ミセバヤ
お気に入りに登録する

ミセバヤの基本情報

学名:Hylotelephium sieboldiiSedum sieboldii
和名:ミセバヤ  その他の名前:玉緒(たまのお)

科名 / 属名:ベンケイソウ科 / ムラサキベンケイソウ属

ミセバヤ
ミセバヤ
ミセバヤ

クリックすると拡大します

ミセバヤとは

特徴

ミセバヤは日本古来より万葉の植物として親しまれている多年草です。各地に野生化していますが、現在では自生地は少なく、香川県小豆島の主に山地や谷あいの岩場にわずかに見られるものが唯一の自生といわれています。
春の声を聞くと同時に芽出しが始まり、茎を斜めに伸ばします。3枚輪生する葉は灰青色の肉厚で円く、縁には細かい切れ込みがあり、周縁がほんのり紅色に染まって趣があります。茎は次第に懸垂して株立ちとなり、秋の中ごろから、茎の先端に小さな桃紅色の花を房状に咲かせます。このころには葉が紅葉して美しい紅色に染まり、やがて落葉し、株元に冬芽を残した状態で休眠を迎えます。
古典植物として古くから親しまれ、観葉植物としての観賞価値も高く、多肉植物の1品としても多くの園芸家に親しまれています。なお、分類によってはセダム(Sedum)属に含まれることもあります。

基本データ

園芸分類 山野草,観葉植物,多肉植物
形態 多年草 原産地 香川県小豆島
草丈/樹高 20~30cm 開花期 10月~11月
花色 ピンク,桃紅色,淡紅色 栽培難易度(1~5)
耐寒性 強い 耐暑性 強い
特性・用途 落葉性
植物図鑑の見方
園芸・ガーデニング作業の基本

種類(原種、園芸品種)

  • ヒダカミセバヤ

    Hylotelephium cauticola
    北海道東部の海岸や山地の岩場に生える小型種。葉は対生して縁にはぎざぎざがあり、9月から10月ごろに桃紅色の花を茎の先端に房状に咲かせる。
  • カラフトミセバヤ

    Hylotelephium pluricaule
    北海道の山地の岩場に見られる小型種。エゾミセバヤとも呼ばれる。葉は対生または互生して灰青色で縁にぎざぎざはない。茎は懸垂して8月から9月に桃紅色の花を先端に咲かせる。樺太には矮小なものがあり、古くから親しまれている。
  • ユウバリミセバヤ

    Hylotelephium pluricaule var. ezawae
    夕張岳の岩場で近年発見されたもので、カラフトミセバヤの変種とされる。葉はより多肉質で赤みを帯び、短い茎の先端に、地を這うように8月に桃紅色の花を咲かせる。
  • ツガルミセバヤ

    Hylotelephium tsugaruense
    青森県や秋田県の山地の岩場に生える大型のもの。葉は卵形で皿のように受け縁にぎざぎざがあり、明るい緑色。花は房咲きで8月に白い小さな5弁花を房状に咲かせる。茎が柔らかくすぐに折れるので取り扱いに注意。
  • エッチュウミセバヤ

    Hylotelephium sieboldii var. ettyuense
    富山県の固有種で、ミセバヤの変種とされるやや大型のもの。葉は卵形で、花が半円のドーム状に開花する。葉縁の紅色が鮮やかで、灰青色との対比が美しい。

育て方・栽培方法

ミセバヤの栽培カレンダー
*関東地方以西基準

「趣味の園芸」講師陣、専門家の執筆による植物図鑑

執筆:富澤正美(とみざわ・まさみ)
山野草専門の生産農園、アルペンガーデンやまくさの園主。国内外の多岐にわたる山野草を扱い、世界各地の希少な品種も栽培している。雪割草、キキョウ、ギボウシ、イカリソウなど、交配に力を注ぐ植物も多い。

そだレポ(栽培レポート)

写真を見る

この植物名が含まれる園芸日記

関連するコミュニティ

  • 関連するコミュニティはありません

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

樹種の選び方でもっと広がる

緑のある暮らし

資料請求いただいた方の中から抽選で10名様に「アオダモの苗木」をプレゼント!

詳しくはこちら
プレゼント&アンケート
寄せ植えコンテスト
園芸・ガーデニング作業の基本
ただいま投稿募集中のトピック from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花
見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ
みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!