/26

例年よりものすごく早く、Galanthus 'Santa Claus' が咲きました。
本来はサンタクロースの名前の通り、クリスマスの頃に咲くのですが😅

とは言ってもうちではいつも早めで、去年は11月13日に咲きました(https://www.shuminoengei.jp/?m=pc&a=page_mo_diary_detail&... )ので、紅葉とコラボ出来ました。

写真3) の背景で咲いているスノードロップは、10月18日の日記( https://www.shuminoengei.jp/?m=pc&a=page_mo_diary_detail&... )で咲いていた、Galanthus reginae-olgae subsp reginae-olgae Blanc de Chineです。

みんなのコメント(14)

きゅーさんといえば スノードロップ という印象が。
もうそんな時期がきたんですね。🐞

返信する

三日月さん、こんばんは。

まぁ 三日月さん❣️
自分が好きなスノードロップの印象を持って頂けて大変に光栄です。

この間迄夏のことをしていたのに、10月になると早咲のスノードロップが咲き出して、一気に秋が深まる思いと申しますか、初冬の趣きを感じる今日この頃になった気が致します。

冬枯れの景色が広がる頃に元気を出させてくれる冬咲きのスノードロップが咲くのも遠くない時期となりまして、励みに思っています。
冬にはスノードロップの写真が多くなるかと思いますが、またご覧いただけると嬉しいです😊

きゅーさん、こんにちは。 寝る前にちょっとと思って見たらスノドネタが!!虫が知らせたんですかね(^O^)。

三日月さんが仰る通り、きゅーさんといえばスノドは間違いないですが、きゅーさんといえばトミー、きゅーさんといえばブルー系の蘭、きゅーさんと言えばハナカマキリとか、いろいろありすぎて絞り込めないのが難点です。

きゅーさんの地域は東京のお盆のようにクリスマスが1ヶ月早いんですかね( ^ω^ )。随分気の早いサンタクロースです。

それにしても、10月の時点で既に2品種もスノドが楽しめるとは羨ましいです。そうするときゅーさんのところは9月〜3月と、1年の半分以上 庭のどこかにスノドが咲いているということですね。これはすごいことです。

返信する

Galanthophileさん、おはようございます。
以心伝心だったでしょうか😉

いつもお優しいGalanthophileさん、私の好きなものを挙げて頂いて、感嘆しました!
私は何事に置いても、一つを極めることが出来ませんで、広く浅くなのですが、それが園芸にもガチで現れております😅
あんなに素敵な植物がたくさんなので、絞るのは難しいですよね?(と言うことにさせていただきます😉)。

クリスマス、そうですよね、新旧暦みたいな?
2度あるとラッキーですね。特に冬の時期はスノードロップにお金を費やしたいな〜とつい思ってしまいますので、2度あったらこんなに嬉しいことはないです!

スノドも意外と咲いている期間を長くすることが可能なのですね。
この間、スノド地植えベッドを覆っている宿根草などを整理しました。
そうしたら、ウェンディーズ ゴールドが地上付近に出てきていたので、穴を掘って埋めました。
ニヴァリスもそうなのですが、ちゃんと埋めても秋に団体さんで地上にお出ましになります。
どれも未だ根も出ていませんでした。  
咲いているものもあれば、これから目覚めるものもあって、花期が長いのも納得です。

うわぁ!もうエルウェシー系も咲き出すのですね。
10月で・・・。毎年寒くなるのが憂鬱なのですが、今年はきゅーさんのスノド日記を見るたびに、早くスノド咲いてくれないかなあとうきうき感が募ります。早く寒くなあれ~。でも大雪だけはやめてぇ~。

返信する

くりたけさん、おはようございます。

そうなんです、エルウェシー、お前もか、です😆
もう一つ秋咲きのエルウェシーと、ROが有るのですが、これは芽が出てきたところです。
でも秋咲きはあっという間に咲くことも多いので、よく注意しないとと思っています。

昔アメリカ東海岸にいたときは、秋の紅葉が綺麗で秋が好きだったのですが、イギリスに来てからは、暗〜くて長い冬の前触れ、しかも秋は庭の片付けやら何やら忙しくて実は憂鬱なのです。
そこを救ってくれたのがスノドでした。
潤いを与えて貰っています。それが10月から楽しめると知って、益々ハマってしまいました😆

今年の日本の冬はどうなるでしょうね?
大雪にならないよう、今から祈っております‼️

きゅーさんといえばスノードロップ
きゅーさんといえばふわふわのおかっぱ頭のわんちゃん
きゅーさんといえば洋蘭
きゅーさんといえば素敵な芝生のお庭
きゅーさんといえばが止まりません😃

きゅーさんはアメリカにもいらっしゃったのですね。
そのときは、もうワンちゃんも家族の一員だったでしょうか?

