園芸・ガーデニング作業の基本 ~初心者のための基礎知識~

生垣の剪定方法(刈り込み)

テーマ 剪定、切り戻し、摘心
講師
希望の大きさや形に木を刈り込んでいく、刈り込みの方法を紹介します。門かぶり、玉散らし、スタンダードなどの造形物や生垣などで行う剪定方法で、刈り込みバサミを使って行います。

刈り込みの方法

キンメツゲを例に、刈り込みの手順を紹介します。生垣では、上面(天端)をまず平らに切り、次に下から上に向かって、側面を刈り込んでいきます。そのとき下のほうをやや広めに、天端のほうをやや狭く刈っておくと長く美しさを保てます。

刈り込みの方法1

1.刈り込みバサミで、枝を上部から切っていく

刈り込みの方法2

2.全体を見ながら下部まで切る

刈り込みの方法3

3.剪定バサミで仕上げをする

刈り込みの方法4

4.刈り込み終了

刈り込みを失敗しないためのポイント

植物は上の枝ほど成長が旺盛になるので、上面(天端)のほうをやや狭く刈っておきます。また、天端が水平になるように、水糸を張って行うと、初心者でも失敗が少なくなります。枝が1本のものはどこから初めてもかまいませんが、段づくりのものは、必ず一番上の枝から順序よく下に向かって刈り込んでいきます。

庭木の剪定方法はこちら
切り戻し剪定の方法はこちら


以下をご覧になるには、ログインが必要です。

ログインして続きを読む

会員登録がお済みでない方は…

3ステップで簡単会員登録(無料)!

園芸講師による解説
「園芸・ガーデニング作業の基本」が、
すべて無料でご覧いただけます。

テーマ一覧

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

ピックアップ
テキストこぼれ話

2月号テキストこぼれ話
多肉植物、サボテンにまつわる話を公開中!

最近の多肉ブーム、靍岡さんも驚きと発見の連続の南アフリカ自生地巡り(前編)

特別対談

テキスト人気連載「今、熱い植物」
WEB掲載スタート!
第1~8回まで公開中

これまでの連載を紹介する、アーカイブ公開がスタートしました!

投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!