褐斑病(かっぱんびょう)

善林六朗[園芸研究家]

初期症状
葉に、円形で褐色の小さな斑点を少し生じる。
進行したとき
葉の斑点が円形や多角形状、褐色や黒褐色になって落葉し、枝の葉がなくなる。または、斑点が拡大して全体や一部が枯れた葉を多数生じる。その結果、生育が悪くなる。

褐斑病(かっぱんびょう)とは?

 褐斑病は、樹木、草花、野菜などさまざまな植物の葉に発生します。糸状菌(カビの仲間)によって起こる病気で、発生する植物の種類ごとに病原菌の種類が違いますが、症状は似ています。一般的には最初、褐色で健全部分との境がはっきりした、小さな円形の斑点を生じます。
 斑点はやがて、褐色ないし黒褐色、円形ないし多角形状になります。斑点が拡大し、黒褐色で同心円状の輪紋(りんもん)を生じることもあります。斑点の中には、多数の小さな黒い粒や、綿毛状の胞子の塊ができます。

▼葉が枯れ、生育が悪くなる

 斑点になった部分はやがて枯れるので、病斑が多くできると、葉は全体が枯れたり、黄色くなって落葉したりします。そのため多くの葉が発病すると、株の生育が悪くなり、果樹では果実の品質や収穫量が落ち、庭木や草花の観賞価値も下がります。

▼春から秋の多雨や多湿で発生しやすい

 病原菌は、前年に発病した枯れ葉などで冬を越します。春以降、枯れ葉の病斑にある黒い粒の中や病斑部分で胞子がつくられ、雨などで空中に飛散し、葉に感染して病気を起こします。生じた病斑がさらに周辺に病気を広げます。春から秋にかけて、雨が続いたり、茂りすぎて風通しが悪くなったりすると、発生しやすくなります。

▼発病した葉を早期に取り除く

 発病した葉は早めに取り除き、土中に埋めるか、ゴミとして処分します。予防するには、植えつけの間隔を適切にとり、生育に応じて間引きや剪定を行い、風通しが悪くならないように気をつけます。水は株元の土に与え、鉢植えは雨が当たらない場所に置いて、なるべく葉などに水がかからないようにもします。適用のある薬剤がある植物で、薬剤を使用する場合は、発病初期に薬液を散布します。

薬剤を使用する際は、その薬剤の使用条件が、対象植物、病気や害虫、防除したい方法と合っていることを、ラベルなどで確認してください。
褐斑病 キクの葉
円形から不定形をした褐色の斑点を生じたキクの葉。
褐斑病 ツツジの葉
多角形状で黒褐色の斑点を生じたツツジの葉。
褐斑病 ジャーマンアイリスの葉
円形や紡錘形をした褐色の斑点を生じ、その周辺が黄変したジャーマンアイリスの葉。
褐斑病 ボタンの葉
大きな黒褐色の斑点を生じたボタンの葉。斑点には同心円状の輪紋ができている。

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

ピックアップ
テキストこぼれ話

3月号テキストこぼれ話
山野草にまつわる話を公開中!

ギリシャで乾燥に耐えて生きる植物の生態は?(前編)

今、熱い植物

「今、熱い植物」第9回
"原種ベゴニア、百葉繚乱"

ベゴニアは新しい種類がまだまだ見つかるという発展途上の魅力がある

投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!