ミディ胡蝶蘭のハダカ栽培記録

植物名 コチョウラン(胡蝶蘭)
品種名 サクラヒメ(たぶん)
地域 千葉県 場所 室内 栽培形態 鉢植え
日当たり 明るい日陰 満足度

栽培ストーリー(わたしの育て方レポート)

ミディ胡蝶蘭のハダカ栽培記録

ミディ胡蝶蘭のハダカ栽培記録

作成日:2017/06/03

植え込み材なしでの着生ラン栽培に挑戦中!
これなら初心者でも根腐れさせずに育てていけるんじゃないかと思い、ホームセンターで入手した値下げ品を元気な開花株となるまで世話していきます。
私と同じようにホームセンターなどで値下げ品を購入する方々の目に届いて、情報交換などできたら嬉しいです。

当方で最年長のミディ胡蝶蘭「1号」の記録を載せていきます。2016年夏から栽培開始、目指すは開花!

22
  • 2016.7.26

    1

  • 2016.8.17

    2

  • 2016.12.31

    3

  • 2017.1.13

    4

  • 2017.1.21

    5

  • 2017.2.4

    6

  • 2017.2.20

    7

  • 2017.3.2

    8

  • 3017.3.16

    9

  • 2017.3.30

    10

  • 2017.4.9

    11

  • 2017.6.2

    12

  • 2017.9.8

    13

  • 2017.11.14

    14

  • 2017.12.19

    15

  • 2017.12.25

    16

  • 2018.1.11

    17

1.2016.7.26

ミディ胡蝶蘭のハダカ栽培記録 2016.7.26
我が家のラン第1号です。ホームセンターの値下げコーナーで出会い、ワンコインにて購入。葉は5枚あり、ミズゴケに植わっていた根も元気そうでした。
水の切れや通気性もよく、植物性であることから100円の杉のカゴに入れて、金網で組んだ棚にフックでぶら下げています。
マンション2階のベランダで、日当たりは午前中のみ直射が入ります。

2.2016.8.17

ミディ胡蝶蘭のハダカ栽培記録 2016.8.17
葉焼けしてしまいました。真夏の直射日光は、たとえ少しの間でも当ててはいけないという教訓です……
購入時は青々としていた葉が、1枚、また1枚、と落ちていきます。このときほぼ毎日、朝晩水をかけていましたが、すぐに乾いてしまい、まだ始めたばかりなので水切れが心配でした。

3.2016.12.31

ミディ胡蝶蘭のハダカ栽培記録 2016.12.31
秋の間に、保湿しようとして杉のカゴごとビニール袋をかぶせたら、カビが生えてしまいました。隙間から根がはみ出てきていたため、カゴを切り刻んで1号を取り出しました。
その後、いろいろ試行錯誤した結果、シリコン製の柔らかいカップに入れてカーテンレールからぶら下げることにしました。これなら暖房の風に当たらないし、カーテン越しに日が当たって、目の高さにあって観察もしやすいからです。

4.2017.1.13

ミディ胡蝶蘭のハダカ栽培記録 2017.1.13
レースのカーテン越しにも関わらず葉焼けしてしまった1号君です。
シリコンカップに入れるようになってから半月ほどが経ちました。葉は1枚になってしまってハラハラしていますが、硬くて青々としていますし、なにより根が元気そうですので、大丈夫。うん、大丈夫……たぶん。

5.2017.1.21 注目!

ミディ胡蝶蘭のハダカ栽培記録 2017.1.21
新しい葉が出てきました!
寒がりな私がいつも暖房つけてて温かいリビングなので、復活が早かったのかもしれません。

6.2017.2.4

ミディ胡蝶蘭のハダカ栽培記録 2017.2.4
新葉が、すくすく成長しています。
ほぼ同時に2枚が伸びてきたのだけど、上から2番目の葉は葉先が縮れてしまって、ほとんど成長しないようす。おそらく、生長点付近に水がたまったか何かで、雑菌にやられたってことなんだろうと思います。
ちなみにこのとき既にファレノが5株に増えています(苦笑)

7.2017.2.20 注目!

ミディ胡蝶蘭のハダカ栽培記録 2017.2.20
順調に葉が成長しています。
そして、今までは現存する先端が伸びたり、一部分から派生したりしていた根っこが、株元の茎にあたる部分から新しく出てきました!
初々しい黄緑色で……とっても可愛らしいです。

8.2017.3.2

ミディ胡蝶蘭のハダカ栽培記録 2017.3.2
縮れてしまった葉も含めて、新しく3枚の葉が出てきました。そういえば、ファレノって1年に何枚程度の葉を出すのかな、とふと素朴な疑問が出てきました。
花芽が出てくるのは上から数えて3番目の葉の付け根だ、という情報を見ましたが、花芽ひとつにつき葉は最低3枚必要ということなんでしょうか。

