冬の花、人気ランキング1位~20位!

冬に花を楽しめる植物のなかから、「みんなの趣味の園芸」の植物図鑑でみんなによく見られている人気の植物を、1位から20位まで発表します。
冬の間も旺盛に成長し咲いてくれる草花があります。冬の寂しい風景を華やかに、ガーデニングを楽しみましょう。冬に育てたい花に迷ったら、こちらのランキングをぜひ参考にしてみてください。

▼そのほかの季節の花ランキングはこちら
春の花、人気ランキング1位~20位!
夏の花、人気ランキング1位~20位!
秋の花、人気ランキング1位~20位!

冬に咲く花

人気の花、1位~20位

    冬から早春に花を咲かせる植物のなかから、特に人気の植物をランキング形式で紹介します。(*栽培難易度は、マークの数がふえるほど難易度が上がります。難易度や開花期は、栽培環境、種類によっても異なります。)
  • クリスマスローズ
    花の少ない1月から3月ごろに咲き始めるクリスマスローズは、冬から早春の庭に欠かすことのできない存在です。耐寒性もあり、丈夫で育てやすく、人気の草花です。花の観賞期間も、2~3か月程度と比較的長いのが特徴で、花の色や模様、花形、咲き方にもさまざまな形があり、目を楽しませてくれます。
    特に近年の交配種の育成は目をみはるほどで、多種多様なクリスマスローズが誕生しています。
  • シクラメン
    シクラメンといえば、冬の鉢花の代表的な存在。冬から晩春のころまでおよそ半年もの間、次から次へと花を咲かせるシクラメンは、丈夫で育てやすく、「鉢花の女王」にふさわしい植物です。身近で楽しめる鉢花の人気ナンバーワンといってもよいほど。冬になくてはならない存在です。
    また、園芸種のシクラメンだけではなく、花も葉も小さいけれど、その可憐なたたずまいが愛らしい原種シクラメンも、多くの園芸家の注目を集めるようになりました。
  • クレマチス(冬咲き)
    難易度:
    開花期:10月~5月ごろ(種類による)
    クレマチスは、系統や品種によって開花期がさまざまで、冬枯れのガーデンをシックに演出してくれる、冬咲きのグループもあります。白やアイボリーホワイトの下向きに咲くユニークな花は、派手さはないものの、十分に冬を楽しませてくれます。
    常緑性と落葉性に大別され、常緑性はアンスンエンシスが代表的です。落葉性にはシルホサ系があります。そのほか、いくつかの冬咲きの原種があり、冬のガーデンで活躍します。
  • シャコバサボテン
    シャコバサボテンは、クリスマスカクタスともデンマークカクタスともよばれ、秋から冬の室内を華やかに彩るカラフルな鉢花です。
    シャコバサボテン、およびシャコバサボテンの形質を色濃く残した交雑種は、11月から12月に開花します。カニバサボテン、およびカニバサボテンの形質を色濃く残した交雑種は1月から3月に開花する遅咲きです。
  • プリムラ・ポリアンサ、プリムラ・ジュリアン
    プリムラ・ポリアンサ、プリムラ・ジュリアンは、ヨーロッパ原産のプリムラを交配して生まれた種類です。どちらも多年草ですが、暑さに弱いため、一年草として扱われることも珍しくありません。6月から7月にタネをまいて元気な小苗で夏越しさせ、秋から春に花を楽しみます。開花中に大きめの鉢に植え替えて夏までに充実させた株は、日陰で夏越しさせることもできます。
  • オステオスペルマム
    難易度:
    開花期:1月中旬~5月、9月中旬~11月中旬
    オステオスペルマムは、春の訪れを告げるように、かわいらしい花を咲かせます。その花色の豊富さは、どの色を選ぼうかと迷ってしまうほど。見ている人をワクワクさせるような、鮮やかな花色や、淡くやさしい花色もあります。ほかの植物と組み合わせても自由自在。そんな使いやすさも大きな魅力です。
    3月上旬頃から、さまざまな花色のポット苗が園芸店やホームセンターの店頭をにぎわせ始めます。
  • エリカ
    7位 エリカ
    難易度:
    開花期:種類によりさまざま
    日本で栽培されているエリカは、庭植えなどでよく見かけるポピュラーなジャノメエリカをはじめ、鉢物として40種、50品種くらいが流通しています。開花期は、種類によりそれぞれ異なり、冬咲き種、春咲き種、夏~秋咲き種、不定期咲き種に大別されます。
    エリカは繊細な枝に小さな花がびっしりと咲くため、株全体を見るとにぎやかな印象を受けますが、一つ一つの花も可憐で個性豊かです。
  • パンジー、ビオラ
    パンジー、ビオラは寒さに強く、冬も温かな色の花を咲かせます。丈夫で、お手入れも簡単。秋から春にかけて、花壇でも寄せ植えでも重宝するガーデニングには欠かせない植物です。近年では、フリル咲きや八重咲など豪華な花形の品種が注目され、これまでになかった色合いや模様の品種も登場しています。
    10月頃になると店頭にポット苗が並ぶようになりますが、気温の高い時期から育てると徒長したり、蒸れたりするため、10月下旬から11月になってから購入して植えつけるのがよいでしょう。
  • ノースポール
    ノースポールは花径3cmほど、中心が黄色の白い小ギクで、花期が長く育てやすい人気の一年草です。
