園芸・ガーデニング作業の基本 ~初心者のための基礎知識~

球根の植え方(庭植えにする)

テーマ 植え付け
講師
球根を植える場合は、庭植え、鉢植えともに、日当たりのよい場所で育て、水はけのよい土に植えましょう。球根は、適度な間隔をあけて植えることが大切です。密植すると球根が太れず、また、浅く植えると分球しやすく、年々、球根が小さくなり、花が咲きにくくなります。
鉢植えにする場合の方法はこちら

庭にチューリップの球根を植える方法

チューリップを例に、庭に球根を植え付ける方法を紹介します。植える前に、庭の土をできるだけ深くよく耕しておきましょう。

チューリップの球根の植え方1

1.球根2個分の間隔をあけて、植える球根を配置していく

チューリップの球根の植え方2

2.球根3個分の深さの植え穴を掘る

チューリップの球根の植え方3

3.植え穴に球根を入れ、土をかけて埋める(写真は矢印の位置に球根を2個植えたところ)

チューリップの球根の植え方4

4.名札を立てる

チューリップの球根の植え方5

5.配置した球根を植え終わったら、たっぷり水を与える

[関連]チューリップの植物図鑑

なお、植物によって苗の植え付け適期が異なります。ポット苗に付いているラベルや、みんなの趣味の園芸「植物図鑑」等のカレンダーを参照してください。

球根を植え付ける間隔と深さ

庭植えの場合、下記のように球根3個分の深さに、球根2個分の間隔をあけて植え付けます(※浅植えを好む種類を除く)。

球根を植え付ける間隔と深さ(庭植えの場合)

植え付け後の管理は?

植え付け後は、地上に葉がでていないので、ついつい水やりを忘れがちです。庭植えの場合も、十分な水やりを忘れないでください。開花までは2週間に1回程度、液体肥料を施します。
花が咲き終わったら、庭に植えたままにしている場合でも、数年に1回は掘り上げ、分球していたら、1つずつ球根を分けて植え直しましょう。


以下をご覧になるには、ログインが必要です。

ログインして続きを読む

会員登録がお済みでない方は…

3ステップで簡単会員登録(無料)!

園芸講師による解説
「園芸・ガーデニング作業の基本」が、
すべて無料でご覧いただけます。

テーマ一覧

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

ピックアップ
テキストこぼれ話

2月号テキストこぼれ話
多肉植物、サボテンにまつわる話を公開中!

最近の多肉ブーム、靍岡さんも驚きと発見の連続の南アフリカ自生地巡り(前編)

特別対談

テキスト人気連載「今、熱い植物」
WEB掲載スタート!
第1~8回まで公開中

これまでの連載を紹介する、アーカイブ公開がスタートしました!

投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!