トピック&ニュースグリーンライフに役立つ最新トピック&ニュースをお届け!

育てて、収穫して、自家製コーヒーが飲める! 倉重祐二さんにコーヒーノキについて聞いてみた!<後編>趣味の園芸9月号こぼれ話

趣味の園芸9月号で講師を務めたさん倉重祐二さんに、コーヒーノキについてのお話を伺...
趣味の園芸9月号で講師を務めたさん倉重祐二さんに、コーヒーノキについてのお話を伺いました

ウェブサイト「みんなの趣味の園芸」だけで読める「テキストこぼれ話」。今月は9月号の観葉植物特集で「夢を育てる コーヒーノキ」の講師を務めた、新潟県立植物園の園長・倉重祐二さんが登場します。

 

前編では、コーヒーノキの主な種類と栽培環境についてお聞きしました。後編では、植物園での取り組みについて伺います。

 

編集部(以下、編):ところで、新潟県立植物園ではどうしてコーヒーノキの栽培に力を入れるようになったのですか?

 

倉重祐二(以下、倉):園では植物を展示するだけでなく、さまざまなイベントを企画しています。2016年に開催した「植物と食文化講座」で、「違いのわかるコーヒー教室」と題してコーヒーノキを取り上げたところ、地元のカフェから「植物園で栽培するコーヒーノキの豆を収穫させてもらいたい」という申し出があるなど、大きな反響がありました。これを機に、バリスタ協会などとコラボして、「にいがたコーヒープロジェクト」が2017年6月にスタートしました。

 

:具体的にはどんな活動を?

 

:植物園としては、緑化普及を目的にコーヒーノキの苗木を販売するとともに、家庭での育て方をサポートし、豆を収穫して自分だけのコーヒーを飲もう、というコンセプトを掲げています。

園内では毎週金・土・日曜日にカフェを営業して、地元のカフェでブレンドし、バリスタが淹れたコーヒーなどを提供しています。また、焙煎講座やドリップ講座などのイベントも開催しています。

 

:失礼ながら、公共施設にこんな居心地のよいカフェ空間があって、本格的なコーヒーが飲めるとは思いませんでした。

 

:厳密には、店舗はカウンターの内側だけなので、客席には持ち込みもOKです。ぜひ気軽に足を運んでみていただければと思います。

 

:プロジェクトは植物園の外にも拡大しているんですよね。

 

:ええ。7月にコーヒー焙煎事業を手がける企業主催のイベントがありました。

国内外のコンテストで優勝経験のある焙煎士らを招いてのコーヒートークセッションのほか、私は日本初のスペシャルティ・コーヒーとして認定された、沖縄県産のコーヒー苗木を受け取りました。今後は植物園での成長の過程を、SNSなどで随時お伝えしていきます。

前編で触れたように、このとき初めて、現地でも飲めなかった沖縄県産のスペシャルティ・コーヒーを試飲しました。あんこのようなやわらかい甘み、抹茶のような香りが感じられ、全体的に心地よい、ほっとするような味で、非常においしかったです。沖縄の大地を感じました。

 

20180828こぼれ話_02.jpg

沖縄のコーヒー生産者・徳田泰二郎さんが育てた苗木を受け取る倉重さん。(写真提供:にいがたコーヒープロジェクト)

 

:夢が広がりますね!

 

:プロが監修したレシピを、スマートフォンから最新の焙煎機に読み取らせて焙煎する、というのも新鮮な体験でした。

 

:沖縄では、どのようなスタイルでコーヒーを生産しているんでしょうか?

