【濃白点ダルマ軍配臥牛(スノーホワイト)】”旧パール臥牛”

湯島臥牛
湯島臥牛さん
植物名 ガステリア
品種名 「濃白点軍配型臥牛(スノーホワイト)」”旧パール臥牛”
地域 東京都 場所 栽培形態 鉢植え
日当たり 日なた(半日) 満足度
ジャンル

栽培ストーリー(わたしの育て方レポート)

【濃白点ダルマ軍配臥牛(スノーホワイト)】”旧パール臥牛”

【濃白点ダルマ軍配臥牛(スノーホワイト)】”旧パール臥牛”

作成日:2018/12/07

‘17.7/3撮影

【 濃密白点ダルマ軍配臥牛 】旧名: パール臥牛

素性はともかく「改良型臥牛」の雄。いや女王と云うべきか。
密に浮き出た白紋、幅広短葉の「ダルマ型」

最初に作出した栽培家は狂喜乱舞したに違いない。

「白馬の輝き」のような明らかにハイブリッドと判るような雰囲気はなくフォルムは臥牛そのもの。

願わくば突然変異で出現した品種であって欲しい。
異種交配じゃ値打ちが下がる。
.

7

いいね!した人

※ゲストでいいね!した人は表示されません。

  • 2017臥牛・秋の植え替え、彼岸過ぎ

    1

  • 臥牛は根が直根性、いわゆる”ゴボウ根”

    2

  • 楽焼き鉢に植え込み完了、箔が付いた✨

    3

  • 旧名「パール臥牛」の由来 💍✨

    4

  • 🌱✨これから徐々に新葉が出始める

    5

  • ☘️✨新葉の伸びがお判りか。

    6

  • 👶🏻➡️👧🏻吹き仔も育って来た。

    7

  • 🍀✨葉がプックリと厚みを増した。

    8

  • 🍀☘️✨半年で新葉が半枚出て来た。

    9

  • 😒 軍配型と云うにはチョとためらうが。

    10

  • 👱🏻‍♂️臥牛たちのポーカーフェイス

    11

  • 🍂初冬でも株は動いてるようだ。

    12

1.2017臥牛・秋の植え替え、彼岸過ぎ 注目!

【濃白点ダルマ軍配臥牛(スノーホワイト)】”旧パール臥牛” 2017臥牛・秋の植え替え、彼岸過ぎ
‘17.9/23撮影

臥牛の’秋の植え替え’の是非については日記過去ログに既述したが、ハオルチアとの比較を述べると、

◯ハオルチアほど真夏の休眠がはっきりしない。
◯ ガステリアは一年中ダラダラと成長し、厳冬期以外は動いてるケースが多い。
◯ ハオルチアより根の伸長が旺盛。

以上の理由から「植え替えは秋でもOK」とした。
ただしハオルチアより暖かさを好む傾向があるので春がベストと云える。
.

2.臥牛は根が直根性、いわゆる”ゴボウ根” 注目!

【濃白点ダルマ軍配臥牛(スノーホワイト)】”旧パール臥牛” 臥牛は根が直根性、いわゆる”ゴボウ根”
‘17.9/23

ふつう植物は「樹冠の広がりだけ地中の根が広がってる」とされる。
しかし、ガステリアにゃ当てはまらない。

とくに臥牛はその自生地の特殊性なのか、直根(ゴボウ根)の伸びが旺盛でしばしば鉢穴から這い出す。
その割りに地上部の成長が遅いのが奇妙ではある。

またその直根はランの気根のように乾燥に強くない。
ゆえに植え替えは手早くやらないとせっかくの元気な根を損なう。
心されたし。
.

3.楽焼き鉢に植え込み完了、箔が付いた✨ 注目!

【濃白点ダルマ軍配臥牛(スノーホワイト)】”旧パール臥牛” 楽焼き鉢に植え込み完了、箔が付いた✨
‘17.9/23

臥牛栽培に最も適した鉢はこの京楽焼ラン鉢。
“胴長”なのが臥牛の長大な直根が伸びる性質に合致。

他にも楽焼の有利な点がたくさんある。
去年の日記にも記したが、素焼きに釉薬を施すという画期的発明により急激な水分蒸散を防ぐ利点。

猫足三脚の不安定さと高価なのが難点だが、それは栽培者の真剣さでカバーしてもらいたいものだ。

そこまで苦労しても余りある魅力が臥牛にはあるのよ。
.

4.旧名「パール臥牛」の由来 💍✨ 注目!

【濃白点ダルマ軍配臥牛(スノーホワイト)】”旧パール臥牛” 旧名「パール臥牛」の由来 💍✨
‘17.10/15撮影

なぜパールと名付けたのか。
この姿のどこが真珠なのか。

拡大すると判る。
この白い斑点(丘疹・小結節)を真珠に見立てたものだ。

命名者は拡大鏡虫眼鏡でこの丘疹状突起を見てパールを連想したんだろう。
(まだハズキルーペは発売されてなかったはず)

この旧名は誕生した時からすでに廃れ消え去る運命にあった。
なぜなら、あの突起が真珠に見える者はいないだろうから。
.

