トピック&ニュースグリーンライフに役立つ最新トピック&ニュースをお届け!

あの日、小椋佳さんが出合ったシクラメンは!?

小椋佳さん。『趣味の園芸』12月号掲載のインタビューで、40年前の「シクラメンの...
小椋佳さん。『趣味の園芸』12月号掲載のインタビューで、40年前の「シクラメンのかほり」誕生エピソードを語ってくれた(撮影:成清徹也さん)

12月、シクラメンが園芸店店頭を華やかに彩り始めると思い出すのが、昭和の名曲「シクラメンのかほり」(作詞・作曲:小椋佳)。

 

1975(昭和50)年、「第17回 日本レコード大賞」や「第6回 日本歌謡大賞」等に輝きました。諸兄諸姉も愛唱しているのではないでしょうか。

 

果たして小椋佳さんはどんなシクラメンを見てこの歌を作詞・作曲したのか、長く気になっていました。テキスト『趣味の園芸』12月号のシクラメン特集がきっかけで、その疑問を解決するチャンスに恵まれ、直接、小椋さんに尋ねることができました。

 

小椋佳さんによると――。

 

「1974(昭和49)年冬のことです。銀行の仕事で取引先の会社を訪れたとき、受付にあった赤と白の花が気になり名前を聞きました。それが初めてシクラメンという花を知った瞬間です。

 

このシクラメンを題材に『どうにもままならない時間の流れ』を表現したくて、歌詞とメロディができ上がりました。」

 

「シクラメンのかほり」は大ヒットしてシクラメンが飛ぶように売れ、園芸は広く浸透していきました。

 

(その頃、広く流通していた「赤と白シクラメン」といえば、名花といわれる'ビクトリア'ではないかと推定されますが、40年余が経過していることもあり、品種名を小椋さんに確認することはできませんでした。)

 

振り返ると、昭和42年、番組「趣味の園芸」が始まり、テキスト『趣味の園芸』(昭和48年創刊)や様々な園芸誌・園芸カタログ誌がスタートするなど、園芸の話題が多かった昭和40年台。

 

そうした背景があればこそ、名音楽家が美しいシクラメンと出合い、クリエイティビティが触発されて名曲が誕生した、という仮説も成り立ちそうです。

 

「名曲誕生の背後に美しい花あり」――園芸ファンとしてロマンかき立てられるエピソードでした。

 

さて、小椋佳さんの近況です。作曲活動の傍ら、ナターシャ・グジーというウクライナ出身のミュージシャンに楽曲を提供し、音楽活動をサポートしているとのことでした。

 

取材協力:ゴッドフィールドエンタープライズ

小椋佳公式Webサイト 小椋佳倶楽部

 

★詳しくはテキスト『趣味の園芸』12月号掲載のインタビュー「小椋 佳 シクラメンによせて」をご覧ください。

 

20161121e_01.jpg

冬を華やかに!シクラメン/スキミア/バラの大苗/ポインセチア『趣味の園芸』最新号(12月号)

 

(『趣味の園芸』 シニアエディター 原田)

 

--------------------------------------------------------------

【園芸LOVE 原田が行く】は、「みんなの趣味の園芸」スタッフであり『趣味の園芸』シニアエディター・原田による園芸エッセイです。

シクラメンの名花といわれる品種‘ビクトリア’。当時、最も多く流通していた(撮影:鈴木康弘さん)
シクラメンの名花といわれる品種‘ビクトリア’。当時、最も多く流通していた(撮影:鈴木康弘さん)
1976(昭和51)年10月7日、NHKホールで開催された「小椋佳コンサート」。多くのファンが待望した、デビュー6年目にして初のコンサートだった(写真提供:ゴッドフィールドエンタープライズ)
1976(昭和51)年10月7日、NHKホールで開催された「小椋佳コンサート」。多くのファンが待望した、デビュー6年目にして初のコンサートだった(写真提供:ゴッドフィールドエンタープライズ)
小椋佳バージョン「シクラメンのかほり」が収載されたレコードジャケット(写真提供:ゴッドフィールドエンタープライズ)
小椋佳バージョン「シクラメンのかほり」が収載されたレコードジャケット(写真提供:ゴッドフィールドエンタープライズ)
‘ビクトリア’の面影が残るシクラメン。今も‘ビクトリア’の性質を受け継ぐ品種が店頭に並んでいる
‘ビクトリア’の面影が残るシクラメン。今も‘ビクトリア’の性質を受け継ぐ品種が店頭に並んでいる

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

期間限定特集 <プレゼント当たる!>

ピックアップ
テキストこぼれ話

6月号テキストこぼれ話
アジサイにまつわる話を公開中!(後編)

川原田さんが考えるアジサイの未来について伺いました。

今、熱い植物

今、熱い植物 第12回
“棘と葉を強光で鍛える…アガベ”

2つめの多肉植物として、アガベを選ぶ人がふえている

「朝顔チャレンジ」

「朝顔チャレンジ」
みんなでアサガオ観察をしよう!

みんなでアサガオの成長から開花までを見守る応援企画。あなたのアサガオを紹介してください♪

定期購読2018
投稿募集中 from テキスト編集部
「バラの病害虫対策ノート」の使い方

「バラの病害虫対策ノートの」の使い方
みんなの使っている様子を募集中!

「園芸栽培ノート2018」の使い方

「園芸栽培ノート2018」の使い方
みんなの使い方、アイデア募集中!

見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

テキスト人気連載をWEBで毎月お届け。人気の高まる多肉植物や観葉植物に注目し、その魅力を紹介

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

今年の夏は緑のカーテン

今年の夏は緑のカーテン

緑のカーテンの作り方やおすすめ植物、実践事例などを紹介しています

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

園芸LOVE 原田が行く

園芸LOVE 原田が行く

「みんなの趣味の園芸」スタッフであり『趣味の園芸』シニアエディター・原田による園芸エッセイ

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!