秋になり、皆さんの日記を拝見して、そういえば秋に咲く球根を植えてなかったと気がつきます。
らいねんこそといつも思うのですが😭

返信する

えびねっ子さん、こちらにもコメントをありがとうございます😊

うわ〜  えびねっ子さんにも私の好きなものを挙げて頂いて感激です!
うちのアフロ犬は、この間シャワーしたので一層爆発しています。庭写真で登場するといいのですが、何しろカメラ嫌いなのが悩みです。

アメリカ時代は学生時代でしたので、今の犬は未だ存在前でした。ただステイ先にいたのが、今思うと同じ犬種でした。
イギリスに来る前に、アメリカ西海岸に住む話もあったのですが、結局イギリスになって早20年以上になりました。

秋咲きの球根は、植える時期が短くて、しかも日本では暑い時期だったりして、何かと時期を逃しがちな要素目白押しですよね。
こちらでも、咲く時期が過ぎて植えて、咲くのに一年以上かかることも有ります。
それだけに貴重でしょうか。
ズボラ〜の私は、秋咲き球根が夏の名残の植物の下敷きになって見逃したりしないように、鉢植えにしたりする作戦も追加しないとでちょっと面倒でも有ります😅

可愛い💕

サンタクロースなんて名前もステキ🥰
例年より早い開花ですか🌷
鉢植えならではの楚々とした佇まい。いいですね♪

返信する

ふみえさん、こんばんは。

私も名前に惹かれました。
わかりやすい名前でクリスマスの頃に咲くなんて素敵と思いました。
一度クリスマスの頃に咲いて欲しいな〜とも思いはするのですが、早い開花はウェルカムでも有ります。

昨シーズン終わりに地植えにしたものも多いのですが、秋咲きのものは地植えにすると咲いているのに気がつかなさそうなので、鉢植えで夏は目につかないところに置いて、秋になったらチェックしてます😉

きゅーさん、再びこんにちはです。
サンタクロースが咲くのが早いのは、鉢植えのせいかもしれません。鉢の方が気温の変化(低下)をすぐに感知できる一方、地植えは地熱が長く篭るためか、特に気温の低下でスイッチが入る植物は動きが遅くなるようです。
達人のreosakuさんから分けていただいた秋咲きのスノドがあるのですが、鉢植えの達人と地植えの拙庭では開花に1ヶ月近く差があります(達人は首都圏、拙庭は長野で、長野の方が早く涼しくなるにもかかわらず)。
増えたらぜひ検証してみて下さい!

返信する

Galanthophileさん、こんばんは。

ご考察ありがとうございます😊
実際にお会いして、こうなんじゃ?ああなんじゃ?とお話しできたら楽しいでしょうねぇ〜(妄想)。

結論からですが、地植えと鉢植えの花期の違いは、英国では当てはまらないようです。
理由は
1. 同じ鉢植えのBlanc de Chineは本来咲くべき時期に開花(むしろ遅めの開花)
2. 10月は大変に暖かく、最低気温が13〜17℃
3. 去年も今年も鉢植えで植え替えはしていないけれど、今年の方が3週間近く早い開花
になります。

開花の時期の不思議も分かったら嬉しいですが、目下の疑問は、どうもサンタさんは増えるのが苦手なご様子なのです。
もしかして、これから1ヶ月に一つ花茎が出てクリスマスまで楽しめる、だったらいいのですが、どうなるでしょうね?

きゅーさん

今日ご紹介のはほんとは冬咲きなんでしょうけどスノードロップにも「秋咲き」があるんですね。アキザキスノーフレークを知った時から色々な秋咲きに引かれるしましまです。
秋に咲くクロッカスは品種が違ってそれぞれ異なる姿ですがスノードロップは大きく違わないように見えます。日本では見かけませんが育たないんでしょうか?あるところにはあるんでしょうか??

返信する

しましま実花さん、こんばんは。

去年趣味園で日本でスノードロップを育てていらっしゃる皆さんのお話をうかがいまして、日本では秋咲きとしてはスノードロップは売っていないけれど、秋に売っているエルウェシー種の球根を植えると混じっていることがあって咲いたり、芽出し苗の中に混じっていたりすると知りました。

スノードロップって花だけ見るとみんな似てますよね?
数年前までは一重と八重以外は区別が付かなかったのですが、冬に咲く黄色種を見てからは、緑のマークに注目するようになってハマってしまいました😅
そうしたら、緑のマークだけで無く、葉の生え方の違いで種類が分かれているとも知りました。

因みに写真3)の二つは種類が違います。
サンタクロースは葉と花が同時に出てくるエルウェシーで、後ろのBlanc de Chineはレギナエ オルガエという花が終わってから葉が出るタイプです。
後者は日本では夏越しが難しく、まず流通していないそうです。

秋咲きクロッカスもこちらでは種類が100は有り、はっきり言って私には区別が付かないものばかりです。スノードロップより手強く、どこが違うのか全くわからないもののオンパレードです。
その中で、私でも区別がついて、かつ珍しいものを幾つか育ててみました。
蘭もそうですけれど、球根の世界も奥が深いものですね。

みんなの趣味の園芸にログイン/登録する

※コメントの書き込みには会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

新着日記写真
蕾♡
2021/11/28
アボカド
2021/11/28
かわいいんだよ〜
2021/11/28
冬への準備
2021/11/28
ルルドシリーズ...
2021/11/28
やっと終わった…
2021/11/28
趣味の園芸バックナンバー
投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
植物図鑑まとめ

植物図鑑まとめ

たくさんある植物の中から、テーマ別や特徴別に紹介します。植物選びの参考にしてください

病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

人気の高まる多肉植物や観葉植物。業界の最前線で活躍する専門家がその魅力を紹介

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

園芸用語集

園芸用語集

園芸でよく使われる主な専門用語を400語以上を掲載。50音順の索引から調べられます

今年の夏は緑のカーテン

今年の夏は緑のカーテン

緑のカーテンの作り方やおすすめ植物、実践事例などを紹介しています

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!