トピック&ニュースグリーンライフに役立つ最新トピック&ニュースをお届け!

「ガーデンシクラメン」として売り出したかった原種シクラメン...横山直樹さんに原種シクラメンについて聞いてみた!<前編>趣味の園芸12月号こぼれ話

ウェブサイト「みんなの趣味の園芸」だけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』テキストの特集に登場した、講師の方にインタビューします。専門家の方だけが知っているおもしろい情報が満載です。

 

今月は12月号特集「楽しみ広がる! シクラメン最前線」に関連して、『趣味の園芸』講師でおなじみの横山直樹さんにインタビューしました!

 

編集部(以下、編):原種シクラメンに詳しい横山さんですが、そもそも原種シクラメンに初めて出会ったのはいつなんでしょうか?

 

横山(以下、横):シクラメン・ヘデリフォリウムはうちの農場のハウスの栽培棚の下にたくさん生えていて、小学生のころからとても身近にありました。もともとは父(園芸栽培農家・横山暁さん)が海外から手に入れたものが、こぼれ種でふえていたんですね。

あまりに身近にありすぎたせいで、そのころは注目に値する植物という風にはまったく思っていませんでした。

 

20181121こぼれ話_02.jpg

クレマチスの丘で咲くヘデリフォリウム

 

:しかし今、日本でこれだけ原種シクラメンがポピュラーになったのは横山さんの影響も大きいと思います。どんなきっかけで、原種シクラメンに注目するようになったんでしょう。

 

:19歳の時に、イギリスのアシュウッド・ナーセリーに研修に行ったことが大きいですね。

アッシュウッドは原種シクラメンのコレクションと生産で知られるナーセリーですが、そこで目にしたのはそれまで知らなかったヘデリフォリウムやコウム以外の原種の魅力。そして、育種で生み出されたものすごい数のバリエーションでした。

研修の傍ら、これも原種シクラメン専門のタイルバーンナーセリーに行って、また違った方向性でつくられた品種を見たり、ギリシャの自生地を訪ねたりもしました。

 

20181121こぼれ話_03.jpg

タイルバーンナーセリーで育種されたミラビレ

:ヨーロッパではシクラメンの原種が自生しているんですね。

 

:なので、当然戸外の野山で育っていますし、管理されているガーデンにも植えられています。半野生化しており、本当の自生地かどうかわからなくなるくらいです。

余談ですけど、世界的に有名なドイツのノイシュバンシュタイン城やイタリアのコロッセオの周辺でも見かけたことがあります。

 

:いろんな国で栽培できているなら、日本でも育てられそうですね。

 

:そうなんです!

シクラメンといえば大鉢を室内で楽しむものという、日本での楽しみ方しか知らなかったので、とても驚きました。

それと同時に、「庭で育てるシクラメンは日本でもきっと受け入れられるはず!」という確信がありました。同じシクラメンを庭で、何年も育てられるなんてこんなに楽しいことはないですよ。

これはもう、日本に帰ったら早速たくさんつくって流行らせるしかない!

そう思って、売り出すための名前も考えたんです。

 

:それはどんな名前ですか?

 

:庭に植えても育てられるということで「ガーデンシクラメン」という名前を考えていました。

しかし、帰ってきて紹介流通させようと思った同じ年に、小型の園芸品種の「ガーデンシクラメン」のほうが先に売り出されてしまったんです...。

 

:そんな経緯があったとは...。それで思いついたのが「原種シクラメン」だったんですか?

 

:最初のうちは「野生のシクラメン」「シクラメンの原種」なんて言ってみたり、学名のCyclamenからキクラメンなんて呼んでみたりしてましたが、どれも今ひとつしっくり来ない。

そんな中、2004年に『趣味の園芸』テキストで原種シクラメンを紹介する機会がありました。

そこで注目してくれた人たちが、日本の原種シクラメン第一世代なんじゃないでしょうか。 この人たちが、海外からタネや乾燥球根を手に入れて育てたりしはじめて、種や球根を互いに交換するようになっていく中で、呼び方が「原種シクラメン」や略称の「原シク」に落ち着いていったのかなと思います。

チューリップやクリスマスローズの原種が国内でも注目されるようになり、「原種」というフレーズが耳になじみやすくなってきた時期に重なったのもよかった気がしますね。

 

後編はこちら

 

20181121こぼれ話_04.jpg

アフリカナムの大株

 

20181121こぼれ話_profile.jpg

横山直樹(よこやま・なおき)

園芸研究家/1978年、東京都、清瀬市生まれ。原種シクラメン、クリスマスローズの育種、生産を行うほか、エディブルフラワーの生産も手がける。著書に『NHK趣味の園芸プラスワンもっとシクラメン』

 

20181121e_01.jpg

『趣味の園芸』12月号 最新号の見どころを紹介

 

こぼれ話sp.jpg

「みん園」限定! 趣味の園芸テキストこぼれ話

『趣味の園芸』テキストの特集に関連して、担当編集者による講師へのインタビューなどをウェブ限定で公開します。(毎月2回更新予定)

 

 

関連する植物の情報

シクラメンの植物図鑑

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

気軽に部屋をイメージチェンジ

理想の部屋に一歩近づけるコツをスタイリストの石井佳苗さんが指南!
抽選で10名様にプレゼント<PR>

詳しくはこちら
ピックアップ
テキストこぼれ話

12月号テキストこぼれ話
シクラメンにまつわる話を公開中!(後編)

後編では、横山直樹さんに原種シクラメンの栽培のポイントなどを教えていただきました。

今、熱い植物

今、熱い植物 第18回
“インドアグリーン最前線”

人が長く過ごす場所をグリーンで快適に。最近は『内向き』の緑化がふえてきている。

投稿募集中 from テキスト編集部
「バラの病害虫対策ノート」の使い方

「バラの病害虫対策ノートの」の使い方
みんなの使っている様子を募集中!

「園芸栽培ノート2018」の使い方

「園芸栽培ノート2018」の使い方
みんなの使い方、アイデア募集中!

見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

テキスト人気連載をWEBで毎月お届け。人気の高まる多肉植物や観葉植物に注目し、その魅力を紹介

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

今年の夏は緑のカーテン

今年の夏は緑のカーテン

緑のカーテンの作り方やおすすめ植物、実践事例などを紹介しています

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

園芸LOVE 原田が行く

園芸LOVE 原田が行く

「みんなの趣味の園芸」スタッフであり『趣味の園芸』シニアエディター・原田による園芸エッセイ

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!