5.🌱✨これから徐々に新葉が出始める 注目!

【濃白点ダルマ軍配臥牛(スノーホワイト)】”旧パール臥牛” 🌱✨これから徐々に新葉が出始める
‘18.3/7撮影

写真を見比べると、去年9月植え替えしてより新葉の出が僅かに進んだ。
まぁ寒かった冬を挟んだので無理もあるめぇよ。

都心の最も寒みぃ朝は−4℃まで冷え込んだ。
新聞紙を被せるだけで凍害を免れただけ良しとしなきゃ。

古い専門書によると臥牛は寒がらせると葉に黒いスポットが出るらしい。
今まで庭に設置の無加温フレームでずっと栽培して来たがそういう症状が出た事はなかったがネ。
.

6.☘️✨新葉の伸びがお判りか。 注目!

【濃白点ダルマ軍配臥牛(スノーホワイト)】”旧パール臥牛” ☘️✨新葉の伸びがお判りか。
‘18.4/8撮影

ご覧の通り臥牛は成長の伸びが非常に遅い。

栽培環境にもよるが1年に葉が1〜1枚半程度出りゃいい方だ。
怠慢な栽培者に懸かって生育期に水切れ・葉焼けなど人災を蒙ると葉の伸びは止まる。

それで枯れる訳じゃないが根は機能を失い日焼けした葉は光合成を停止、せっかくの生育期に遮光し水やりをするまで無理矢理休眠状態。

物事にゃセオリーと云うものがある。
真摯に学ぶ姿勢は大切。
.

7.👶🏻➡️👧🏻吹き仔も育って来た。 注目!

【濃白点ダルマ軍配臥牛(スノーホワイト)】”旧パール臥牛” 👶🏻➡️👧🏻吹き仔も育って来た。
4/8

反対側にも仔が着いてる。
臥牛は両脇に掻き仔を着ける性質がある。

(純粋)臥牛は群生型。単生型は見た事ねぇ。
掻いても掻いても次の年になると何個かの仔が芽吹いて来る。

多肉植物で子吹きの盛んな物は、出始めは高価であっても、いや初見が高値であればあるほど皆が繁殖させようとするのであっと言う間に価格が暴落。
いつの間にやら駄物になっちまう。
しかしこれはあくまでも人間の価値観だがネ。
.

8.🍀✨葉がプックリと厚みを増した。 注目!

【濃白点ダルマ軍配臥牛(スノーホワイト)】”旧パール臥牛” 🍀✨葉がプックリと厚みを増した。
‘18.5/14撮影

フレーム育ちの臥牛たちは今が生育の本番。
盛んに吸水し成長する。

ツボミが出て来るのも5月からだ。
前述の通りツボミは小っちゃなうちに摘み取る。
栄養とエネルギーを葉へ回すため。

たしかに花は素晴らしく美しいが、本来臥牛は葉の形や質感を楽しむもの。
原則論に固執するつもりはねぇが、観葉植物の一種として我が国に渡来した経緯もある。
葉の成長が開花に優先するのが本道。
.

9.🍀☘️✨半年で新葉が半枚出て来た。 注目!

【濃白点ダルマ軍配臥牛(スノーホワイト)】”旧パール臥牛” 🍀☘️✨半年で新葉が半枚出て来た。
‘18.10/15撮影

前回の写真が5月半ばだから5ヶ月ぶりの姿。

あの時の半分出掛かってた新葉が完全に露出、新たに新葉が半分出現してる。
これが臥牛の成長ペース、ゆっくり育つ植物と云う事。

並行して吹き仔も成長してるので温暖期に生育が盛んな事が判る。
前の写真と今回の子株を見比べれば真ん中に新葉が出てる。

初夏〜梅雨〜真夏〜秋の5ヶ月にこれだけ成長した。
親子共に育ってる跡が見える。
.

10.😒 軍配型と云うにはチョとためらうが。 注目!

【濃白点ダルマ軍配臥牛(スノーホワイト)】”旧パール臥牛” 😒 軍配型と云うにはチョとためらうが。
10/15

写真右翼の3枚の葉。
葉先が凹んで「軍配型」になってる。

これを以って「軍配葉」としたいところだが、全葉が軍配型とは言い難い。
謙遜して”軍配”を看板から除くべきだったか。

門外漢にゃ全く以ってどうでもいい些細な事だが、趣味家にとっては大問題。
臥牛に限らず、ガステリア・ハオルチアは紋様も含め葉形が命。
それによって価値が大きく左右される。金銭価値ばかりじゃない矜持の問題。
.

11.👱🏻‍♂️臥牛たちのポーカーフェイス 注目!

【濃白点ダルマ軍配臥牛(スノーホワイト)】”旧パール臥牛” 👱🏻‍♂️臥牛たちのポーカーフェイス
10/15

ここ近年、秋とは名ばかりの異常な暑さが列島を襲ってる。
昔であればオーバーが必要なほど冷え込む事も稀ではない季節。
連続夏日の昨今の暑さ、温暖化は確かな事なんだろう。

ハオルチアなれば葉面が凹むなり葉先・下葉が枯れるなり休眠の兆候が顕れる。
だが臥牛たちに目立った変化は無い。

環境にもよるが半休眠状態になる場合も。
しかし写真のように無表情。
暑さに対し許容範囲が広いのかも。
.

