ピリピリ ― ブラジル発ポルトガル経由アフリカ着のトウガラシ

Fitófiloさん
植物名 トウガラシ
品種名 ピリピリ(キダチトウガラシの栽培品種)
地域 埼玉県 場所 ベランダ 栽培形態 鉢植え
日当たり 日なた(半日) 満足度

栽培ストーリー(わたしの育て方レポート)

ピリピリ ― ブラジル発ポルトガル経由アフリカ着のトウガラシ

ピリピリ ― ブラジル発ポルトガル経由アフリカ着のトウガラシ

作成日:2018/08/10

ポルトガルに滞在中のある日、お隣のお婆さんから小さな唐辛子をたくさんもらいました。それがピリピリです。昔を偲び、日本でも育ててみようと思い立ちました。

0
  • ピリピリの種(0日目)

    1

  • ピリピリの種(0日目)

    2

  • ピリピリの種(0日目)

    3

  • 根が出た(4日目)

    4

  • あと少し!(9日目)

    5

  • 双葉が開いた(10日目)

    6

  • しっかりとした双葉に(11日目)

    7

  • ようやく本葉が見えてきた(15日目)

    8

  • 本葉3-4枚目が見えてきた(28日目)

    9

  • 苗らしくなってきた(35日目)

    10

  • ポットサイズをアップ(49日目)

    11

  • ポットサイズをアップ(49日目)

    12

  • 花芽を確認してから定植(65日目)

    13

  • 花芽を確認してから定植(65日目)

    14

  • 蕾が成長中(77日目)

    15

  • 開花!(83日目)

    16

  • 開花1週間後の草姿(90日目)

    17

  • 支柱立て(107日目)

    18

  • ようやく着果(111日目)

    19

  • 私的ベストショット(146日目)

    20

  • 赤い実が増えてきた(154日目)

    21

  • 赤い実が増えてきた(154日目)

    22

  • 初収穫!(160日目)

    23

  • ピリピリの色変化(161日目)

    24

  • 繁るピリピリ(171日目)

    25

  • 繁るピリピリ(171日目)

    26

1.ピリピリの種(0日目)

ピリピリ ― ブラジル発ポルトガル経由アフリカ着のトウガラシ ピリピリの種(0日目)
ピリピリというのはトウガラシの名前です。正確には「トウガラシ属キダチトウガラシ」の栽培品種で、あの沖縄の島唐辛子や、タバスコソースの原料として有名なタバスコペッパーの仲間です。漢字では「木立唐辛子」と書きます。多年草で、成長するに従って灌木化することからこのような名が付けられました。英語では African Birds Eye や African Devil といった別名もあります。

2.ピリピリの種(0日目)

ピリピリ ― ブラジル発ポルトガル経由アフリカ着のトウガラシ ピリピリの種(0日目)
このピリピリは、アフリカ南西部のモザンビーク・マラウィ・ザンビア・ジンバブエといった国々が産地です。ただ、キダチトウガラシという種自体はアマゾン川流域の低地が原産なので、ブラジルを開拓したポルトガル人によってアフリカ南西部に持ち込まれたものが野生化したと考えられています。

3.ピリピリの種(0日目)

ピリピリ ― ブラジル発ポルトガル経由アフリカ着のトウガラシ ピリピリの種(0日目)
2018/02/25
催芽を開始。手順は以下の通り。
①水で湿らせたキッチンタオルを皿に載せてラップをかけ、レンジで2分加熱して殺菌。
②温度が30℃ほどまで下がったら、水浸してあった種をその上に広げる。
③遮光用の新聞紙を載せてから、自作の簡易保温器(電気毛布とサーモスタットで温度管理)に収め、「昼間14時間は28°C→夜間10時間は20℃」で変温管理。
④1mm~2mmほど発根するまで待つ。

4.根が出た(4日目)

ピリピリ ― ブラジル発ポルトガル経由アフリカ着のトウガラシ 根が出た(4日目)
2018/03/01
催芽を始めて4日目に根が出てきました。まだ1mm未満です。これ以上伸びて移植のときに傷めてしまわないように急いで播種しました。播き床は、市販の土ポット3つとプラポット3つに入れた市販の種まき用土を用意しました。

種は画像と同じ状態を保って横に寝かせて播きました。そうしないと出芽時に殻を付けたまま出てくる可能性が高いからです。覆土は3mm-4mmほどにしました。

5.あと少し!(9日目)

ピリピリ ― ブラジル発ポルトガル経由アフリカ着のトウガラシ あと少し!(9日目)
2018/03/06
双葉のお目見えまであと一息です。頑張れ!

