トピック&ニュースグリーンライフに役立つ最新トピック&ニュースをお届け!

観葉植物を枯らさないコツは? 谷奥俊男さんに、グリーンと暮らす醍醐味を聞きました!『趣味の園芸』1月号こぼれ話<後編>

ウェブサイト「みんなの趣味の園芸」だけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』テキストの特集内容に関連して、誌面で紹介しきれなかった情報をお届けします。

 

1月号で、観葉植物と暮らすことについて、園芸ビギナーにもわかりやすく教えてくれた谷奥俊男さん。前編では、谷奥さんの「観葉植物」に懸ける熱い思いをうかがいました。後編では「植物を枯らさないための取り組み」について教えていただきました。

 

*  *  *

 

観葉植物の育て方や管理方法について勉強を重ね、生産者さんからも多くのヒントをいただき、知識も着実にふえました。それを「ちゃんとお客様に伝えよう!」と思ったきっかけは、お店をオープンして3年目ごろです。

お陰さまで売り上げも好調だったんですが、あるときふと気づいたんです。「あれ? リピーターさんが少なくないか?」と。確かに、新規のお客さんは増えていました。でも、最初は数回通い詰めていただいたお客さんが、あるときから来られなくなっていたのです。

 

失礼と思いつつ、お客さんに直接聞いてみました。「最近どうされていますか? ウチの店、どこが足りないですか?」と。すると、「前に買ったものを枯らしてしまったので...」とおっしゃる。調べてみると、多くのお客さんが1〜2年以内に観葉植物を枯らしていました。一度、失敗してしまうと「自分には無理だ」と、植物との暮らしをあきらめてしまう方が多かったんです。植物との暮らしは、楽しくていいことばかりなのに、これは大変なことをしていたと気づいたのです! 「売ったら終わりで、育てるためのアドバイスをしていなかった!」と。

 

そこで「初心者でも植物を枯らさないために、最低限、何をすればいいか?」という視点で考案したのが、1月号で紹介した「光・風・水」のメソッドです。「観葉植物が生きるのに必要な明るさは500~1000ルクス」などということは、ネットなどには書かれていますが、絶対にその明るさが必要かというと、そうではないのです。大切なのは、置かれる場所に順応(順化)させるための過程です。

これまでの常識とは違うことが多いので、びっくりされる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、すべて私が実際に試して、導き出した結果です。暗い部屋でも照明を当てれば枯れないし、観葉植物は本来丈夫なので、怖がらずにチャレンジしてほしいです。

 

私の店では、購入されたお客様とSNSでつながり、わからないことや不安なことは、気軽に何でも聞いていただけるような体制を整えています。なので、「葉っぱが黄色くなってきたんですが」と、実物の写真つきで送られてくる連絡に「照明を当ててみて」「換気をしてあげて」などとアドバイスを返信して、個別に対応しています。要望があれば、ご自宅まで'往診'にも行きますし、状態が悪化しているときは、一旦店に持ち帰って管理し直し、健康な姿を取り戻してからお返しすることもあります。いわば、植物の病院ですね。

 

202101こぼれ後編_02.jpg

谷奥さんの'往診'カバン。照度計、湿度計のほか、風向きを測る器具も。

 

このように、初めて植物を育てる人に必要なことは何かを、日々考えています。都会では部屋が狭い人も多く、植物がグングン育ってどんどん大きくなられても困る人もいると思い、今は「大きくならない品種」の改良も進めています。

 

「仕事で花を扱うから、プライベートでは植物はいらない」と思っていたことが嘘みたいに、今ではジャングルみたいな部屋に住んで、植物との暮らしを満喫する毎日です。皆さんも、まずは一鉢、生活にグリーンを迎えてみると、新しい発見がきっとありますよ!

 

202101こぼれ前編_06.jpg

谷奥さんのご自宅

 

202101こぼれ後編_06.jpg

京都市二条にある谷奥さんのショップの店内

 

202101こぼれ後編_03.jpg

202101こぼれ後編_04.jpg

店には観葉植物だけでなく、パルダリウム(上)やガラス作家・西冨なつきさんの作品(下)も並ぶ。

 

写真撮影:田中雅也 撮影協力:cotoha

 

 

202101こぼれ前編_pro.jpg

谷奥 俊男(たにおく・としお)

京都で室内植物店「Cotoha」と生花店「Blowmist BOOM」を経営。鉢植えは、販売時のカウンセリングと販売後のフォローで「枯らさない」ケアを徹底。遠方から訪れる人も多く、全国の顧客から厚い信頼を集めている。

 

こぼれ話sp.jpg

テキストこぼれ話」では、『趣味の園芸』テキストの特集に関連して、担当編集者による講師へのインタビューなどをウェブ限定で公開しています(毎月2回更新予定)

 

『趣味の園芸』2021年1月号 好評発売中!

202101e_20-21.jpg

「知識ゼロから始める 観葉植物 超入門」では、谷奥さんが植物と仲良く暮らすコツを、「光・風・水」のメソッドで初心者にもわかりやすく教えてくれました。

 

202101e_01.jpg

1月号の内容はこちら

 

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

定期購読
投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
植物図鑑まとめ

植物図鑑まとめ

たくさんある植物の中から、テーマ別や特徴別に紹介します。植物選びの参考にしてください

病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

進化系園芸店

ふらりと足が向く進化系園芸店

趣味の園芸テキストの連載で紹介した、今訪れたい進化系園芸店

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

人気の高まる多肉植物や観葉植物。業界の最前線で活躍する専門家がその魅力を紹介

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

園芸用語集

園芸用語集

園芸でよく使われる主な専門用語を400語以上を掲載。50音順の索引から調べられます

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!

NHKテキスト定期購読