トピック&ニュースグリーンライフに役立つ最新トピック&ニュースをお届け!

ポイントは3つ! 屋上・ひさしのないバルコニーで植物を育てる

写真提供:渡辺 均
写真提供:渡辺 均

植物の好きな人にとって、屋上や広いテラスのある家は夢広がる憧れの空間です。しかし、広さゆえにどこから手をつけたらいいのかわからず、なかなか踏み切れない人もいるかもしれません。千葉大学環境健康フィールド科学センターの渡辺 均(わたなべ・ひとし)さんが、屋上やひさしのないバルコニーで植物を育てる際に大切な3つの特徴を紹介します。

 

*  *  *

 

特徴1 じつは植物にはよい環境

 

屋上やひさしのないバルコニーは日当たりがよく、植物を育てるには最適な環境です。冬になっても霜が降りにくく、同じ植物でも地上より1か月早く開花するものもあります。また、屋上は風の影響を受けやすく、植物が元気に育つわりに地上よりも成長が抑えられます。そのためコンパクトなサイズでまとまりやすいのも特徴です。かつて渡辺さんが尺鉢でサルナシを育てたところ、それほど大きくならないものの、実を30~40個もつけたそうです。

 

特徴2 夏の家を涼しくできる

 

直射日光が常に当たる屋上やベランダは、夏場、強烈な高温となります。コンクリートの屋上なら表面温度は60℃を超え、輻射熱で家の中の温度も上がってしまいます。都市部のビルでは屋上緑化を目にすることが多くなっていますが、人の集まる場所となるだけでなく、土と植物によって屋上の温度が下がります。ビルのように土を敷くことは難しくても、深めの大きなプランターを複数寄せて簡易の花壇をつくったり、大鉢で樹木を育てることで同じような効果が期待できます。

 

特徴3 地上とは異なる注意点も

 

屋上やバルコニーでは、建物にかかる積載荷重、いわゆる土や水などの重さに気をつける必要があります。また、鉢やプランターではなく、土で直接花壇をつくる場合は、床面を傷つけないようにシートを敷きます。泥や落ち葉による排水溝の目詰まりなどにも気を配りましょう。また、人の目が届きにくいので、鳥によって収穫直前で果樹の実が食べられてしまったり、知らないうちに落ち葉が隣家に飛んでしまったりなど、この環境ならではの注意点があります。

 

202104e_01.jpg

テキスト『趣味の園芸』2021年4月号より

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

定期購読
投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
植物図鑑まとめ

植物図鑑まとめ

たくさんある植物の中から、テーマ別や特徴別に紹介します。植物選びの参考にしてください

病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

人気の高まる多肉植物や観葉植物。業界の最前線で活躍する専門家がその魅力を紹介

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

園芸用語集

園芸用語集

園芸でよく使われる主な専門用語を400語以上を掲載。50音順の索引から調べられます

今年の夏は緑のカーテン

今年の夏は緑のカーテン

緑のカーテンの作り方やおすすめ植物、実践事例などを紹介しています

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!

バックナンバー