6.双葉が開いた(10日目)

ピリピリ ― ブラジル発ポルトガル経由アフリカ着のトウガラシ 双葉が開いた(10日目)
2018/03/07
本日、無事出芽しました。ふつうのトウガラシ Capsicum annuum の芽よりも子葉が小さく胚軸が長めで、タバスコや島唐辛子の芽とよく似ています。色合いもキダチトウガラシ独特の感じ。

今年は種まきがうまくいかないことに加え、説明に発芽率が低い(15%~45%)と書かれていたので多めに播いたんですが、予想外にしっかり発芽してくれて現在6株もあります。うーむ、困った。

7.しっかりとした双葉に(11日目)

ピリピリ ― ブラジル発ポルトガル経由アフリカ着のトウガラシ しっかりとした双葉に(11日目)
2018/03/08
出芽から1日経ち、しっかりした双葉になりました。去年同じキダチトウガラシのタバスコを栽培した際、出芽直後に直射日光を当てて葉焼けさせてしまったので、まだ寒冷紗越しに日を当てています。

8.ようやく本葉が見えてきた(15日目)

ピリピリ ― ブラジル発ポルトガル経由アフリカ着のトウガラシ ようやく本葉が見えてきた(15日目)
2018/03/12
タバスコとほぼ同じペースの成長ぶりで亀の歩みです。このところ曇り空の日が続いていましたが、今日からしばらくは素晴らしい育苗日和の予報。いやはや嬉しいですな。

9.本葉3-4枚目が見えてきた(28日目)

ピリピリ ― ブラジル発ポルトガル経由アフリカ着のトウガラシ 本葉3-4枚目が見えてきた(28日目)
2018/03/25
本葉3-4枚目が展開中です。成長スピードはタバスコとほぼ同じです。苗の草姿も同じキダチトウガラシのタバスコとよく似ています。通常のトウガラシよりも小ぶり、かつ、葉は黄色がかった緑で、艶がなくガサガサした感じ。子葉の劣化が早いところも同じです。

原産地の熱帯雨林帯は高温多湿の無風地帯なので、この時期の日本の乾燥した空気や風が合わないのかもしれません。

10.苗らしくなってきた(35日目)

ピリピリ ― ブラジル発ポルトガル経由アフリカ着のトウガラシ 苗らしくなってきた(35日目)
2018/04/01
だいぶ苗らしくなってきました。本葉5-6枚目が展開中で、7-8枚目も見えています。やはりお日様と暖かさに勝るものなし。

11.ポットサイズをアップ(49日目)

ピリピリ ― ブラジル発ポルトガル経由アフリカ着のトウガラシ ポットサイズをアップ(49日目)
2018/04/15
葉数がかなり増えました。上から見ると、成長点に15枚目の本葉が目視できます。先週半ばの春の暴風で成長点に近い若葉が傷つき、葉っぱ大好き人間としてはかなりショックでしたが、成長点までやられなかったのは幸いです。

12.ポットサイズをアップ(49日目)

ピリピリ ― ブラジル発ポルトガル経由アフリカ着のトウガラシ ポットサイズをアップ(49日目)
脇芽がものすごいので、将来の樹形にも期待ができます。

根がかなり発達していたので、苗が老化しないように2日前、2.5号ポットから3号ポットに移植しました。追加分の用土はそのままタキイの「種まき培土」です。徒長が怖くて水分管理が楽な小さいポットに播種したのですが、最初から3号ポットに播けばよかったのか。うーむ、よく分かりません。

後は花芽が見えてくれば10号のベジタブルポットに定植の予定です。

13.花芽を確認してから定植(65日目)

ピリピリ ― ブラジル発ポルトガル経由アフリカ着のトウガラシ 花芽を確認してから定植(65日目)
2018/05/01
待望の花芽が確認できたので、ようやく植え付けに漕ぎ着けました。脇芽がすごいことになっていますが、自然な樹形を楽しむためにあえて放置しています。

14.花芽を確認してから定植(65日目)

