トピック&ニュースグリーンライフに役立つ最新トピック&ニュースをお届け!

ほんとうの完熟ってどういうこと? 小池洋男さんにベリーについて聞いてみた!<前編>趣味の園芸7月号こぼれ話

趣味の園芸7月号で講師をつとめたさん小池洋男さんに、ブルーベリーをはじめとしたベ...
趣味の園芸7月号で講師をつとめたさん小池洋男さんに、ブルーベリーをはじめとしたベリー類についてのお話を伺います

ウェブサイト「みんなの趣味の園芸」だけで読める「テキストこぼれ話」、今月は7月号特集「ブルーベリーと3つのベリー」に関連して、ブルーベリーをはじめとした果樹栽培技術を長年研究し、ご自身も自宅でたくさんのベリーを栽培している小池洋男さんにインタビュー。

 

今回登場するのは、『趣味の園芸』7月号「ブルーベリーと3つのベリー」特集で講師を務めた小池洋男さん。 小池さんは長野県果樹試験場でリンゴとブルーベリーの研究に長年携わってきた果樹栽培のスペシャリストです。

 

編集部(以下、編):7月号ではブルーベリーをはじめとするベリー類を特集しました。家庭で育てる果樹として、ブルーベリーは人気がとても高いです。フルーツとしても身近な存在ですが、意外と日本での歴史は浅いのだと聞きました。

 

小池洋男(以下、小):そうなんです。私が大学の農学部に入ったときは、メインの研究対象はまず、お米でした。果物はまだまだ嗜好品という扱いで、当時は、リンゴ、ブドウ、モモ、ナシ、ミカンなどが研究の中心でした。

 

:ブルーベリーとの出会いも、やはり学生時代ですか。

 

:そうですね。園芸学研究室の岩垣駛夫先生に師事したことが転機となりました。

(注:岩垣氏は、日本で初めてブルーベリー生産開発に関する研究を行って、国内での栽培技術を確立した。日本のブルーベリーの父と言われる)

岩垣先生の研究室に入り、ブルーベリーの面白さを知って、卒業論文もブルーベリーについて書きました。

卒業後は長野の園芸試験場に就職しましたが、そこでもリンゴと並行してブルーベリーの研究は続けていました。当時の上司には「リンゴ9割、ブルーベリー1割で」と言われたのですが、ブルーベリー研究への理解を得て、長野にブルーベリー栽培を導入すべく、研究を続けました。

 

:今では国内生産量第1位になるなど、ブルーベリーと言えば長野、というイメージもあります。

 

:もともと、文字通り、長野にはブルーベリー栽培が根付くための土壌がありました

ご存じのように、ブルーベリーは酸性の土を好みます。浅間山山麓の火山灰酸性土壌には野生のブルーベリーの仲間が自生していたのです。

軽井沢の別荘地の外国人たちは祖国にあるブルーベリーを懐しんで、このクロマメノキの果実を「浅間ベリー」と呼び、親しんでいました。

この地域では、比較的早い段階から、ブルーベリーが果物として認識されていたのだと思います。

20180621こぼれ話_02_2.jpg

浅間山に自生しているクロマメノキ(通称「浅間ベリー」)。(撮影:小池洋男)

編:野生のブルーベリー、どんな味がしたのでしょう。

 

:基本的には酸味が強く、あまり量も獲れなかったようです。

クロマメノキは現在では採取禁止となっていますが、昔、収穫していた地元の方にこんなお話を聞きました。

「浅間山の火山灰が降ったあと数年間は、大きな実が採れる」。

降灰によって古い地上部の枝が枯れ、残った地下部から多発する新しい枝に更新されたことで、大きな果実がたくさんついた、というわけです。

 

:まさに、7月号の「収穫量アップ!」の記事でも紹介した、古い枝は更新する、という話と繋がりますね。

 

