もち病

善林六朗[園芸研究家]

初期症状
新葉や新芽などの一部分に、淡い緑色や黄緑色の小さなふくらみができる。
進行したとき
新葉などが何倍もの厚さや大きさに肥大したり、焼いたもちのように異常な形にふくらんだりし、白い粉を生じる。

もち病とは?

 もち病は、ツバキ類(ヤブツバキ、サザンカなど)とツツジ類(クルメツツジ、サツキなど)だけに発生する病気です。春と秋、特に春に多く発生し、新葉やその葉柄(ようへい)、新芽、蕾、まれに花などが病気になります。
 発病して病気が進むと、その部分が、ツバキ類では本来の何倍もの厚さや大きさに肥大し、ツツジ類では焼いたもちのような異常な形にふくらみ、とても目立つようになります。どちらも、その表面はつやのある淡い緑色や黄緑色になり、日が当たるとわずかに赤みを帯びます。病気がさらに進行すると、発病した部分は表面に白い粉を生じます。

▼葉や芽などが枯れ、生育が悪くなる

 発病部分は最後には干からびてしぼみ、黒褐色に枯れてミイラ化したり、腐ったりします。そのため、新芽や蕾が発病した場合はその部分の生育が止まります。葉や葉柄が発病した場合も、多発すると株全体の生育が不良になり、翌年の花つきも悪くなります。特に、開花時期に発病するツツジ類やツバキでは、観賞価値も損ないます。

▼春や秋の多雨、日照不足で発生が多い

 糸状菌(カビの仲間)の感染により起こる病気で、発病部分の白い粉はカビの胞子などです。胞子は飛散して病気を広げたり、新芽などの若い組織に感染したりします。
 新芽などに侵入した菌はそこで冬を越し、翌春、新芽の展開とともに活動を始め、病気を発生させます。春や秋に雨が続き、日照が少ない天候、日当たりが悪く多湿になりやすい場所で発生しやすくなります。

▼発病部を早期に取り除く

 表面に白い粉が生じる前に発病部分を切り取り、地中に埋めるかゴミとして処分します。これを徹底すれば、1~2年でほぼ発生をなくすことができます。薬剤で防除する場合は、新芽の展開する時期に適用のある薬剤を散布します。

薬剤を使用する際は、その薬剤の使用条件が、対象植物、病気や害虫、防除したい方法と合っていることを、ラベルなどで確認してください。
もち病 ツバキの葉
発病して全体が厚くなり大きくなったツバキの葉。
もち病 サザンカの葉
病気が進んでふくらんだ葉に白い粉を生じ、巻いて枯れる直前のサザンカの葉。
もち病 ツツジの葉
次々と発病して大小のふくらみがいくつも生じたツツジの葉。
もち病 サツキの葉
ほぼ全体が発病し、赤みを帯びたサツキの葉。

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

ピックアップ
テキストこぼれ話

3月号テキストこぼれ話
山野草にまつわる話を公開中!

ギリシャで乾燥に耐えて生きる植物の生態は?(前編)

今、熱い植物

「今、熱い植物」第9回
"原種ベゴニア、百葉繚乱"

ベゴニアは新しい種類がまだまだ見つかるという発展途上の魅力がある

投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!