サボテン栽培

eikoai
eikoaiさん
成功談
植物名 サボテン
品種名 ギムノカリキウム属 麗蛇丸
地域 愛知県 場所 ベランダ 栽培形態 鉢植え
日当たり 日なた(半日) 満足度

栽培ストーリー(わたしの育て方レポート)

サボテン栽培

サボテン栽培

作成日:2013/08/14

十数年前にプレゼントされたものです。
最初は家の中にグリーンインテリアとして置いていました。
10年前の引っ越しを機にベランダで育てる様になると、花を咲かせる様になりました。
それからは植え替えしたり増やしたりして栽培を楽しんでいます。

123

いいね!した人

※ゲストでいいね!した人は表示されません。

  • 植え替え

    1

  • 増やし方

    2

  • 増やし方〜子吹き〜植え付け

    3

  • 増やし方〜子吹き〜発根

    4

  • 増やし方〜子吹き〜生長

    5

  • 増やし方〜さし木(胴切り)〜植え付け

    6

  • 増やし方〜さし木(胴切り)〜生長

    7

  • 寄せ植え〜準備 1

    8

  • 寄せ植え〜準備 2

    9

  • 寄せ植え〜準備 3

    10

1.植え替え

サボテン栽培 植え替え
この鉢に寄せ植えしたのは2011年の初夏。
大きいのが親株で小さい二つの株は子吹きして増やした子株です。

植え替えは春と秋が適期です。
数日前から水をやらずに鉢土を乾燥させておきます。
株を鉢から抜いたら古い土は全部落とします。
傷んだ根や細かい根は取り除き、伸びすぎた長い根は株の半径程度に切り戻します。
病気や根腐れを防ぐため、日陰で2〜3日、切り口を乾燥させてから用土に植え付けます。

2.増やし方

サボテン栽培 増やし方
サボテンの増やし方には、実生、子吹き、さし木などがあります。
実生は種をまいて発芽して生長する事。
子吹きは親株から自然に子株が出る事で、その子株を離して植え付けます。
さし木は株を適当な所で切って植え付けます。

写真は子吹きした子株を親株から離したところです。(2007年9月)

3.増やし方〜子吹き〜植え付け

サボテン栽培 増やし方〜子吹き〜植え付け
子吹きした子株を植え付けます。

用土は乾燥した培養土をそのまま使います。
植え付けるというより、用土の上にそっと置く感じです。
草木の植え付けの様にすぐに水を与えてはダメ!
水やりは発根してからなので、植え付け後ときどき株を持ち上げて根が伸びてきたかどうか観察します。
根が1〜2mmほど伸びてきたらたっぷり水をあげます。

4.増やし方〜子吹き〜発根

サボテン栽培 増やし方〜子吹き〜発根
子吹きした子株を植え付けて2週間後。

株を持ち上げてみるとまっすぐなしっかりとした根が伸びています。
これで水やりをスタート!
乾かさない様にたっぷりあげます。
その後はどんどん根が伸びるので、そっと持ち上げて抜けないくらい根が張ってきたら普通の水やりにします。

5.増やし方〜子吹き〜生長

サボテン栽培 増やし方〜子吹き〜生長
子吹きした子株を植え付けて5年後。

根が上手く張らずに枯れてしまった株もありましたが、ずいぶん大きく育ちました。
日を浴びて青々としています。

すき間がなく窮屈そうなので、そろそろ植え替え時です。

6.増やし方〜さし木(胴切り)〜植え付け

サボテン栽培 増やし方〜さし木(胴切り)〜植え付け
別のサボテンですが、さし木(胴切り)の実例です。

株の適当な所で水平にカットします。
切り口の周りを斜めにそぎ落とし、1ヶ月くらい乾燥させます。
乾燥した用土に植え付け、根が出るまでは日焼けを防ぐためにティッシュをかぶせておきます。
根が1~2mmほど出てきたらたっぷり水をあげます。

写真は切り口の周りを斜めにそぎ落としたところです。

古くなった株や姿の乱れた株を再生したい時にも有効です。

7.増やし方〜さし木(胴切り)〜生長

サボテン栽培 増やし方〜さし木(胴切り)〜生長
さし木(胴切り)して5年後。

しっかり根付いて育っていますが、
日に向かって曲って伸びてしまいました。
徐々に向きを変えて修正します。

さし木して6年後。
園芸日記 → https://www.shuminoengei.jp/?m=pc&a=page_mo_diary_detail&...