:カナダでは、ローブッシュ・ブルーベリーという丈の低い這い性のブルーベリーが自生地を管理する方法で生産されているのですが、そこでの農法は、2年に1度、一面のベリーを焼き払い、地上部をまっさらにして新梢を発生させることで、収穫量と品質を維持するというものです。これも、定期的に枝を更新するという点で、共通しています。

20180621こぼれ話_03.jpg

小池さんの自宅で収穫したローブッシュ・ブルーベリー。果実は小ぶりだが甘いという。(撮影:小池洋男)

 

:大胆かつシンプルな農法ですね! ハイブッシュだけでなく、ローブッシュ・ブルーベリーという種類もあるとは知りませんでした。

 

:海外には、日本では出回っていないベリーがまだまだたくさんあります。かつてのブルーベリーやラズベリーがそうであったように、今後も、今まで知らなかったベリーが登場してくると思いますよ。

 

20180621こぼれ話_04.jpg

北イタリア・南チロルの屋外市場。手前右の黒い実がヨーロッパ自生のビルベリー、手前左はカウベリー。奥にはブルーベリー、ラズベリーも並ぶ。(撮影:小池洋男)

 

編: ビルベリーなども、最近、健康サプリなどで名前を聞くようになってきましたね。

 

小:じつは、 園芸店で売られているビルベリーの苗木は、ヨーロッパ自生のビルベリーではなく野生の別種なのですが......(苦笑)。

ヨーロッパのビルベリーは、果肉が赤く、自生地以外での栽培が難しいです。冷凍では本物の果実も輸入されていますが、多くはサプリなどの原料にされているようです。

 

: なんと! 本物のビルベリーの苗木が出回る日もくるのでしょうか。

まだまだ聞きたいベリーの話、続く後半では、家庭栽培のキーワード「完熟」についてお聞きします。

 

後編はこちら

 

20180621こぼれ話_05.jpg

小池洋男(こいけ・ひろお)

園芸研究家/長野県果樹試験場長などを歴任。現在は長野県でリンゴやブルーベリーなどの果樹の栽培を研究するかたわら、国内外の果樹産地を訪ね、研究交流を続けている。

 

20180621e_01.jpg

『趣味の園芸』7月号 最新号の見どころを紹介

 

こぼれ話sp.jpg

「みん園」限定! 趣味の園芸テキストこぼれ話

『趣味の園芸』テキストの特集に関連して、担当編集者による講師へのインタビューなどをウェブ限定で公開します。(毎月2回更新予定)

 

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

ピックアップ
テキストこぼれ話

10月号テキストこぼれ話
山野草にまつわる話を公開中!(前編)

山野草栽培のヒントは英国植物園にあり!? 山野草ファン必見の英国植物園について伺いました。

今、熱い植物

今、熱い植物 第16回
“わが家のジャングル…パルダリウム”

「ガラスの向こうで植物たちがせめぎ合いながら風景をつくる」

「朝顔チャレンジ」

「朝顔チャレンジ」
みんなでアサガオ観察をしよう!

企画は9/21で終了となりました。たくさんのアサガオの投稿ありがとうございました!

投稿募集中 from テキスト編集部
「バラの病害虫対策ノート」の使い方

「バラの病害虫対策ノートの」の使い方
みんなの使っている様子を募集中!

「園芸栽培ノート2018」の使い方

「園芸栽培ノート2018」の使い方
みんなの使い方、アイデア募集中!

見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

テキスト人気連載をWEBで毎月お届け。人気の高まる多肉植物や観葉植物に注目し、その魅力を紹介

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

今年の夏は緑のカーテン

今年の夏は緑のカーテン

緑のカーテンの作り方やおすすめ植物、実践事例などを紹介しています

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

園芸LOVE 原田が行く

園芸LOVE 原田が行く

「みんなの趣味の園芸」スタッフであり『趣味の園芸』シニアエディター・原田による園芸エッセイ

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!