菌核病(きんかくびょう)

善林六朗[園芸研究家]

初期症状
水がしみたようになり、軟らかく腐る。
進行したとき
発病部分は枯れ、そこに白いカビや、ネズミのふんに似た黒い塊(菌核)を生じる。

菌核病(きんかくびょう)とは?

 菌核病は、主に野菜や草花の茎や葉などに発生します。初めは水がしみたようになり、そこが軟らかく腐ります。栽培環境が多湿だと、その部分は早く広がります。
 腐った部分はやがて乾いて枯れ、そこに白いカビが生え、ネズミのふんに似た黒い塊ができます。黒い塊は菌核と呼ばれ、地面に落ちて土壌中で長く生存し、病気の発生源になります。土壌中の菌核から小さなキノコが生え、そこにできた胞子が飛び散って植物についたり、菌核から生じた菌糸が植物についたりして発病します。

▼茎や葉などが枯れる

 発病した部分の茎や葉などは枯れます。茎に発病した場合は、そこから上部が枯れるので被害が大きくなります。特に地際部に近い茎に発病すると、地上部全体が枯れたり、根まで病気が拡大したりします。果実や根だけが発病することもあります。
 そのため、植物は生育が悪くなり、野菜では品質が低下して収穫量が減ります。また、草花では観賞価値も下がります。

▼発病地は数年後でも発病のおそれ

 気温が比較的低い春や秋に、降雨が続くと発生しやすくなります。鉢植えでは発生しにくく、何年にもわたって栽培を続けてきた畑などで発生します。病気の発生源である菌核は、土壌中で数年間生存するとされます。そのため、一度発病した場所では、数年後の栽培でも病気が発生する可能性があります。

▼発病地は数年間栽培を避ける

 防除するには、植えつけの間隔をあけたり、植物を間引いたりして、風通しをよくします。発病した部分は菌核ができる前に摘除し、ゴミなどとして処分します。一度発病した場所では、発病した植物と同じ種類の栽培を数年間避けます。
 適用のある薬剤がある植物で、薬剤で防除する場合には、発病初期から薬液を散布します。

薬剤を使用する際は、その薬剤の使用条件が、対象植物、病気や害虫、防除したい方法と合っていることを、ラベルなどで確認してください。
菌核病 キク
茎に白いカビと黒い菌核を生じたキク。
菌核病 ブロッコリー
花蕾が腐り、白いカビを生じたブロッコリー。
菌核病 キャベツ
地際の茎と葉が腐り、白いカビを生じたキャベツ。
菌核病 ニンジン
根部が腐り、白いカビと黒い菌核がついているニンジン。

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

ピックアップ
テキストこぼれ話

3月号テキストこぼれ話
山野草にまつわる話を公開中!

ギリシャで乾燥に耐えて生きる植物の生態は?(前編)

今、熱い植物

「今、熱い植物」第9回
"原種ベゴニア、百葉繚乱"

ベゴニアは新しい種類がまだまだ見つかるという発展途上の魅力がある

投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!