8.寄せ植え〜準備 1

サボテン栽培 寄せ植え〜準備 1
子吹きで増やして生長した子株を植え替えを兼ねて寄せ植えにします。

数日前から水をやらずに鉢土を乾燥させておきます。
株を鉢から抜いたら古い土は全部落とします。
伸びすぎた長い根は1cm程度に切り戻します。
病気や根腐れを防ぐため、日陰で2〜3日、切り口を乾燥させておきます。

写真は鉢から抜いて土を落としたところです。
株の大きさに比べたらずいぶん長く伸びた根にびっくりです。

9.寄せ植え〜準備 2

サボテン栽培 寄せ植え〜準備 2
子株といっしょに植え付けるサボテンの苗を購入しました。

購入したサボテン
金鯱、黄金司、尾形丸、般若、鬼雲丸、玉翁

どれもホームセンターで1つ128円でした。

10.寄せ植え〜準備 3

サボテン栽培 寄せ植え〜準備 3
購入したサボテンの苗の土を落とし、伸びすぎた長い根は1cm程度に切り戻しました。
日陰で2〜3日、切り口を乾燥させて寄せ植え準備完了です。


※そだレポ ~続・サボテン栽培~ へ続く

開花期

わたしの育て方

☆栽培環境
一年を通して東南向きのベランダに置いています。
午前中は日なた、午後は明るい日かげ。
風通しは良好。

☆水やり
過湿、過乾を避けます。
春と秋…乾いたらたっぷり。
夏…控えめ。早朝に行います。
冬…小苗なので乾き過ぎない様に月2〜3回。真冬は断水。

☆肥料
植え替え時の元肥のみ。

☆病気と害虫
今までに経験なし。

☆用土と鉢
用土…サボテン・多肉植物用培養土。
鉢…素焼き鉢。大きな鉢なので寄せ植えにしています。
※適しているのは乾き過ぎないプラスチック鉢だそうです。色は鉢内の温度が上がる黒が良いそうです。サイズは小さめでサボテンの直径よりふた回り大きな鉢。

☆主な作業
日に向かって成長するので時々鉢の向きを変えています。
用土の更新と長く伸びた根を整理するため、時々植え替えます。時期は真夏と真冬を避けます。
※出来るだけ毎年植え替えると良いそうです。
子吹き(親株から子株が出る)するので子株を離して増やせます。
みんなの趣味の園芸にログイン/登録する

※コメントの書き込みには会員登録が必要です。

投稿する植物を探す

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

期間限定特集 <プレゼント当たる!>

ピックアップ
テキストこぼれ話

6月号テキストこぼれ話
アジサイにまつわる話を公開中!(前編)

アジサイ人気の高まりと、現在に至るまでの変遷を川原田邦彦さんに伺いました

今、熱い植物

今、熱い植物 第12回
“棘と葉を強光で鍛える…アガベ”

2つめの多肉植物として、アガベを選ぶ人がふえている

「朝顔チャレンジ」

「朝顔チャレンジ」
みんなでアサガオ観察をしよう!

みんなでアサガオの成長から開花までを見守る応援企画。あなたのアサガオを紹介してください♪

定期購読2018
投稿募集中 from テキスト編集部
「バラの病害虫対策ノート」の使い方

「バラの病害虫対策ノートの」の使い方
みんなの使っている様子を募集中!

「園芸栽培ノート2018」の使い方

「園芸栽培ノート2018」の使い方
みんなの使い方、アイデア募集中!

見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

テキスト人気連載をWEBで毎月お届け。人気の高まる多肉植物や観葉植物に注目し、その魅力を紹介

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

今年の夏は緑のカーテン

今年の夏は緑のカーテン

緑のカーテンの作り方やおすすめ植物、実践事例などを紹介しています

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

園芸LOVE 原田が行く

園芸LOVE 原田が行く

「みんなの趣味の園芸」スタッフであり『趣味の園芸』シニアエディター・原田による園芸エッセイ

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!