炭そ病(炭疽病)

善林六朗[園芸研究家]

初期症状
葉、茎、果実などに、灰褐色から黒褐色で、ややくぼんだ円形などの病斑を生じる。
進行したとき
病斑が拡大し中心部が灰色になったり、同心円状の紋を生じることもある。発病した部分は枯れる。

炭そ病(炭疽病)とは?

 炭そ病は野菜、草花、果樹、庭木などの葉、果実、茎、枝などに発生します。最初、葉や果実に発生した場合は灰褐色から黒褐色で円形の病斑を、茎や枝の場合は、同様の色で楕円形や紡錘形の病斑を生じます。
 病気が進んで病斑が拡大すると、中心部が灰白色になったり、同心円状の紋を生じたりし、果実、茎や枝では病斑部分がややくぼみます。また、病斑の中心部に小さな黒い粒が現れたり、湿度が高いときには、サーモンピンクの粘質物を生じたりもします。

▼どんな被害が起こる?

 発病した部分は枯れるため、多発すると植物の生育は悪くなります。特に、果実の場合は病斑の部分が腐り、茎や枝の場合は病斑が生じた部分から上が枯れるので、被害が大きくなります。そのため、野菜や果樹では果実の収穫量も減り、草花や庭木などでは観賞価値も下がります。

▼どんなときに発生しやすい?

 春から秋にかけて発生します。特に、比較的気温が高く、雨の多い梅雨や秋雨の時期に発生しやすくなります。密植したり、枝などが込み合ったりして、風通しの悪い場合も発生しやすくなります。前年に発病した果樹や庭木の場合は、葉や枝などに病原菌が潜み、発病の可能性が高くなります。

▼一般的な防除の方法

 野菜や草花は適正な密度に植え、果樹や庭木は込み合った枝を剪定し、風通しをよくします。剪定した枝は病気の発生源になるおそれがあるので、ゴミに出すなどして処分します。水やりは株元に行い、水が茎葉や果実にかからないようにします。発病した葉や茎などは見つけしだい取り除き、ゴミに出したり、土中に埋めたりします。
 適用のある薬剤がある植物で、薬剤を使用する場合は、発生時期に薬液の定期散布を行って予防します。発生後は発病部を除去したのち、薬液を散布します。

薬剤を使用する際は、その薬剤の使用条件が、対象植物、病気や害虫、防除したい方法と合っていることを、ラベルなどで確認してください。
炭そ病 キュウリの葉
キュウリの葉に発生した病斑。
炭そ病 カキの果実
カキの果実に発生した病斑(中央に見える部分)。カキの場合は病斑が黒い。
炭そ病 シャクナゲの葉
シャクナゲの葉に発生した大型の病斑。同心円状の紋が生じている。
炭そ病 ツバキの葉
ツバキの葉に発生した古い病斑。最初は小さな円形だった病斑が、拡大して融合し、不定形になった。

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

ピックアップ
テキストこぼれ話

3月号テキストこぼれ話
山野草にまつわる話を公開中!

ギリシャで乾燥に耐えて生きる植物の生態は?(前編)

今、熱い植物

「今、熱い植物」第9回
"原種ベゴニア、百葉繚乱"

ベゴニアは新しい種類がまだまだ見つかるという発展途上の魅力がある

投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!