瀕死の8号が元気になるまで

植物名 コチョウラン(胡蝶蘭)
品種名 アンスラ カーリー
地域 千葉県 場所 ベランダ 栽培形態 鉢植え
日当たり 明るい日陰 満足度

栽培ストーリー(わたしの育て方レポート)

瀕死の8号が元気になるまで

瀕死の8号が元気になるまで

作成日:2018/01/08

2017年2月末、お迎えしてから、ずーっとウンともスンともいわなかった8号。もはや、じわじわ衰弱して枯れるのを待つのみか……
と思いきや、ようやく動いてくれました!!

実は、11号(ファレノ)も同じように葉も根も長らく動きなしで心配していたのですが、どうせ枯れてしまうのなら、と「しいたけエキスで復活なるか実験」してみたのです。すると1ヶ月ほど経ってから、葉と根が動き出したんですよ!

3

いいね!した人

※ゲストでいいね!した人は表示されません。

  • 2018.1.8

    1

  • 2018.1.17

    2

1.2018.1.8

瀕死の8号が元気になるまで 2018.1.8
半ば諦めていた8号。同じように衰弱していた11号が回復の兆しを見せたのを、自分も続けと言わんばかりに葉を出しかけてきました!
スプレーしちゃったあとに気がついたので、写真では光が反射してすんんごく分かりづらいんですが、数日前までなんにもなかった葉の付け根に! 何かが!!
しいたけ液の効果なのかどうかは定かじゃないですが、タイミング的に全くの無関係とはいいづらいし、きっかけのひとつにはなったのかも。

2.2018.1.17

瀕死の8号が元気になるまで 2018.1.17
すこーしずつ、新葉の頭が横からも見えるくらい伸びてきました。
今までいくつかのファレノの様子を見てきましたが、まず新葉が出てきて、次に新根が伸びて、という順番のようですね。葉が出たあと根に動きがない株は、いくら水をかけても浸けてもそのまま枯れてしまったので、「ランは根を育てる」というのは、まさしくその通りだと思います。
8号も根が出るまでは、油断できないぞ…!

わたしの育て方

植え込み材を使わない、ハダカ栽培のひと株です。2017年の2月末に我が家へお迎えしました。

暖かい間はベランダで、寒い間は室内で、朝晩ひたすらスプレーしています。
本来は成長期である夏の間に液体肥料をあげたかったのですが、根が全く動かず、新葉も出る気配すらなく、じわじわと衰弱してしまっています……

あと数週間で1年が経とうという時期になって、ようやく、ほんとうに、よ~うやく、動きが出ました! 嬉しくて嬉しくて、そだレポにします!!
みんなの趣味の園芸にログイン/登録する

※コメントの書き込みには会員登録が必要です。

投稿する植物を探す

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

ガーデニングのあとは

スッキリ&らくらく 快適キッチン術

キッチンを快適に使いこなす方法を紹介! 抽選で10名様に本格・軽量の剪定バサミも当たります。

詳しくはこちら
ピックアップ
テキストこぼれ話

2月号テキストこぼれ話
多肉植物、サボテンにまつわる話を公開中!

最近の多肉ブーム、靍岡さんも驚きと発見の連続の南アフリカ自生地巡り(前編)

特別対談

【特別対談・番外編】
小笠原左衛門尉亮軒(ご隠居)× 朝井まかて(直木賞作家)

江戸の園芸文化に造詣が深い二人の特別対談をお届け(番外編・全3回)

投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!