トピック&ニュースグリーンライフに役立つ最新トピック&ニュースをお届け!

ワイン用ブドウ品種の知られざる味わいと、ローカルワインの楽しみ<前編・ワインづくりは、ブドウづくりから>『趣味の園芸』8月号こぼれ話

ウェブサイト「みんなの趣味の園芸」だけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』テキストの特集内容に関連して、誌面で紹介しきれなかった情報をお届けします。

 

今回はテキスト8月号特集の記事「東京のブドウでワインをつくる」で取材させていただいたワイナリーの経営者、越後屋美和さんに、ワイン用ブドウ品種についてお聞きしました。 ぜひ、誌面とともにお楽しみください。

 

編集部(以下、編):『趣味の園芸』テキストのウェブサイトなので、まずはブドウの栽培のことについてお聞きしたいのですが、栽培管理に特に気遣いが必要な品種はありますか。

 

越後屋(以下、越):ヨーロッパ系の品種は、東京ではどれも気を遣います。晴れて雨が少なく、夏も涼しい気候のもとで改良された品種が多いからでしょうね。東京では梅雨時から初秋まで高温で湿度の高い日が続くので、想像以上に病気や害虫への対策に手間がかかって......。日本では標高の高い地域や北国を除けば、どこも同じ苦労があるのではないでしょうか。生産をお願いしている農家さんには本当に頭が下がります。北海道や東北地方ではきちんと育つのに、どんなに工夫しても、この東京の気候風土では失敗続きという品種がありますから。

 

20200721こぼれ話_02.jpg

代表的なヨーロッパ系白ワイン用品種の'シャルドネ'。

 

:なかなかいい味が出ないということですか。

 

:そういうこともありますが、それ以前に、そもそも収穫まで至らないとか、木が大きく育たないとか、根本的な問題を抱えた品種もあるんです。ブドウも植物、生き物ですから、適した土地でないと難しい場合があるということです。

 

:日本でもヨーロッパ系の品種でつくられたワインがふえてきましたが、全国の生産者の方々は苦労されているのでしょうね。逆に、気を遣わなくてすむ品種はありますか。

 

:日本に自生しているヤマブドウは強くて頼もしいです。国内のワイン用ブドウの代表格の一つとされる'マスカット・ベーリーA'もつくりやすいブドウですよ。「日本のワイン葡萄の父」と呼ばれる川上善兵衛さんが作出した品種です。あとは'甲州'ですね。ヨーロッパブドウの遺伝子が入っている割には、比較的育てやすいと思います。ヤマブドウと'甲州'は収穫量も多いので、ワインをつくる立場からするとありがたいです。

 

20200721こぼれ話_03.jpg

越後屋さんのお店「東京ワイナリー」は東京・練馬区にある。かわいらしい看板が目印。

 

:収穫する前にブドウを食べてみることはあるのでしょうか。

 

:もちろんです。東京で生産をお願いしている品種は、農家さんのところにうかがって食べてみます。そうしないと、でき具合がわかりませんから。一例を挙げれば、ワインにする場合は必ずしもブドウが完熟していればよい、というわけではないんです。特に白ワインでは完熟の少し前、酸味が残っているところで収穫します。その判断をするには、実際にブドウを食べてみるのが手っ取り早いですから。あるいは、赤ワインをつくる場合、タネを噛んでタンニンの渋みに含まれた味をみます。ワインの醸造には果肉だけではなくタネや皮も使いますが、タネがナッツっぽく感じられればいいけど、青みを感じる場合は、使うタネの量を少し減らすなど調節します。果実をつぶして果汁の酸味を調べたりもします。そのようにして、収穫する前に今年のこの品種はどんなワインに向くのだろう、と考えを巡らせます。

 

20200721こぼれ話_04.jpg

越後谷さんのところでは、生産量が少ない品種は小さいガラスのボトルで発酵させている。

 

:同じ品種でも、年ごとにブドウの味わいが変わるということでしょうか。

 

:そうですね。基本的な味は変わりませんが、微妙な味の違い、品質の違いでも、ワインにしたときには大きな違いとなってあらわれることがあります。いい香りの成分が、その年の気候によって強まったり弱まったりもしますしね。例えばメルローは赤ワイン用の品種ですが、果実の味をみて、場合によってはロゼにすることもあるんです。最近は雨量がふえているので、特に雨が多い年などは、果実を食べてみて収穫時期を通常よりも早める決断をすることもありますよ。ブドウの品質は気候変化の影響を大きく受けるので、判断の遅れが失敗につながらないように気をつけています。

 

:なるほど。ワインづくりはブドウづくりから、というわけですね。

 

:そのとおりです。なにしろ、ワインの原料はブドウ以外に何もありませんから。水さえも使わないでしょう。だから原料のブドウがよければ、まず間違いなくワインはおいしくなるんです。

 

後編に続く! <東京の個性をワインで表現したい

 

20200721こぼれ話_pro.jpg

越後屋美和(えちごや・みわ)

ワイナリー経営者。玉川大学農学部を卒業後、青果や花きを扱う仲卸の大田市場に勤務。山梨大学のワイン科学研究センターや広島の酒類総合研究所、山梨県のワイナリーなどで2年間ほど学び、2014年に醸造免許を取得。同年、練馬区大泉学園町に東京初のワイナリー「東京ワイナリー」をオープン。

 

こぼれ話sp.jpg

テキストこぼれ話」では、『趣味の園芸』テキストの特集に関連して、担当編集者による講師へのインタビューなどをウェブ限定で公開しています(毎月2回更新予定)

 

『趣味の園芸』2020年8月号(7/21発売)

 

202008e_34-35.jpg

「東京のブドウでワインをつくる」(p.34~)では、都内でブドウ栽培に奮闘する越後谷さんを取材。まちなかワイナリー物語をお届けします。

 

202008e_01.jpg

8月号の内容はこちら

 

関連する植物の情報

ブドウの植物図鑑

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

栽培ナビイチゴ
ピックアップ
趣味の園芸テキスト

『趣味の園芸』10月号は新・秋花の女王ダリアとマム!!

シーズン到来!花づくしの大特集。「おとなの園芸入門」拡大版は球根の基本。

テキストこぼれ話

10月号テキストこぼれ話~落合英司さんに聞く、もっと知りたいマムのこと。前編

マムが秋に咲くのには、こんな理由があるんです!

pr

疲れにくく、作業がはかどる剪定バサミ新発売![PR]

園芸作業を楽しく、ラクにしてくれる最新アイテムを紹介します!

pr

全国ハギの名所ガイド

秋はハギの見ごろの季節です。全国各地の萩寺やハギの名所を一覧でご紹介します!

投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
クリスマスローズのぬり絵

クリスマスローズのぬり絵

【おうち時間を応援】クリスマスローズのぬり絵とお手本を無料公開中!

病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

進化系園芸店

ふらりと足が向く進化系園芸店

趣味の園芸テキストの連載で紹介した、今訪れたい進化系園芸店

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

人気の高まる多肉植物や観葉植物。業界の最前線で活躍する専門家がその魅力を紹介

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

今年の夏は緑のカーテン

今年の夏は緑のカーテン

緑のカーテンの作り方やおすすめ植物、実践事例などを紹介しています

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!