12.🍂初冬でも株は動いてるようだ。 注目!

【濃白点ダルマ軍配臥牛(スノーホワイト)】”旧パール臥牛” 🍂初冬でも株は動いてるようだ。
‘18.11/19撮影

明け方の最低気温が10℃以下になる日がチラホラ。
とうぜん無加温のフレーム内は外気温と変わらないくらい冷える。

だが晴れの日中は遮光したハオ・ガス専用フレームと雖も通風してさえ30℃を軽く超える。
これは、春秋生育型とされるハオルチア・ガステリアには最適の昼夜の温度差と云えるのかも知れない。

比較的低温に強いとされる臥牛だが、生育にはある程度の最高温が必要なのだ。
.

開花期

収穫期

わたしの育て方

.

【 濃密白点軍配型ダルマ臥牛(スノーホワイト) 】

昔は「パール臥牛」と呼ばれた。

実を云うと素性がよく判らない。
いや、おいらが知らないだけかも。
もちろん検索は掛けてみたけど判らず仕舞い。
もし知ってる人がいたら教えて下さいな。

いつ頃からこの白点が巷に出回ったのかよく憶えてねぇが、かれこれ10年以上になるのは確か。
この株を手に入れたのはそれよりも後だが。

こういう白い斑紋(突起)は、密度は違えどガステリア属の他の種にもある。

自然か人為的かは別にして、この「濃密白点臥牛」が純粋の臥牛じゃなく、白点のある他のガステリア種との交雑の可能性もあるんじゃないか、と疑惑の念が湧くのを禁じ得ない。



培養土は赤玉土5割・鹿沼土3割、あとはピートモス(無調整)1割・籾殻燻炭5分・バーミュキュライト5分。

鹿沼土とピートモスは保水性も優れてるがこの場合用土を弱酸性に保ちホウ素・マンガン欠乏症を予防する意味。
籾殻燻炭は極端な酸性化を防ぎ通気を保持、バーミュキュライトも通気を重視。

施肥は百害有りて一利なし。
定期的な植え替えを実行してれば肥料は不必要。
上記のバーミュキュライト以外の用土にゃ微量ながら肥料三要素・ミネラルが含まれてる。

多肉愛好家にゃこれが分かってない人が結構いる。
早く成長肥大させたいが為にやたら液肥をやる。
しかしこれは健康的な成長とは言い難い。
徒長の原因にもなるし病虫害に弱い株になる。

そういう人に啓蒙的に注意した事もある。
だがこの手の人は聞く耳を持たない。
どうやら人より早く大きくして見栄えを良くしたいらしい。
本来ゆっくり成長する多肉植物にとっては堪らない。

臥牛はそのようなせっかちで軽薄な栽培法にゃ最も向かない種類だ。
例えて云うなら盆栽、何年もかけてじっくりと対話しながら育ててゆく。
綺麗な花は幸いにして付いて来る嬉しい付録みてぇな物。
それ自体を期待して性急に開花させるものじゃない。


_________________________________________



植え替え時の日記

https://www.shuminoengei.jp/?m=pc&a=page_mo_diary_detail&...



.
みんなのコメント (0件)

ログインするとコメントの書き込み、閲覧ができます。

ログインしてコメントを書く/見る

会員登録はこちら(3ステップで簡単登録!)

投稿する植物を探す

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

気軽に部屋をイメージチェンジ

理想の部屋に一歩近づけるコツをスタイリストの石井佳苗さんが指南!
抽選で10名様にプレゼント<PR>

詳しくはこちら
ピックアップ
テキストこぼれ話

12月号テキストこぼれ話
シクラメンにまつわる話を公開中!(後編)

後編では、横山直樹さんに原種シクラメンの栽培のポイントなどを教えていただきました。

今、熱い植物

今、熱い植物 第18回
“インドアグリーン最前線”

人が長く過ごす場所をグリーンで快適に。最近は『内向き』の緑化がふえてきている。

投稿募集中 from テキスト編集部
「バラの病害虫対策ノート」の使い方

「バラの病害虫対策ノートの」の使い方
みんなの使っている様子を募集中!

「園芸栽培ノート2018」の使い方

「園芸栽培ノート2018」の使い方
みんなの使い方、アイデア募集中!

見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

テキスト人気連載をWEBで毎月お届け。人気の高まる多肉植物や観葉植物に注目し、その魅力を紹介

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

今年の夏は緑のカーテン

今年の夏は緑のカーテン

緑のカーテンの作り方やおすすめ植物、実践事例などを紹介しています

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

園芸LOVE 原田が行く

園芸LOVE 原田が行く

「みんなの趣味の園芸」スタッフであり『趣味の園芸』シニアエディター・原田による園芸エッセイ

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!