ピリピリ ― ブラジル発ポルトガル経由アフリカ着のトウガラシ 花芽を確認してから定植(65日目)
こちらが花芽です。花芽分化の前に根圏が広くなるとそのまま栄養成長が続く、と耳にしたことがあるので、蕾が確認できるのを待っていました。

種まきから植え付けまでは9週間でした。今年の3月-4月は全般に高温が続いたにもかかわらず、かなり時間がかかっています。花芽確認まで100日もかかった去年のタバスコほどではないですが、キダチトウガラシはやはり成長が遅いような気がします。

15.蕾が成長中(77日目)

ピリピリ ― ブラジル発ポルトガル経由アフリカ着のトウガラシ 蕾が成長中(77日目)
2018/05/15
植え付けから2週間。花蕾が順調に増えています。とはいえ、まだまだ小さいので開花までは時間がかかりそうです。

16.開花!(83日目) 注目!

ピリピリ ― ブラジル発ポルトガル経由アフリカ着のトウガラシ 開花!(83日目)
2018/05/19
待ちに待ったピリピリの花がようやく咲きました! 種まきから3か月弱です。花柄はすっと直立していますが、萼から先は首が折れそうなほどに俯いています。何ともいえない風情。

花弁も通常のトウガラシ Capsicum annuum が純白に近いのに対し、ピリピリは緑がかった白です。これはキダチトウガラシ C. frutescens の特徴で、去年栽培した同種のタバスコもそうでした。

17.開花1週間後の草姿(90日目)

ピリピリ ― ブラジル発ポルトガル経由アフリカ着のトウガラシ 開花1週間後の草姿(90日目)
2018/05/26
1週間前にようやく花開いてくれたピリピリの草姿です。低い背丈ながら、脇芽がぐいぐい育っているので全体にこんもりとしています。

18.支柱立て(107日目)

ピリピリ ― ブラジル発ポルトガル経由アフリカ着のトウガラシ 支柱立て(107日目)
2018/06/12
いよいよこんもりしてきました。樹形マニアとして喜ばしい限りです。ただ、主枝の細さと側枝の多さからベランダの強風に対する不安が出てきたので、支柱を立てることにしました。女竹を4本使いました。地上部で50㎝ほどの長さです。

19.ようやく着果(111日目)

ピリピリ ― ブラジル発ポルトガル経由アフリカ着のトウガラシ ようやく着果(111日目)
2018/06/16
花こそ咲けどなかなか実を結んでくれなかったピリピリですが、第5花にしてようやく着果してくれました。萼を除いて2cmほどの小さな果実です。

20.私的ベストショット(146日目)

ピリピリ ― ブラジル発ポルトガル経由アフリカ着のトウガラシ 私的ベストショット(146日目)
今までに撮った唐辛子の写真の中で、個人的にはベストショットです。中央右側が着果第1号のピリピリです。じつは10日前(7/11)から赤くなり始めていましたが、今日にいたるまで撮影もせず、更新をさぼっていました。ちょっと後悔・・・

21.赤い実が増えてきた(154日目)

ピリピリ ― ブラジル発ポルトガル経由アフリカ着のトウガラシ 赤い実が増えてきた(154日目)
2018/07/29
赤く色づいた実が増えてきました。こうして見ると、あらためて南国の植物だなぁと感じます。

22.赤い実が増えてきた(154日目)

ピリピリ ― ブラジル発ポルトガル経由アフリカ着のトウガラシ 赤い実が増えてきた(154日目)
現在の草姿 ― というか樹形です。さすがキダチトウガラシ!「木立唐辛子」の名のとおり、根元からしっかり灌木化してきました。でも、丈はもうこの程度で十分かな。

23.初収穫!(160日目) 注目!

