灰色かび病

善林六朗[園芸研究家]

初期症状
花、葉、果実などに、水がしみたような淡褐色の病斑ができる。
進行したとき
拡大した病斑の部分が枯れて腐敗し、灰色のカビで覆われる。

灰色かび病とは?

 灰色かび病は野菜、草花、果樹など多くの植物の、蕾、花、果実、葉、茎など地上部の大部分に発生します。最初は水がしみたような淡褐色の病斑ができ、病斑が拡大するとそこが枯れ、やがて腐敗して灰色ないし灰褐色のカビに覆われます。花弁では白色、褐色などの小さな斑点が多数発生し、やがて花全体が枯れ、そこに灰色のカビが密生します。

▼どんな被害が起こる?

 発病した部分の組織が枯れるため、蕾、花、果実、葉などに発生すると、生育を阻害するだけでなく、観賞価値や収量が低下します。特に、枝や茎が侵されると、そこから上の部分が枯れて大きな被害を受けることがあります

▼どんなときに発生しやすい?

 やや冷涼な多湿の環境で発生しやすいため、春先から梅雨にかけての時期と、秋から初冬にかけての時期で、雨が多いと多く発生します。また、衰弱した植物、咲き終わった花、枯れた花弁がついた果実や萼、老化した葉や枯れ葉などに発生しやすくなります。

▼一般的な防除の方法

 植物が込み合い、風通しが悪く湿度が高い状態を避け、植物を健全に育てます。湿気が多い土壌の場合は高畝にし、ビニールマルチなどを行います。水やりは株元に与えるように心がけ、かつ最小限の水やりにとどめます。また、黄色く老化した葉や枯れた葉は、観賞に支障がないかぎり取り除きます。咲き終わってしおれた花、果実や萼についている枯れた花がらも、見つけしだい摘み取ります。
発病部は病気が周辺にまん延する源になるので、見つけたら直ちに切除しましょう。適用のある薬剤がある植物で、薬剤を使用する場合は、発病し始めの時期から病気が続いている間、発病部を取り除いたのち薬液を散布します。

薬剤を使用する際は、その薬剤の使用条件が、対象植物、病気や害虫、防除したい方法と合っていることを、ラベルなどで確認してください。
老化した葉の地際の部分が発病したレタス
老化した葉の地際の部分が発病したレタス。
発病して灰色のカビを生じたラズベリーの果実
発病して灰色のカビを生じたラズベリーの果実。
発病し、灰色のカビに覆われたバラの蕾
発病し、灰色のカビに覆われたバラの蕾。
枝と葉が発病したニチニチソウ
枝と葉が発病したニチニチソウ。

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

ピックアップ
テキストこぼれ話

3月号テキストこぼれ話
山野草にまつわる話を公開中!

ギリシャで乾燥に耐えて生きる植物の生態は?(前編)

今、熱い植物

「今、熱い植物」第9回
"原種ベゴニア、百葉繚乱"

ベゴニアは新しい種類がまだまだ見つかるという発展途上の魅力がある

投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!