黒星病/黒点病

善林六朗[園芸研究家]

初期症状
葉や果実などに黒色の小さな斑点を生じる。
進行したとき
バラでは次々と落葉してほとんど枝だけになり、貧弱な花が少ししか咲かなくなる。果樹では落葉が目立ち、果実の品質が落ちたり、食べられなくなったりする。

黒星病/黒点病とは?

 黒星病(くろぼしびょう)は、バラやバラ科の果樹の葉や果実などに発生します。バラに発生したときは「黒点病」とも呼ばれます。
 バラの場合は最初、葉に黒色の小さな斑点を生じ、それが急速に拡大し、やがて斑点の表面に極めて小さな黒い粒が多数できます。枝にも褐色でしみ状の病斑ができます。果樹の場合は最初、葉や果実などに淡い黒色の小さな斑点を生じ、それが徐々に広がり、やがて病斑部にすす状のカビが密生します。

▼生育が悪くなる

 バラの場合、発病した葉は黄変して落ち、発病した枝は生育が悪くなります。そのため株の生育が悪くなり、花数が減って花も貧弱になります。果樹の場合は、葉が落ちたり、果実の病斑部がへこんだり、そこから裂けたりします。そのため生育が悪くなり、果実の品質が下がり、収穫量も減ります。

▼春や秋の多雨で発生が多くなる

 糸状菌(カビの仲間)の感染により起こる病気で、黒い粒やすす状のカビは、胞子の塊などです。胞子は雨などで周囲に飛び散り、病気を広げます。葉や枝などに侵入した菌はそこで冬を越し、翌年の伝染源にもなります。春や秋に雨が続くと、発生しやすくなります。

▼発病部分を早期に取り除く

 密植せず剪定して通風をよくし、冬は剪定した枝や落ち葉をていねいに拾い集めてゴミとして処分します。また、バラでは、発病した葉を見つけしだい摘み取り、落ち葉も集め、発病した枝を切り取り、ゴミとして処分します。水は株の地際に与え、鉢植えはなるべく雨が当たらない場所に置きます。適用のある薬剤がある植物で、薬剤で防除する場合は、バラと果樹ともに、前年に発病した株では新芽の展開時期から7~10日ごとに薬液を散布して予防します。発病した場合はバラでは3日ごと、果樹では7日ごとに薬液を散布します。

薬剤を使用する際は、その薬剤の使用条件が、対象植物、病気や害虫、防除したい方法と合っていることを、ラベルなどで確認してください。
黒星病 バラの葉
黒色の病斑が発生したバラの葉。
黒星病 モモの果実
黒褐色の斑点を生じたモモの果実。
黒星病 ウメの果実
淡い黒褐色の斑点を生じたウメの果実。
黒星病 ナシの果実や葉柄
黒いカビを生じたナシの果実や葉柄など。

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

ピックアップ
テキストこぼれ話

3月号テキストこぼれ話
山野草にまつわる話を公開中!

ギリシャで乾燥に耐えて生きる植物の生態は?(前編)

今、熱い植物

「今、熱い植物」第9回
"原種ベゴニア、百葉繚乱"

ベゴニアは新しい種類がまだまだ見つかるという発展途上の魅力がある

投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!