園芸・ガーデニング作業の基本 ~初心者のための基礎知識~

苗木の植え方(庭木や果樹を鉢植えにする)

テーマ 植え付け
講師
樹木の基本的な植え方を紹介します。樹木や植木は長く楽しむものですから、植物が正常に育つためにも、一番最初の植え付けを正しく行うことが肝心です。ここでは、鉢に苗木を植え付ける時の方法を紹介します。
庭植えにする場合の方法はこちら

鉢に苗木を植え付ける方法

ツバキを例に、苗木を鉢に植え付ける手順を紹介します。どの苗も庭植えに準じて植え付けます。

ツバキの苗木の植え方1

[用意するもの]苗、鉢、鉢底網、用土(赤玉土小粒7、腐葉土3を配合したものなど)

ツバキの苗木の植え方1

1.苗を鉢から抜き、根鉢を一回り崩す

ツバキの苗木の植え方2

2.鉢底網を敷く

ツバキの苗木の植え方3

3.鉢の底に用土を入れ、苗を置く(ウォータースペースがとれる高さにする)(下記「ウォータースペースと植え付ける深さ」参照)

ツバキの苗木の植え方4

4.根鉢の上の高さまで用土を入れ、用土を割りばしなどでつついて埋め込む

ツバキの苗木の植え方5

5.植え終わったらたっぷり水を与える

[関連]ツバキの植物図鑑

なお、植物によって苗の植え付け適期が異なります。ポット苗に付いているラベルや、みんなの趣味の園芸「植物図鑑」等のカレンダーを参照してください。

ウォータースペースと植え付ける深さ

ウォータースペース(水代:みずしろ)とは水やりをした際に、一時的に水をためておくスペースのことです。下図のように、根鉢と用土の表面を同じ高さにし、ウォータースペースをとって植え付けます。

ウォータースペース

鉢植えにする場合の用土は?

小さな苗の場合、水はけのよい用土を使用すれば、特にゴロ土を入れる必要はありません。用土は基本的には、赤玉土小粒7、腐葉土3を配合したものを使います。元肥として5%ほど緩効性化成肥料を入れてもよいでしょう。ツツジ科など、酸性土を好む植物は、腐葉土の代わりにピートモスを使います。培養土を使用する場合は、赤玉土を5割ほどまぜると、さらによくなります。


以下をご覧になるには、ログインが必要です。

ログインして続きを読む

会員登録がお済みでない方は…

3ステップで簡単会員登録(無料)!

園芸講師による解説
「園芸・ガーデニング作業の基本」が、
すべて無料でご覧いただけます。

テーマ一覧

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

ピックアップ
テキストこぼれ話

2月号テキストこぼれ話
多肉植物、サボテンにまつわる話を公開中!

最近の多肉ブーム、靍岡さんも驚きと発見の連続の南アフリカ自生地巡り(前編)

特別対談

テキスト人気連載「今、熱い植物」
WEB掲載スタート!
第1~8回まで公開中

これまでの連載を紹介する、アーカイブ公開がスタートしました!

投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!