 

:今年5月に訪問した生産農家では、ご夫婦でとても丁寧にコーヒーノキを育てていました。特に印象的だったのが、強い直射日光が苦手なコーヒーノキのシェードツリーとして、ウラジロエノキを使っていた点です。成長が早く、枝が水平に出て日陰をつくり、下枝は順に枯れていくので、コーヒーノキの高さに枝が当たることはありません。周囲の自然を生かした、すばらしい工夫だと思います。

 

20180828こぼれ話_03.jpg

沖縄のコーヒー生産農場の風景。シェードツリーにはウラジロエノキ。(撮影:倉重祐二)

 

:沖縄ならではですね。観葉植物としてのコーヒーノキも、沖縄で生産されているんでしょうか?

 

:苗木は台湾で生産されたものが多いようです。すべて実生ですね。発芽率はよくて、沖縄の生産農家から譲り受け、私がまいた270粒もほぼ全て発芽しています。

 

:なるほど。最後に、コーヒープロジェクトの今後の展望を教えてください。

 

:生産農家と植物園で情報交換をしながら、より日本に適した栽培技術についての研究を行っていく予定です。プロジェクトを通して育て始めたコーヒーノキは、うまく成長すれば来年あたりから開花し始めるかもしれません。みなさんの栽培をフォローしながら、夢を現実にしていきたいですね。

 

:ありがとうございました!

 

<終わり>

前編はこちら

 

20180821こぼれ話_profile.jpg

倉重祐二(くらしげ・ゆうじ)

新潟県立植物園園長。専門はツツジ属の栽培保全や系統進化、園芸文化史。著書に『よくわかる栽培12か月 シャクナゲ』など。2017年6月より、にいがたバリスタ協会と「From Seed to Cup 〜コーヒーの種からカップまで〜」をテーマに「にいがたコーヒープロジェクト」をスタート。週末は植物園の温室内で「にいがたコーヒーラボ」を営業。コーヒー関連のイベントや講座も開催している。

 

20180821e_01.jpg

『趣味の園芸』9月号 最新号の見どころを紹介

 

こぼれ話sp.jpg

「みん園」限定! 趣味の園芸テキストこぼれ話

『趣味の園芸』テキストの特集に関連して、担当編集者による講師へのインタビューなどをウェブ限定で公開します。(毎月2回更新予定)

 

 

関連する植物の情報

コーヒーノキのみんなの写真

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

気軽に部屋をイメージチェンジ

理想の部屋に一歩近づけるコツをスタイリストの石井佳苗さんが指南!
抽選で10名様にプレゼント<PR>

詳しくはこちら
ピックアップ
アンケート

『やさいの時間』アンケート実施中!抽選で5名様に書籍プレゼント

「病害虫対策&農薬」に関して、皆さんのご意見をお聞かせください(11/15まで)

テキストこぼれ話

11月号テキストこぼれ話
柑橘にまつわる話を公開中!(後編)

柑橘栽培が楽しくなるウンチクをインタビュー。後編は三輪さんが今ハマっている養蜂について。

今、熱い植物

今、熱い植物 第17回
“多肉のタネまき事始め…アナカンプセロス”

アナカンプセロスは、多肉植物のタネまき入門にうってつけ!

栽培ナビ オリーブ

「12か月栽培ナビ」シリーズ新刊『オリーブ』発売!

オリーブの毎月の作業と管理を徹底ナビ。必要な作業を初心者にもわかりやすく解説しています。

投稿募集中 from テキスト編集部
「バラの病害虫対策ノート」の使い方

「バラの病害虫対策ノートの」の使い方
みんなの使っている様子を募集中!

「園芸栽培ノート2018」の使い方

「園芸栽培ノート2018」の使い方
みんなの使い方、アイデア募集中!

見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

テキスト人気連載をWEBで毎月お届け。人気の高まる多肉植物や観葉植物に注目し、その魅力を紹介

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

今年の夏は緑のカーテン

今年の夏は緑のカーテン

緑のカーテンの作り方やおすすめ植物、実践事例などを紹介しています

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

園芸LOVE 原田が行く

園芸LOVE 原田が行く

「みんなの趣味の園芸」スタッフであり『趣味の園芸』シニアエディター・原田による園芸エッセイ

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!