トピック&ニュースグリーンライフに役立つ最新トピック&ニュースをお届け!

ギリシャで乾燥に耐えて生きる植物の生態は?久山敦さんに山野草について聞いてみた!<前編>趣味の園芸3月号こぼれ話

「春を呼び込むサクラソウ」の講師を務めた久山敦さんに、ギリシャ・クレタ島で乾燥の...
「春を呼び込むサクラソウ」の講師を務めた久山敦さんに、ギリシャ・クレタ島で乾燥のなか育つ山野草の魅力について伺いました

ウェブサイト「みんなの趣味の園芸」だけで読める連載「テキストこぼれ話」の第9回。『趣味の園芸』テキストの特集に関連して、おもしろそうなことや役立ちそうなことなどを載せていきます。

 

今回は、『趣味の園芸』3月号で「スミレの魅力再発見!」「春を呼び込むサクラソウ」の講師を務めた久山敦さんに、スミレの仲間も自生するギリシャの植物の魅力について伺います。

 

編集部(以下、編):久山さんは、大阪市の植物園「咲くやこの花館」の館長を務める傍ら、世界各地の植物の自生地を訪ねてらっしゃるんですね。

 

久山敦(以下、久):はい。主に山野草や高山植物の自生地を訪ねており、今まで51か国に行きました。

 

20180221こぼれ話_02.jpg

サウスレア・メドゥサと久山さん。中国・雲南省白馬雪山4600m。2005年6月

 

:51か国ですか! すごい数です。

 

: なるべく点ではなく、少なくとも線として自生地を観察したいので、長い旅ではイギリスのロンドンからインドのコルカタまで18か国24000kmを170日間、ヨーロッパ23か国18000kmを60日間で回ったこともありますよ。

 

20180221こぼれ話_03.jpg

トリリウム・グランディフロラ(エンレイソウの仲間)を撮影する久山さん。アメリカ・ノースカロライナ州。2004年5月

 

:そんなに長い時間をかけて回れるなんて、本当に羨ましい! 

 

:クレタ島には2001年の4月に行きました。地中海式気候なので、主に冬から早春に雨が降りますが年間の降水量が少ないところで200mm程度と、日本に比べ極端に少ないんです。

 

: そんな環境に対応するために、35ページで紹介しているスミレも木質化した訳ですね。

 

:そうです。ビオラ・スコルピウロイデスやビオラ・デルフィナンタは木質化することで、根を地中深くまで張って、乾燥に耐えています。

 

20180221こぼれ話_04.jpg

ビオラ・スコルピウロイデス

 

:そんな厳しい環境ですが、ほかにどんな植物が生えているのでしょう。

 

:クレタ島特産の白い花を着けるシクラメン・クレティクムやピンクの花が可愛らしいツリパ・サクサティリスが自生しています。これらは球根を地中25~30cm深くまで潜らせることで、乾燥や高温に耐えているんですよ。

 

20180221こぼれ話_05.jpg

シクラメン・クレティウム

 

20180221こぼれ話_06.jpg

ツリパ・サクサティリス

 

:そんなに深いところに球根があるとは驚きです! ツリパとは、チューリップのことですよね?

 

:はい。ツリパ・サクサティリスはチューリップの原種です。日本では葯(やく)がオレンジイエローの変種が'ライラックワンダー'の品種名で流通しています。

 

:日本で変種が入手できるんですね。でも日本で育てるとなると、難しそうですね。クレタ島とは環境が全然違いますし......。

 

:そうですね。クレタ島の環境と、日本の環境の違いを理解した上で、温湿度、用土などを調整しなければなりませんね。

 

:自生地に行かれるのは、現地の環境を知りたいからということなのでしょうか。

 

:もちろんそれもありますが、憧れの植物の故郷を巡礼したいといった気持ちでしょうか。

 

:巡礼ですか。故郷から遠く離れた日本で生きる植物への敬意が感じられる言葉ですね。

 

:はい。自生地で植物が生育する姿、地中の様子、自生地の気候、土質、そして地域の人との関わりなどエコロジー(生態学)からエスノボタニー(民俗植物学)まで、トータルで憧れの植物を理解したい気持ちがあります。

 

:なるほどー。自生地の環境だけでなく、現地の生き物との関わりまで知ると、今までとは全然違った目で植物が見られますね。

 

後編はこちら

 

★久山 敦(くやま・あつし)

園芸研究家/1947年、兵庫県生まれ。学生時代より植物に親しみ、英国王立キュー植物園に留学。兵庫県立淡路ファームパークの大温室やロックガーデンなどの設計を手がけたのち、2007年より大阪市の植物園「咲くやこの花館」の館長を務める。『四季の山野草栽培』(NHK出版)など著書多数。

 

20180221e_01.jpg

『趣味の園芸』3月号 最新号の見どころを紹介

 

こぼれ話sp.jpg

「みん園」限定! 趣味の園芸テキストこぼれ話

『趣味の園芸』テキストの特集に関連して、担当編集者による講師へのインタビューなどをウェブ限定で公開します。(毎月2回更新予定)

 

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

ピックアップ
テキストこぼれ話

10月号テキストこぼれ話
山野草にまつわる話を公開中!(前編)

山野草栽培のヒントは英国植物園にあり!? 山野草ファン必見の英国植物園について伺いました。

今、熱い植物

今、熱い植物 第16回
“わが家のジャングル…パルダリウム”

「ガラスの向こうで植物たちがせめぎ合いながら風景をつくる」

「朝顔チャレンジ」

「朝顔チャレンジ」
みんなでアサガオ観察をしよう!

企画は9/21で終了となりました。たくさんのアサガオの投稿ありがとうございました!

投稿募集中 from テキスト編集部
「バラの病害虫対策ノート」の使い方

「バラの病害虫対策ノートの」の使い方
みんなの使っている様子を募集中!

「園芸栽培ノート2018」の使い方

「園芸栽培ノート2018」の使い方
みんなの使い方、アイデア募集中!

見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

テキスト人気連載をWEBで毎月お届け。人気の高まる多肉植物や観葉植物に注目し、その魅力を紹介

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

今年の夏は緑のカーテン

今年の夏は緑のカーテン

緑のカーテンの作り方やおすすめ植物、実践事例などを紹介しています

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

園芸LOVE 原田が行く

園芸LOVE 原田が行く

「みんなの趣味の園芸」スタッフであり『趣味の園芸』シニアエディター・原田による園芸エッセイ

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!