    比較的寒さに強く、関東地方以西の平地では秋にタネをまけば、防寒しなくても冬越しでき、冬から初夏まで花を楽しむことができます。株はボール状に育って、最盛期には株一面に花を咲かせます。
  • ウメ(花ウメ)
    古くから日本で親しまれてきたウメ。一説には世界に1000種以上あるともいわれるウメの品種は、花ウメと実ウメに大別されます。艶やかな花姿で選ぶ花ウメ、花も果実も楽しめる実ウメ。実ウメは花色が白~ピンクにかぎられるものの、花も十分見ごたえがあり、収穫も楽しめるお得なウメです。花も実も楽しみたいのであれば、実ウメがおすすめです。
  • シンビジウム
    シンビジウムは洋ランのなかでも寒さに強く、栽培が容易なために根強い人気を誇っています。暮れから正月にかけてのギフトとしても大の人気。近年は小型のテーブルシンビジウムや、花茎が下垂するカスケードタイプなども人気です。
    定期的に植え替えを行い、明るい日ざしに当てるようにすれば、よく育ち花を咲かせます。
  • ハボタン
    ハボタンは、夏にタネをまいて育て、寒くなるとともに色づく葉を冬から春にかけて観賞する植物です。寒さが深まると色づき、花の少ない冬の庭を彩ってくれる強い味方です。丈夫で育てやすいので、ビギナーにもおすすめ。「葉牡丹」と書くように、大輪のボタンのような姿で、華やかさも持ち合わせています。
    白、淡い黄色、ピンク、ローズ色、黒と、色にかたよりはあるものの、色数の多さが魅力。なんといっても手間いらずで、晩秋から春まで長く楽しめるお得感が人気の秘密です。
  • チェッカーベリー
    チェッカーベリーは寒さに強く、冬の間、赤い実が観賞できます。冬の実ものとしては、センリョウマンリョウヤブコウジなどが多く利用されますが、チェッカーベリーは、草丈が低くこんもりと密に茂り、実も大きいので寄せ植えの材料として使いやすく、また、日陰のグラウンドカバーにもなります。
    鉢やコンテナでは、ビオラやアリッサム、ハボタンなどとの組み合わせ、さらにはシルバーリーフなどのさまざまな葉ものと組み合わせて、クリスマスや正月用の飾りに利用されます。
  • アネモネ
    アネモネは、鉢植えや切り花で楽しまれ、冬から春にかけて開花株が流通するほか、秋には球根も販売されます。
    赤、白、ピンク、紫とその濃淡を中心とした、鮮やかな花色が魅力です。定番の一重咲きのほか、八重咲きや丁字咲きなどの品種もあります。
  • スイセン
    15位 スイセン
    難易度:
    開花期:11月中旬~4月
    スイセンは、系統によって開花時期が異なり、早いものでは11月中・下旬から、ラッパズイセンなどは3月から4月に開花します。目の覚めるような元気な花で、早春の庭をパッと明るく彩ってくれます。黄色のラッパズイセンのイメージが強いと思いますが、じつは多種多様な花色や花形をもつ植物です。
    寒さに強く、丈夫で栽培が簡単なところもスイセンの魅力。開花期の異なる種類を組みあわせれば、より長い期間開花を楽しむことができます。
  • デンドロビウム
    難易度:
    開花期:2月~5月(ノビル系)
    デンドロビウムには、野生種、交配種が数えきれないほどあり性質も多種多様ですが、一般的にデンドロビウムと呼ぶときには、ノビル系のデンドロビウムを指します。ほかに育てやすいものとしてキンギアナム系(株立ちになり、比較的乾燥、低温に強い)やフォーモサム系(白花が多く夏に開花)があります。
    ノビル系の花色は赤紫からピンク系、白がほとんどでしたが、最近では黄色い花をもつ交配種もできてきました。
  • センリョウ
    センリョウ(千両)は、枝先に群がる果実が11月には赤く熟し、明るい緑葉とのコントラストが見事です。果実が黄色に熟すキミノセンリョウもあります。めでたい名前なのでマンリョウ(万両)とともに正月を祝う縁起木とされ、暮れになると生け花材料としても盛んに出回ります。
    鉢植えでも販売されますが、野生では樹高が1mほどになります。
  • エラチオール・ベゴニア
    難易度:
    開花期:9月中旬~6月下旬(真夏以外)
    寒々とした冬の室内を鮮やかな花色で華やかにしてくれるので、なんとなく「冬の鉢花」と思われがちですが、じつは真夏を除き、ほぼ一年中出回っています、寒さに弱いので、栽培初心者は春に購入することをおすすめします。
    バラのような華やかさをもつ品種や、重厚感あふれる品種もあり、ギフトなどにも利用されています。
  • マーガレット
    マーガレットは、純白の花を次から次へと咲かせてくれる、ピュアで清楚なイメージの多年草です。さらに近年、驚くほど豊かな花色・花形が登場しています。
    関東地方以西では霜に当てなければ戸外でも冬越しが可能で、冬から春まで長期間花を楽しむことができます。基本的に香りはありませんが、ラベンダーに似た香りをもつ交配種もあります。
  • スノードロップ
    スノードロップは可憐な草姿に白い下向きの花を1輪咲かせ、春を告げる花として人気があります。2月から3月に開花し、6月ごろに茎葉が枯れて休眠します。日本で一般にスノードロップの名前で親しまれている種は、英名「ジャイアント・スノードロップ」と呼ばれるガランサス・エルウェシーです。
  • 目次に戻る