ピリピリ ― ブラジル発ポルトガル経由アフリカ着のトウガラシ 初収穫!(160日目)
2018/08/04
熟した実が増えてきたので収穫してみました。赤い部分が2cm前後の、とっても小さな唐辛子です。試しに生でガリッと噛んでみると、なかなか強烈な辛さです。でも辛さだけではありません。風味が調味料のタバスコによく似ています。

タバスコペッパーもピリピリも同じキダチトウガラシなので不思議ではないんですが、タバスコソースのあの風味は原材料そのものの味と香りが占める割合も大きいんですね。

24.ピリピリの色変化(161日目)

ピリピリ ― ブラジル発ポルトガル経由アフリカ着のトウガラシ ピリピリの色変化(161日目)
2018/08/05
ピリピリの未熟果から成熟果までを左から一列に並べてみました。左端の未熟果は、タバスコの緑白色とは違い、普通の緑色です。それがあるとき急に黒みがかってきます。そして臙脂に近い色合いを経たのち、明るい朱色になり、最後は右端の深い赤に至ります。

形・大きさも可愛ければ、その色もまた我が目を楽しませてくれるピリピリです。

25.繁るピリピリ(171日目)

ピリピリ ― ブラジル発ポルトガル経由アフリカ着のトウガラシ 繁るピリピリ(171日目)
2018/08/15
けっこうな数の実がなっていますが、葉叢に隠れて目立ちません。結実のペースがふつうのトウガラシよりも遅いような気がしますが、種袋の裏書きによるとこれはピリピリの特性のようです。

26.繁るピリピリ(171日目)

ピリピリ ― ブラジル発ポルトガル経由アフリカ着のトウガラシ 繁るピリピリ(171日目)
実の形がとても可愛い。いかにも真夏の植物ですね。

開花期

収穫期

わたしの育て方

「栽培環境」
・南東に面したマンション3階のベランダ

「日照時間」
・日の出から、季節によって異なるが、12-14時頃まで
・育苗期、雨天曇天の日はLEDで補光

「水やり」
・育苗期は朝にしっかり与え、夕方には乾くように管理
・定植後は、夏期までは3-4日に1回朝、夏期からは毎日朝

「温度管理(育苗期)」
・日中は可能な限り25℃以上になるように
・夜間は徒長を防ぐため可能な限り15℃以下になるように

「肥料」
・育苗期は種まき培土の元肥
・育苗開始1か月後に薄い液肥で追肥
・植えつけ後1ヶ月までは培養土の元肥
・それ以後は1週間~10日に1回液肥で追肥

「病気と害虫」
・育苗期にアブラムシが発生したのみ

「用土と鉢」
・育苗期はタキイ「種まき培土」
・植えつけ後はアイリスオーヤマ「ゴールデン培養土」
・野菜用プラポット10号10ℓ

「主な作業」
・暴風に備えての支柱立て
みんなのコメント (0件)

ログインするとコメントの書き込み、閲覧ができます。

ログインしてコメントを書く/見る

会員登録はこちら(3ステップで簡単登録!)

投稿する植物を探す

このそだレポの投稿者

Fitófiloさん
園芸を楽しんでいる場所:
ベランダ
住んでいるところ:
埼玉県

Fitófiloさんのその他のそだレポ

その他の投稿はありません

Fitófiloさんの園芸日記

園芸日記の投稿はまだありません

その他のメンバーが投稿した「トウガラシのそだレポ

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

ピックアップ
テキストこぼれ話

9月号テキストこぼれ話
観葉植物にまつわる話を公開中!(前編)

育てて、収穫して、自家製コーヒーが飲める! 倉重祐二さんにコーヒーノキについて聞いてみた!

今、熱い植物

今、熱い植物 第15回
“繻子(しゅす)か宝石か…ジュエルオーキッド”

ビロードのような質感、美麗な葉が魅力のジュエルオーキッド。

「朝顔チャレンジ」

「朝顔チャレンジ」
みんなでアサガオ観察をしよう!

みんなでアサガオの成長から開花までを見守る応援企画。あなたのアサガオを紹介してください♪

投稿募集中 from テキスト編集部
「バラの病害虫対策ノート」の使い方

「バラの病害虫対策ノートの」の使い方
みんなの使っている様子を募集中!

「園芸栽培ノート2018」の使い方

「園芸栽培ノート2018」の使い方
みんなの使い方、アイデア募集中!

見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

テキスト人気連載をWEBで毎月お届け。人気の高まる多肉植物や観葉植物に注目し、その魅力を紹介

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

今年の夏は緑のカーテン

今年の夏は緑のカーテン

緑のカーテンの作り方やおすすめ植物、実践事例などを紹介しています

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

園芸LOVE 原田が行く

園芸LOVE 原田が行く

「みんなの趣味の園芸」スタッフであり『趣味の園芸』シニアエディター・原田による園芸エッセイ

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!