トピック&ニュースグリーンライフに役立つ最新トピック&ニュースをお届け!

育てて、収穫して、自家製コーヒーが飲める! 倉重祐二さんにコーヒーノキについて聞いてみた!<前編>趣味の園芸9月号こぼれ話

趣味の園芸9月号で講師を務めたさん倉重祐二さんに、コーヒーノキについてのお話を伺...
趣味の園芸9月号で講師を務めたさん倉重祐二さんに、コーヒーノキについてのお話を伺いました

ウェブサイト「みんなの趣味の園芸」だけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』テキストの特集に登場した、講師の方にインタビューします。専門家の方だけが知っているおもしろい情報が満載です。

 

今回は、9月号の観葉植物特集で「夢を育てる コーヒーノキ」の講師を務め、植物園でも多くのコーヒーノキを栽培し「にいがたコーヒープロジェクト」の所長でもある、新潟県立植物園の園長・倉重祐二さんが登場します。

 

編集部(以下、編):おいしいですね~! このコーヒーは植物園でとれた豆を使っているんですか?

 

倉重祐二(以下、倉):そんな訳ないじゃない(笑)1杯1万円くらいにしないと採算取れないよ(笑)

 

:そんなに高いんですか!

 

:まだ国産のコーヒーはほとんど出回っていなくて、沖縄県産のコーヒー豆が30g、約2杯分で1,000円もするくらいですから。それでもスペシャルティ・コーヒーが注目されている今、なかなか手に入らなくて。私も7月に行われたイベントで初めて試飲したばかりです。

 

:そうだったんですね。ところで観葉植物の「コーヒーノキ」は、普段私たちが飲んでいるコーヒーと同じ植物なんですか?

 

:同じですよ。観葉植物として苗木が流通しているのは「アラビアコーヒーノキ(Coffea arabica)」で、レギュラーコーヒーとして飲用されるものです。甘い香りと酸味が特徴で、世界のコーヒー生産の約7割を占めています。

 

:ほかにはどんな種類があるんでしょうか?

 

:アラビア種のほかには「ロブスタコーヒーノキ(C. robsta)」があり、インスタントコーヒーや缶コーヒーなどの原料になります。栽培が容易で、収穫量が多く、カフェイン含有量がアラビア種の倍ほどあるのが特徴です。もう一つ、リベリア原産の「リベリアコーヒーノキ(C. liberica)」もありますが、生産はごくわずかです。

 

:コーヒーの銘柄といえば「ブルーマウンテン」や「キリマンジャロ」などが有名ですが、これはアラビアコーヒーノキの品種なのですか?

 

:アラビア種ではあるんですが、じつは、コーヒーノキの品種はあってないようなものなんです。ほぼ、産地名が品種名のようになっています。産地ごとに異なる土壌と肥料、そして標高が、風味に大きく影響しています。

 

:標高ですか。

 

:アラビアコーヒーノキの原産地は、標高800~1,500mの高地で、熱帯地域でありながら通年20℃程度の「常春」とでもいうべき環境です。冬の寒さだけでなく、夏の暑さや強い直射日光も苦手なので、日本では通年室内で育てるといいでしょう。窓越しの光で十分に生育します。

 

:季節ごとに出し入れしなくてもよいのは、楽でうれしいです。

 

:そうですね。むしろ、購入したばかりの苗を晴天時に急に外に出すと、1日で葉焼けを起こしてしまうので、注意が必要です。

 

:葉焼けのほかには、どんな注意点がありますか?

 

:購入した苗はすぐに植え替えたほうがよいのですが、大きすぎる鉢に植え替えてしまい、冬に過湿になって、根腐れを起こして枯れてしまう、という失敗をよく耳にします。植え替える鉢は、1~2号大きいものがよいでしょう。

それから、成長期に日照や肥料が不足すると、葉色が悪くなって十分に成長しません。ぜひ写真を参考に、葉色をチェックしてみてください。

 

20180821こぼれ話_02.jpg

順調に生育している葉は、黒味を帯びたような濃い緑色で、光沢がある。

 

:寒冷地での栽培で気をつけることはありますか?

 

:寒冷地だけに限りませんが、秋遅くまで肥料や水を与えていると成長が続き、急に寒くなったときに新葉が枯れてしまいます。そのとき水が足りないと誤解して、さらに水を与えてしまう、という悪循環になりがちなので、10月中旬以降は肥料を施さず、水やりも控えめにするとよいでしょう。

室内であれば、私の住む新潟でも無加温で問題なく育っています。年に数回、本当に寒い日があると葉が茶色に変色することもありますが、幹に芽が残っていれば、また春に芽吹いてきます。

 

:思っていた以上に強い植物なんですね!

 

後編はこちら

 

20180821こぼれ話_profile.jpg

倉重祐二(くらしげ・ゆうじ)

新潟県立植物園園長。専門はツツジ属の栽培保全や系統進化、園芸文化史。著書に『よくわかる栽培12か月 シャクナゲ』など。2017年6月より、にいがたバリスタ協会と「From Seed to Cup 〜コーヒーの種からカップまで〜」をテーマに「にいがたコーヒープロジェクト」をスタート。週末は植物園の温室内で「にいがたコーヒーラボ」を営業。コーヒー関連のイベントや講座も開催している。

 

20180821e_01.jpg

『趣味の園芸』9月号 最新号の見どころを紹介

 

こぼれ話sp.jpg

「みん園」限定! 趣味の園芸テキストこぼれ話

『趣味の園芸』テキストの特集に関連して、担当編集者による講師へのインタビューなどをウェブ限定で公開します。(毎月2回更新予定)

 

 

関連する植物の情報

コーヒーノキのみんなの写真

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

気軽に部屋をイメージチェンジ

理想の部屋に一歩近づけるコツをスタイリストの石井佳苗さんが指南!
抽選で10名様にプレゼント<PR>

詳しくはこちら
ピックアップ
アンケート

『やさいの時間』アンケート実施中!抽選で5名様に書籍プレゼント

「病害虫対策&農薬」に関して、皆さんのご意見をお聞かせください(11/15まで)

テキストこぼれ話

11月号テキストこぼれ話
柑橘にまつわる話を公開中!(後編)

柑橘栽培が楽しくなるウンチクをインタビュー。後編は三輪さんが今ハマっている養蜂について。

今、熱い植物

今、熱い植物 第17回
“多肉のタネまき事始め…アナカンプセロス”

アナカンプセロスは、多肉植物のタネまき入門にうってつけ!

栽培ナビ オリーブ

「12か月栽培ナビ」シリーズ新刊『オリーブ』発売!

オリーブの毎月の作業と管理を徹底ナビ。必要な作業を初心者にもわかりやすく解説しています。

投稿募集中 from テキスト編集部
「バラの病害虫対策ノート」の使い方

「バラの病害虫対策ノートの」の使い方
みんなの使っている様子を募集中!

「園芸栽培ノート2018」の使い方

「園芸栽培ノート2018」の使い方
みんなの使い方、アイデア募集中!

見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

テキスト人気連載をWEBで毎月お届け。人気の高まる多肉植物や観葉植物に注目し、その魅力を紹介

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

今年の夏は緑のカーテン

今年の夏は緑のカーテン

緑のカーテンの作り方やおすすめ植物、実践事例などを紹介しています

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

園芸LOVE 原田が行く

園芸LOVE 原田が行く

「みんなの趣味の園芸」スタッフであり『趣味の園芸』シニアエディター・原田による園芸エッセイ

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!