ハムシ

善林六朗[園芸研究家]

初期症状
葉が食害される。種類によってはノミのように跳ねる。
進行したとき
葉や根が著しく食害される。根を食害されると、株がしおれ、枯れることもある。

ハムシとは?

 ハムシ類は、成虫の背中が硬い甲虫の仲間で、野菜、庭木、果樹、草花など広範囲の植物に寄生します。春から秋に発生し、成虫は葉を食べて土の中に産卵します。ふ化したウジムシ状の幼虫は、種類により、葉か根のどちらかを食べ、土の中で蛹(さなぎ)になります。この虫は、種類によって成虫の背中の色や模様、食べる植物の種類などが異なります。大きな害を与える代表的な種類は、背中が橙黄色のウリハムシと、黒い背中に黄褐色の斑紋があるキスジノミハムシです。ともに野菜を食害し、幼虫は根を食べます。庭木に寄生するハムシ類には、幼虫も葉を食べる種類が多く見られます。

▼どんな被害が起こる?

 ハムシが多数寄生すると、葉や根が著しく食害され、植物の生育は悪くなります。特に根を食害されると、株はしおれ、ひどい場合には枯れます。そのため、野菜などは品質が悪くなり収穫量も減ります。庭木や草花では観賞価値も下がります。

▼ハムシの仲間

 ハムシの種類は非常に多く、山野の植物にも広く発生が見られます。しかし、身近な植物に目立つ害を与える種類は比較的限られ、前述のほか、サンゴジュハムシ、ヘリグロテントウノミハムシ、クロウリハムシなどがあります。

▼一般的な防除の方法

 見つけやすい成虫を、動きが鈍い朝方など気温の低い時間帯に探して捕まえます。葉を食べる幼虫を見つけたら、払い落として捕殺したり、寄生する葉ごと摘み取ったりして処分します。野菜などは、周辺の土を銀色のポリエチレンフィルムで覆うと、成虫の飛来を少なくできます。
 適用のある薬剤のある植物で、薬剤を使用する場合は、根を食べる幼虫を防除するため、タネまきか植えつけの際に粒剤を土壌に混ぜ込みます。葉を食べる幼虫と成虫の防除には、その発生時に薬液を散布します。

薬剤を使用する際は、その薬剤の使用条件が、対象植物、病気や害虫、防除したい方法と合っていることを、ラベルなどで確認してください。
ウリハムシの成虫
ウリハムシの成虫。体長は約7mm。キュウリ、スイカ、カボチャなどを食べる。
キスジノミハムシの成虫
キスジノミハムシの成虫。体長は約3mmで、ノミのように跳ねる。ダイコン、カブ、ハクサイなどを食べる。
サンゴジュハムシの成虫
サンゴジュハムシの成虫。体長は約7mm。サンゴジュ、ガマズミ、ニワトコなどを食べる。
ヘリグロテントウノミハムシの成虫
ヘリグロテントウノミハムシの成虫。体長は約4mm。ノミのように跳ねる。モクセイ、ヒイラギなどを食べる。

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

ピックアップ
テキストこぼれ話

3月号テキストこぼれ話
山野草にまつわる話を公開中!

ギリシャで乾燥に耐えて生きる植物の生態は?(前編)

今、熱い植物

「今、熱い植物」第9回
"原種ベゴニア、百葉繚乱"

ベゴニアは新しい種類がまだまだ見つかるという発展途上の魅力がある

投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!