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

気軽に部屋をイメージチェンジ

理想の部屋に一歩近づけるコツをスタイリストの石井佳苗さんが指南!
抽選で10名様にプレゼント<PR>

詳しくはこちら
ピックアップ
テキストこぼれ話

12月号テキストこぼれ話
シクラメンにまつわる話を公開中!(後編)

後編では、横山直樹さんに原種シクラメンの栽培のポイントなどを教えていただきました。

今、熱い植物

今、熱い植物 第18回
“インドアグリーン最前線”

人が長く過ごす場所をグリーンで快適に。最近は『内向き』の緑化がふえてきている。

新着日記写真
ワンコの散歩⑧
2018/12/15
皇帝ダリアが終...
2018/12/15
毎日バタバタ( ...
2018/12/15
21世紀の木 ニ...
2018/12/15
苗床
2018/12/15
コプロスマ 2
2018/12/15
投稿募集中 from テキスト編集部
「バラの病害虫対策ノート」の使い方

「バラの病害虫対策ノートの」の使い方
みんなの使っている様子を募集中!

「園芸栽培ノート2018」の使い方

「園芸栽培ノート2018」の使い方
みんなの使い方、アイデア募集中!

見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

テキスト人気連載をWEBで毎月お届け。人気の高まる多肉植物や観葉植物に注目し、その魅力を紹介

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

今年の夏は緑のカーテン

今年の夏は緑のカーテン

緑のカーテンの作り方やおすすめ植物、実践事例などを紹介しています

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

園芸LOVE 原田が行く

園芸LOVE 原田が行く

「みんなの趣味の園芸」スタッフであり『趣味の園芸』シニアエディター・原田による園芸エッセイ

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!