涼しく快適!節電効果も!今年の夏は緑のカーテン

緑のカーテンの効果

緑のカーテンには単なるカーテン以上のさまざまなメリットがあります。みんなを緑のカーテンへと駆り立てるその理由を、4つの効果から解き明かします。

日差しを遮る

 適期にタネをまいたり苗を植えつけたりすれば、ぐんぐんつるが伸びて葉が茂り、真夏にはテラスやベランダを覆う葉っぱのシェードに。夏の強い直射日光をカットします。外部からの視線も葉がやわらかに遮ってくれるので、普通のカーテン同様、目隠しの役割も果たします。

日差しを遮る

 植物は、根から吸い上げた水を葉から蒸散させて、自分の温度が上がらないようにしています。そのため、蒸散作用がないすだれなどに比べて放射熱がぐっと少なく、周囲の気温はわずかに下がります。また、蒸散によって気温が下がった葉の間を通り抜けてくる風も、私たちに涼感をもたらしてくれます。

日差しを遮る

 植物は日中、日光を浴びて光合成を行い、二酸化炭素を吸収して、代わりに酸素を排出します。 つまり、緑のカーテンを通過した空気は、できたての酸素をたっぷり運んでくるのです。

日差しを遮る

 日ざしを遮り、気温を下げ、さらにカーテンの間を通って心地よい風が吹き込むと、実際の気温より涼しく感じます。電源もエネルギーも使用しない、まさにこれからの時代にふさわしい自然のエアコンです。そのため、エアコンをあまり使わずに済むことも多く、節電(つまり、電気代の節約)できるのもうれしいところです。

緑のカーテン用植物の購入はこちら

イラストでわかりやすい!緑のカーテンの育て方 イラストでわかりやすい!緑のカーテンの育て方を購入する
(NHK出版サイトの購入ページへ移動します。)
図解たっぷり これで今年は失敗しない! NHK趣味の園芸 イラストでわかりやすい!緑のカーテンの育て方 緑のカーテン作りの参考に!
植物の葉で夏の厳しい日光を遮り、涼しく快適にしてくれる人気の「緑のカーテン」。植えつけや仕立て、花や実を楽しむためのテクニックはもちろん、台風の対処法や秋の片づけといった役立つ情報まで、イラスト満載で解説。初めての人にも、去年はうまく育たなかったという人にもおすすめの一冊です。
監修 島田有紀子/尾崎 忠

はじめてでも大丈夫。ポイントをイラストでわかりやすく解説しています。

  • NHK趣味の園芸 イラストでわかりやすい!緑のカーテンの育て方
  • NHK趣味の園芸 イラストでわかりやすい!緑のカーテンの育て方

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

ピックアップ
テキストこぼれ話

2月号テキストこぼれ話
多肉植物、サボテンにまつわる話を公開中!

最近の多肉ブーム、靍岡さんも驚きと発見の連続の南アフリカ自生地巡り(前編)

特別対談

テキスト人気連載「今、熱い植物」
WEB掲載スタート!
第1~8回まで公開中

これまでの連載を紹介する、アーカイブ公開がスタートしました!

投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!