9.3017.3.16

ミディ胡蝶蘭のハダカ栽培記録 3017.3.16
シリコンカップの中にそのまま入れていると、デンファレなど背が高いものは倒れてしまったり、葉の枚数が多く重量があるものは根が折れてしまうと分かりました。
なので……
「細長くて。L字になってて。ひっかけられる穴が空いてて。金属じゃなくて。耐水性があって。軽くて。衝撃や傷に対して、ある程度の強度があって。安いもの。←重要」
を考えた結果、「オタマにくくりつける」ことにしました。意外とぴったり!?w

10.2017.3.30

ミディ胡蝶蘭のハダカ栽培記録 2017.3.30
週に一度くらいの給水中。
オタマに縛り付ける、という環境の変化に驚いたのか、葉や根の伸長がやや遅くなりました。直接の陽が根にも当たるので、そこから逃れるために先っぽがギュンと方向転換しようとしているようです。

11.2017.4.9

ミディ胡蝶蘭のハダカ栽培記録 2017.4.9
あまりに変化が少なくて、むしろ冬場の暖房下にあった時の方が活発だった1号。
はじめは環境の変化かなと思ったんですが、すべての胡蝶蘭が同じ状態なのと、あまりに長いので、どうやら温度的に活動が止まってしまったっぽいです。(デンドロとオンシは根っこワサワサ出てきてて絶好調なんで、時間的には環境の変化から適応できてるはず)
ゴールデンウイークあけくらいから動き出すかな。楽しみです。

12.2017.6.2

ミディ胡蝶蘭のハダカ栽培記録 2017.6.2
もうすぐ我が家に来て1周年の1号、2度目のベランダです。
暖かくなってきたので、根がまた動き出しました。葉はまだ変わりないみたいですが、まぁまた伸びてくるでしょう、いやーよかったよかった。
夏の間にどれだけ葉が茂るかが大事っぽいので、これからの季節はスプレーに精を出さねばです。

13.2017.9.8

ミディ胡蝶蘭のハダカ栽培記録 2017.9.8
真夏の間、ベランダの置き場所があまり良くなくて、室外機の熱風が当たりまくってました。当然、霧吹きしたところですぐにカラカラに……というわけで室内へ避難。
状態としては、根も葉も順調だし元気そう。なにより葉の枚数が増えだしてて、とても嬉しい。冬にラス1だよー…と言ってた葉が、ずっと健在。花は気長に待つこととして……長生きしてほしいなぁ。

14.2017.11.14

ミディ胡蝶蘭のハダカ栽培記録 2017.11.14
新しい葉が伸びてくるにつれて古い葉が落ちてしまい、結局3枚に。秋に入ると、ラス1で頑張ってくれた葉が徐々にカラッカラのスッカスカになっていき、役目を終えて株もとからポロリと……お疲れさまでしたァッと言いながら処分しました。
相変わらず根は元気で、休まず伸び続けています。オタマの内側でモゾモゾしてるものが大半ですが、中にはオタマの裏手にまわってぐるっと下まで回ってるものもあります。

15.2017.12.19 注目!

ミディ胡蝶蘭のハダカ栽培記録 2017.12.19
もしや、もしや、花芽!?
3枚目の葉の付け根から、何かが出てこようとしているようです。
花芽でしょうか!?ドキドキ、ハラハラ。

16.2017.12.25

ミディ胡蝶蘭のハダカ栽培記録 2017.12.25
少しずつ伸びてきました…やはり花芽のようです!うひょー!!!
暖かい時期でも花芽が出てから開花まで1ヶ月かかるみたいなので、(オンシジウムの例もあるし)今の時期だと2ヶ月くらい?でしょうか。ああ~、待ち遠しい。

17.2018.1.11

ミディ胡蝶蘭のハダカ栽培記録 2018.1.11
花芽が順調に伸びています。いま7センチくらい。
発見した12/19を含めて今日で14日目なので、平均して1日に5ミリくらい伸びてる計算になりますね。
開花まであと何日だろ……待ち遠しい~!

わたしの育て方

ランの栽培=難しそう
 =ミズゴケ管理が大変そう
 =ランって着生植物が多いのか
 =植え込み材なくても育つんじゃ?
 =やってみたい!

ということで。
入手したら植え込み材を外してスッポンポン、からの根っこを空気に晒して「手乗り文鳥」ならぬ「手乗りラン」で、葉も茎も根もナメるように360℃観察。ペットのように愛でてラン中毒になっています。
目指せ元気な開花株!

■はじめに
1.株を購入。
2.水に浸けて根をやわらかくする。
3.ミズゴケやバークなど植え込み材をだいたい取り除く。
4.株をオタマに括り付けて、カーテンレールやメタルラックに吊るす。
■その後
5.毎日観察、朝晩スプレー。
※特に根をよく見て、透明感のある黄緑色の先端が見え始めたら適応成功、ひと安心。葉が伸びても、根に動きがないときは要注意。
※寒いときのスプレーは30~40℃くらいの温水で。乾燥対策として透明ビニール袋を上からかぶせ、カビが見えたときは一時的に袋を外して乾かす。
※暑いときのスプレーはできれば毎日朝晩たっぷり。それでも葉がフニャフニャで給水できていない株がいたら、それを個別に水に浸ける。

主な世話は以上です。

2016年の夏に栽培開始。
ずーっと、病気も起こさず虫にも食われていません。
2017年12月末、花芽が出てきました!

