ヨトウムシ(ヨトウガ)

善林六朗[園芸研究家]

初期症状
葉裏をかすり状に、さらには網目状に食害する。
進行したとき
幼虫が多発すると、植物は丸坊主にされて、生育が悪くなる。

ヨトウムシ(ヨトウガ)とは?

 ヨトウムシ(ヨトウガ)は、幼虫が野菜、草花、果樹など広範囲の植物に寄生し、葉、茎、花や蕾、果実などを食害します。成虫は灰褐色のガで、葉裏に茶色の卵塊(らんかい)を産みつけます。ふ化した幼虫は周辺の葉などを食べて成長し、老熟すると土中で蛹(さなぎ)になり、やがて成虫になります。

▼どんな被害が起こる?

 ふ化した幼虫は集団で、最初は近くの葉裏をかすり状に、やがて葉を網目状に食べ進みます。成長した幼虫は周辺に散らばり、葉、花、茎などを食べます。
 老熟した幼虫は、昼間は植物の根元近くの地中などに潜み、夜は地上に出て植物を食い荒らします。そのため、幼虫が多発すると、植物は丸坊主にされたりして生育が悪くなるうえ、草花では観賞価値も損なわれます。

▼よく見るヨトウムシ類

 ヨトウガと近い仲間には、ハスモンヨトウ、シロイチモジヨトウなどがいます。これらの形態や性質はヨトウガと似ていますが、卵塊が灰褐色の鱗毛(りんもう)で覆われています。また、ヨトウガの発生が春と秋に多いのに対し、これらは夏から秋に多く発生します。

▼一般的な防除の方法

 殺虫剤を使用せずに防除するには、葉裏の卵や幼虫の食害痕を早期に発見し、卵や幼虫を見つけしだい、葉ごと取り除いて捕殺するなどの処置をします。また、食害痕とふんがあるのに虫がいない場合は、幼虫が植物の根元付近の地中や物陰に潜んでいるので、場所の見当をつけて棒などで探し出して処分します。
一方、適用のある薬剤がある植物であれば、殺虫剤による防除も有効です。その場合、幼虫は成長するにしたがい殺虫剤抵抗性が強まり、防除効果が低下するので、幼虫が小さく集団でいるうちに散布することがきわめて大切です。

薬剤を使用する際は、その薬剤の使用条件が、対象植物、病気や害虫、防除したい方法と合っていることを、ラベルなどで確認してください。
ハスモンヨトウの若い幼虫
ブロッコリーの葉裏をかすり状に食害するハスモンヨトウの若い幼虫の集団。
ハスモンヨトウの鱗毛で覆われた卵塊
ハスモンヨトウの鱗毛で覆われた卵塊。
ヨトウガの老熟した幼虫
ゼラニウムの葉を食害するヨトウガの老熟した幼虫。
ハスモンヨトウの老熟した幼虫
ハクサイの葉にいるハスモンヨトウの老熟した幼虫。

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

ピックアップ
テキストこぼれ話

3月号テキストこぼれ話
山野草にまつわる話を公開中!

ギリシャで乾燥に耐えて生きる植物の生態は?(前編)

今、熱い植物

「今、熱い植物」第9回
"原種ベゴニア、百葉繚乱"

ベゴニアは新しい種類がまだまだ見つかるという発展途上の魅力がある

投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!