トピック&ニュースグリーンライフに役立つ最新トピック&ニュースをお届け!

万葉人の心をとらえた異国の花、ウメ

撮影:蛭田有一
撮影:蛭田有一

万葉人が野に出て愛で、歌に詠んだ花々。日本独自の植物文化をもとに見つめ直します。今回は中国原産の花、ウメ。万葉人の憧れだった花が日本人の生活に根づき、愛されるようになった理由と魅力を考えます。教えてくださるのは、園芸研究家の長岡 求(ながおか・もとむ)さんです。

 

*  *  *

 

『万葉集』で2番目に多く詠まれた花

 

冬の終わりに白やピンク、赤などの清楚な花を枝いっぱいに咲かせるウメ。その馥郁(ふくいく)たる香りとともに、春の訪れを告げる花木として長く親しまれてきました。

 

元号の「令和」が『万葉集』(8世紀後半)の「梅花(うめのはな)の歌三十二首」の序から採られたことで、改めて万葉の花、ウメが注目されました。『万葉集』で詠まれた花ではハギに次いで2番目に多い約120首。万葉人に愛された花といえるでしょう。

 

原産地は中国の中南部とされていますが、万葉の時代には外来の植物として珍重され、身近に植えて、観賞され始めていました。

 

日本に渡来した時期にも諸説があります。奈良時代の遣唐使のころともいわれますが、弥生時代の遺跡から遺物が発見されていることから、稲作の伝来と同じ時期までさかのぼると考える人もいます。

 

文人たちの花から庶民の花へ

 

日本で最初にウメが描かれたのは、『万葉集』より少し前の漢詩集『懐風藻(かいふうそう)』(751年)です。紅梅が文献上で現れるのは後年の『続日本後紀』(869年)で、万葉時代のウメは白花だったと想像されます。

 

室町時代には庭園などで観賞目的に栽培され、江戸時代に入ると『花壇綱目』(1681年)で53種類、『花壇地錦抄』(1695年)で44種類と、品種も多く記載されるようになりました。江戸時代後期には庶民の間でも早春に鉢植えでウメの花が楽しまれ、江戸周辺には観賞のための梅林がいくつも生まれました。

 

サクラが日本の花として親しまれる一方で、ウメは日本に根づきながらも、中国文化とつながる風雅な花であり続けました。

 

202102e_01.jpg

テキスト『趣味の園芸』2021年2月号より

 

関連する植物の情報

花ウメ

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

定期購読
投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
植物図鑑まとめ

植物図鑑まとめ

たくさんある植物の中から、テーマ別や特徴別に紹介します。植物選びの参考にしてください

病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

進化系園芸店

ふらりと足が向く進化系園芸店

趣味の園芸テキストの連載で紹介した、今訪れたい進化系園芸店

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

人気の高まる多肉植物や観葉植物。業界の最前線で活躍する専門家がその魅力を紹介

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

園芸用語集

園芸用語集

園芸でよく使われる主な専門用語を400語以上を掲載。50音順の索引から調べられます

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!

NHKテキスト定期購読