リトープスの実生(秋蒔き)

yakumo
yakumoさん
植物名 メセンの仲間(冬型)
品種名 リトープス
地域 北海道 場所 室内 栽培形態 鉢植え
日当たり 日なた(1~3時間) 満足度

栽培ストーリー(わたしの育て方レポート)

リトープスの実生(秋蒔き)

リトープスの実生(秋蒔き)

作成日:2016/10/12

リトープスの実生について。
手探り状態ですが、覚え書きを兼ねて書き込んでみようかと思います。

北海道在住です。同じ北国の方と栽培方法の共有をできたらなぁ~と考えております。

機会があれば春蒔きのレポもしたいと思います。

18
  • 9/17の発芽状況

    1

  • 10/1の発芽状況1

    2

  • 10/1の発芽状況2

    3

  • 10/12実生リト

    4

  • 10/26 53日目

    5

  • 11/25  83日目

    6

  • 脱皮の兆候

    7

  • 謎の不調

    8

  • 155日目

    9

  • その後…追記

    10

1.9/17の発芽状況

リトープスの実生(秋蒔き) 9/17の発芽状況
蒔いたのは9/4です。
品種にもよりますが、3,4日位で発芽が始まりました。
紫勲系など、比較的大きめな種子は発芽が早い気がします。

写真は9/17時点の写真です。
小さいながらもすでにリトの姿です。

2.10/1の発芽状況1 注目!

リトープスの実生(秋蒔き) 10/1の発芽状況1
全体的に出そろった感じです。
徐々にですが、大きくなっています。

難しい管理は特にしていませんが、定期的に受け皿の水を交換し、こまめにベンレートで消毒しております。

3.10/1の発芽状況2 注目!

リトープスの実生(秋蒔き) 10/1の発芽状況2
一つのセルに20~30粒くらい蒔いております。
発芽率は良好ですが、やはり品種によってばらつきがあります。

4.10/12実生リト

リトープスの実生(秋蒔き) 10/12実生リト
それ程代わり映えしないかもしれませんが、本日の様子です。

最近はぐっと寒くなり、先日初霜が観測されました。
冬場の管理が悩ましいところです…。

5.10/26 53日目

リトープスの実生(秋蒔き) 10/26 53日目
種を蒔いて53日目。
すっかりリトらしい姿になりました。
アルビニカは特に大きくなっており、30粒ほど蒔きましたが、発芽率も良好です。

鳴弦玉が丸っこくて可愛いです。

他も概ね良好。
大きいものは5mmほどになってます。
春に蒔いたものより生育が良いです。

腰水管理をやめ、乾かないように霧吹きで水やりに切り替えました。

6.11/25 83日目

リトープスの実生(秋蒔き) 11/25  83日目
週一でペンタガーデンを施肥。成長にバラツキが出る原因はなんなんでしょうか...

う〜ん...

7.脱皮の兆候

リトープスの実生(秋蒔き) 脱皮の兆候
脱皮を開始している個体が出てきています。

*鳴弦玉C43

*MIX

8.謎の不調

リトープスの実生(秋蒔き) 謎の不調
実生を開始してから109日目です。

全体的に脱皮の兆候が現れて喜んだのもつかの間、ピーターズブルグのみ謎の不調に襲われています。
柔らかくなって溶ける…という原因不明の症状です。
日焼け等々考えましたが、どうやら違うよう…
植え替えしてみたけど、症状の改善は見られません。
一見大丈夫そうに見えますが、右側の上から2番目が柔らかくなっています。

せっかく順調と思われたのに…何個生き残ることやら…

9.155日目

リトープスの実生(秋蒔き) 155日目
実生を開始してから155日目。
アルビニカは続々と脱皮完了し、新しい顔が見えました。
大変美しいです。サイズは大きい物で5mmほどです。

他の品種も続々と脱皮を完了させつつあります。

今回の実生で分かったことは、秋に蒔いた方が管理が楽という事です。北海道の窓越しの冷気にもびくともしないです。
取りあえずそだレポは今回で終了にします。
実生っ子達のその後は、日記にて更新致します。

10.その後…追記

リトープスの実生(秋蒔き) その後…追記
一度目の脱皮が終わったくらいに植え替えをした方が、その後の生育に良いと思われます。

一年経ったら植え替えようと放置していましたら、何となく生育が滞ってしまいました。
面倒なので盆栽平鉢にまとめ植え。
植え付ける際に伸びすぎた根をカットしました。

開花期

わたしの育て方

栽培環境:北海道在住。一日3時間程の日照がある出窓。

水やり:腰水管理。
    徒長気味な苗が出てきたら、腰水をやめる。
    乾かないように霧吹きで水やり。

肥料:培養土にマグアンプを少量混ぜ込んでいる。
   全体的に大きくなって来たので、ペンタガーデンを施肥。調子がよさそうです。

用土:砂礫系の多肉植物用培養土(楽天 石田清華園で購入)に、くん炭を混ぜ込む。表土は赤玉土細粒。

鉢:セルトレー

主な作業:培養土は熱湯で消毒。ベンレート水和剤を散布して消毒する。

MIXを含めて16種類くらい蒔きました。

発芽までは透明な蓋を被せる。
発芽が始まったら取った方が良い。今回は培養土の熱湯消毒を怠ったため、カビが発生してしまった。
ベンレートで消毒し、通風を確保しつつ日光に当てたところ、幸いにもカビは消滅した。
影響が出る可能性があるのでおすすめ出来無いが、台所用のアルコールを散布したのもカビに効果があったよう…
みんなの趣味の園芸にログイン/登録する

※コメントの書き込みには会員登録が必要です。

投稿する植物を探す

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

ピックアップ
テキストこぼれ話

3月号テキストこぼれ話
山野草にまつわる話を公開中!

ギリシャで乾燥に耐えて生きる植物の生態は?(前編)

今、熱い植物

「今、熱い植物」第9回
"原種ベゴニア、百葉繚乱"

ベゴニアは新しい種類がまだまだ見つかるという発展途上の魅力がある

投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!