疫病(えきびょう)

善林六朗[園芸研究家]

初期症状
葉、果実、茎などに、水がしみたような灰緑色や暗褐色の病斑を生じる。
進行したとき
白い霜状のカビが生じ、腐ったり枯れたりする。

疫病(えきびょう)とは?

 疫病は、野菜、草花、果樹、樹木など多くの植物で、葉、果実、茎、根などに発生します。一般に、葉や果実に発生した場合には、水がしみたような灰緑色の斑点が生じ、やがて暗褐色になります。茎や球根に発生した場合には暗緑色の病斑を生じ、そこがややくぼみます。多湿な環境では、病斑は急激に広がって白い霜状のカビが生じ、その部分は枯れます。根に発生した場合は、暗褐色の病斑を生じてくびれます。

▼どんな被害が起こる?

 発病した部分が腐敗したりして枯れるため、多くの部分で発病すると植物の生育は悪くなります。特に茎に発病すると、そこから上の部分がしおれて枯れることも多くあります。地際部や根に発病すると、株が枯れることもあります。そのため、野菜や果樹の収穫量が減ったり、草花の観賞価値が損なわれたりします。

▼どんなときに発生しやすい?

 春から秋にかけて多湿になると発生します。そのため、雨が多い梅雨と秋雨の時期に発生しやすくなります。土壌湿度が高い場所や、前年に疫病が発生した場所はともに発病しやすく、特に発病した種類と同じ植物を栽培すると発病しやすくなります。

▼一般的な防除の方法

 土壌湿度が高い場所は高畝にし、ビニールマルチなどを行います。発病しやすい植物や、発病したことのある場所での連作を避けます。水やりは株元に最小限与えるように心がけ、雨水などの排水に努めます。また、雨よけを行うと発病を減らせます。発病した枝葉や果実は見つけしだい切除します。地際部が発病した株やしおれた株は、周辺への伝染を防ぐため、株の周囲の土とともに取り除きます。
 適用のある薬剤がある植物で、薬剤を使用する場合は、発病時期に薬液を定期的に散布して予防します。発生後は、発病した部分を除去したのち薬液を散布します。

薬剤を使用する際は、その薬剤の使用条件が、対象植物、病気や害虫、防除したい方法と合っていることを、ラベルなどで確認してください。
疫病 トマトの葉
トマトの葉と葉柄に生じた暗褐色の病斑。
疫病 ナス
根に発病して地上部がしおれてしまったナス。
疫病 ジンチョウゲ
地際部の発病で立ち枯れ状態になったジンチョウゲ。
疫病 ボロニア
地際の幹と根に発病したため、地上部の一部が枯れたボロニア。

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

ピックアップ
テキストこぼれ話

3月号テキストこぼれ話
山野草にまつわる話を公開中!

ギリシャで乾燥に耐えて生きる植物の生態は?(前編)

今、熱い植物

「今、熱い植物」第9回
"原種ベゴニア、百葉繚乱"

ベゴニアは新しい種類がまだまだ見つかるという発展途上の魅力がある

投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!