コメント コメントを書く

2017/10/20
「いやはや、素晴らしいです。」ご苦労さんです。meika と言います。

胡蝶蘭は、3度も冬に枯らした経験があります。
同じ苦労するならと、簡易フレーム購入したが、ヒーター購入時に勤務があり、ベランダ栽培も火災が心配でもう諦めました。新居購入時の古い話です。
結局は、「高温多湿に育つ胡蝶蘭は、当然、枯らしました。」
もう、金輪際、胡蝶蘭は花後は捨てるもので、育てるものでないと考えています。
だって、当時は購入して観賞するだけがラクだったからです。
結局、簡易フレームのみ残り、斑入り観音竹栽培にハマりました。
 育てるのに、温暖化した地球とはいえ、冬2月の援助の仕方を拝見させていただきました。根のミズコケも除去、プラ容器に根と茎と葉を霧吹きで窓際吊り下げの管理は、すごい援助です。「恐れ入りました、大変で細かな援助!」ただ、真冬の2月は窓際から離した方が、いいのではないか。冬越しは、そうされていると思います。失礼。
この胡蝶蘭の冬越しは、大変な作業だが正解ですね。
 植物の水、温度、光との対処の仕方はその植物に合わしてあげないと。
 冬のお世話、日々大変だと思いますが、これからも援助してやってください。
2017/10/30
こんばんは

H29年 今年の8月からへゴ、流木付け栽培を行ってます。

Hp参考できました。

参考にしながらへゴ、流木付け頑張って見ます。

子育て頑張って下さい。
2017/11/18
meika さん、コメントありがとうございます!
ランというのは、成長はゆっくりのくせに調子崩すとアッという間に枯れますよね……1年で半数近くを失くしてしまいました。今でも、展示会のキレイな株はなかなか買おうと思いません(笑)
現行でどれだけランが栽培できるかわかりませんが、今のところは不可能でないようなので続けています。(モノによるでしょうけども)
こんなスパルタ栽培にもかかわらずオンシジウム(トゥインクル)が花芽を伸ばしてくれたので、まだまだとうぶんハマってしまいそうです(^^)
2017/11/18
ラムパパ さん、コメントありがとうございます!
私も当初は、板や棒に付けることを考えていました。自然をそのまま切り取ったような、野性味あふれる鑑賞方法ですよね……板付けのほうが保水・肥料維持・根の安定もランに合ってると思いますので、いつかは挑戦したいです。
お写真拝見しました~、花が咲いたら賑やかになりそうですね(^.^)
おおHPまで見ていただいて…ありがとうございます。調べてみて分かったことのメモは、通常の育て方だけでなく、トラブル時の対処方法なんかもまとめていくつもりです。随時更新していくので、たまに見てやってくださると励みになります。
ラン栽培と子育て、楽しみながら頑張りたいと思います!
おはようございます(^-^)

お玉で育てていらっしゃるのは根が見えので、加湿で弱っている子を復活させるのにはとても良いですね✨

我が家は花が終わった子を頂き、瀕死の子を裸でビニールに入れて育てています。
朝晩霧吹きしながら「ミイラ君頑張って💓」と応援してます♪
2017/12/28
娘と息子は5匹の猫 さん、コメントありがとうございます!
100円ショップなどに行くと、オタマをチェックしてしまう癖がついてしまいましたσ(^◇^;)
ハダカ栽培だと根腐れがぜんぜん怖くないし、余ったミズゴケの処理も考えなくていいので、気が楽です(笑)

娘と息子は5匹の猫さんもファレノレスキューしてるんですね!
「ミイラ君」見ました、あそこまでボロボロだとホントに瀕死……私だと諦めちゃいそうです。なんとか持ち直して、元気になってほしいですね。ミイラ君がんばれー!!
みんなの趣味の園芸にログイン/登録する

※コメントの書き込みには会員登録が必要です。

投稿する植物を探す

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

ピックアップ
テキストこぼれ話

2月号テキストこぼれ話
多肉植物、サボテンにまつわる話を公開中!

最近の多肉ブーム、靍岡さんも驚きと発見の連続の南アフリカ自生地巡り(前編)

特別対談

テキスト人気連載「今、熱い植物」
WEB掲載スタート!
第1~8回まで公開中

これまでの連載を紹介する、アーカイブ公開がスタートしました!

新着日記写真
雪の朝
2018/01/23
シンビジウム
2018/01/23
雪すごっ!
2018/01/23
雪だから
2018/01/23
積もりました
2018/01/23
黄房水仙の花
2018/01/23
投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!