トピック&ニュースグリーンライフに役立つ最新トピック&ニュースをお届け!

藤川史雄さんにティランジアについて聞いてみた!<前編>『趣味の園芸』8月号こぼれ話

全長2メートルほどの巨大株、ラティフォリア(T.latifolia)を持つ藤川さ...
全長2メートルほどの巨大株、ラティフォリア(T.latifolia)を持つ藤川さん

ウェブサイト「みんなの趣味の園芸」だけで読める連載「テキストこぼれ話」の第2回が始まります。『趣味の園芸』テキストの特集に関連して、おもしろそうなことや役立ちそうなことなどを載せていきます。

 

今回は、『趣味の園芸』8月号で「ティランジアを育む景色」「ティランジア 颯爽として、瑞々しく」の講師を務めた藤川史雄さんに、ティランジアにまつわるあれこれを伺います。

 

編集部(以下、編):8月号が出来上がりました。

 

藤川史雄(以下、藤):表紙がティランジアなんてめったにないことだよね、嬉しいです。ていうか、もう1カット撮った方は採用されなかったんだ(笑)

 

※実は、表紙用として株を選んでいただき、別のカットも撮影していましたが、惜しくも採用されず......!そのカットをちらっとお見せします。

 

201708こぼれ話_02.jpg

 

:......すみません(苦笑) それにしても、藤川さんの温室には誌面に載せきれなかった品種がたくさんありました。

 

:品種図鑑用の株を撮影した日に咲いていたら、このルシダも載せたかったなぁ。あとこのグラジラエも、面白いでしょ。ティランジアで幅広の葉というのは珍しい。

 

ルシダ(T.lucida
201708こぼれ話_03.jpg

 

グラジエラエ(T.grazielae
201708こぼれ話_04.jpg

 

:藤川さんといえばティランジアというイメージですが、温室では他の植物も育てているのでしょうか。

 

:ティランジアを含むブロメリア科のものが多いけど、多肉、球根、シダやランなんかもあります。

もともと僕は、植物でも、原種が好きなんです。なかでも、海外から入って来た株のラベルに「sp.」(注:species(種名)の略。新種など、学名がまだつけられていない、あるいは不明のものでは、属名の後、sp.とだけつけられる。Tillandsia sp.であれば、ティランジア属の一種ということ)と書いてあったら、もう興奮してしまうタイプ(笑)

 

:新種など、まだ知られていない種、ということですね。

 

見たことのないものを見てみたい、という気持ちは昔からあります。なんだこれ!?というようなものは、やっぱりワクワクする。

原種というのは、自然のなかで淘汰され、たどり着いた姿なんです。 奇怪なもの、奇妙な形のものは好きなんだけど、それが、人間の手でつくられたのではなく、自然が作り上げた、というところに美しさがある。

特撮に出てくるような怪獣が、実際に自然のなかで生きていた、となったら、ロマンを感じるよね。それと一緒。

しかも、写真を見ているだけでもワクワクするけれど、実際に育てて花を咲かせたり、新芽を出させたりしたら、また二重三重の面白さがわいてくる。

 

:いちばん初めの園芸体験は何ですか。

 

:小学生のときに、家にあったサボテンをいじってたら、子株がぽろっと取れてしまって。図鑑で調べてみたら、サボテンは、さし木でも増えていくと書いてあった。それで、適当な砂を鉢に入れ、ズボッと挿してみたのがきっかけです。

 

:土じゃなくて砂、なんですね。

 

:砂を選んだのは、サボテンといえば砂漠、砂漠といえば砂、という実に小学生らしい発想からなんだけど(笑)

毎日挿した子株を砂から抜いて、根が出てないか確認してはまた戻して、の繰り返し。そのうちいくつかは発根して、成長しはじめました。

うまくいったから、今度は別のサボテンや多肉も同じように根を出させて増やしていって。

小学生にとってみればサボテンって高いものだったから、どんどん増やしたら「俺、大金持ちになれるかも!?」って(笑)

 

:増やす園芸の面白さに目覚めたんですね。

 

:それからずっと植物は好きで育てていたんだけど、ティランジアに出会ったのはもう少しあとの、90年代はじめくらい、大学生のころ。園芸店にティランジアが登場し始めて、少しずつ日本でも普及し始めたころです。

 

:今でこそ随分身近な植物になりましたが、インパクトは強かったでしょうね。

 

:なんだこれ、と思って、いくつか買ってきて、さっそく家で育ててみた。草花とちがって、とにかく成長もゆっくりだから1週間経っても2週間経っても、何の変化も無し。これ、面白いか......?と(笑)。

それに当時は、まだ栽培法も普及してなくて、「空気中の水分をとりこむから、水はあげなくてよい」みたいなイメージがあった。

 

:今でもそのイメージは残っていますね。

 

:そんなとき、多肉植物のことを書いたとある洋書を読んでいたら、何故か木の枝に着生しているティランジアの写真が載っているページを見つけて、

「こんなところで生きているなら、雨だって当たるんだろうなぁ。」 と思って、水やりや風通しの条件を色々変えて試してみようと思ったんです。

あるときは風呂場に置いたり、ベランダに出したり。風通しが必要なんだな、と感じたら、通気口のフィルターを外して、そのなかに突っ込んだりとか(笑)

 

:まさに手探りで、一番よい栽培法を探し始めたんですね!

 

<後編>はこちら

 

20170721e_01.jpg

『趣味の園芸』8月号 最新号の見どころを紹介

 

--------------------------------------------------------------

「みん園」限定! テキストこぼれ話

『趣味の園芸』テキストの特集に関連して、担当編集者による講師へのインタビューなどをウェブ限定で公開します。(毎月2回更新予定)

 

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

期間限定特集 <プレゼント当たる!>

ピックアップ
テキストこぼれ話

8月号テキストこぼれ話
多肉植物にまつわる話を公開中!(前編)

前編では、長田研さんに世界の多肉植物事情を伺いました。

コレクションカード

8月号とじ込み付録 多肉植物・サボテン コレクションカードの楽しみ方

『趣味の園芸』8月号は、36の人気種を集めたコレクションカード付き!

今、熱い植物

今、熱い植物 第14回
“サボテンの王…黒王丸”

黒王丸(こくおうまる)の名で呼ばれる、コピアポア・シネレアが今、熱い。

「朝顔チャレンジ」

「朝顔チャレンジ」
みんなでアサガオ観察をしよう!

みんなでアサガオの成長から開花までを見守る応援企画。あなたのアサガオを紹介してください♪

投稿募集中 from テキスト編集部
「バラの病害虫対策ノート」の使い方

「バラの病害虫対策ノートの」の使い方
みんなの使っている様子を募集中!

「園芸栽培ノート2018」の使い方

「園芸栽培ノート2018」の使い方
みんなの使い方、アイデア募集中!

見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

テキスト人気連載をWEBで毎月お届け。人気の高まる多肉植物や観葉植物に注目し、その魅力を紹介

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

今年の夏は緑のカーテン

今年の夏は緑のカーテン

緑のカーテンの作り方やおすすめ植物、実践事例などを紹介しています

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

園芸LOVE 原田が行く

園芸LOVE 原田が行く

「みんなの趣味の園芸」スタッフであり『趣味の園芸』シニアエディター・原田による園芸エッセイ

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!