トピック&ニュースグリーンライフに役立つ最新トピック&ニュースをお届け!

高温多湿の日本の夏にも負けない! サトイモを育てよう

(撮影:栗林成城)
(撮影:栗林成城)

今が植えつけ適期のサトイモ。高温多湿に強いのでジメジメした日本の夏にも負けずに育ちます。恵泉女学園大学人間社会学部教授の藤田 智(ふじた・さとし)さんがサトイモ栽培の3つのポイントを教えてくれました。

 

*  *  *

 

ほかの野菜の日照を妨げない場所に植える

 

サトイモは葉が大きいうえ、成長すると草丈が1.2~1.5mほどにもなります。そのため、隣で別の野菜を育てる場合は要注意。サトイモの日陰になるとほかの野菜が育ちにくいため、日照をさえぎらない場所を選んで植えつけることが大切です。

 

月1回の追肥と土寄せで、イモを太らせる

 

大きなサトイモを収穫するためには、定期的な追肥で養分を与え、土寄せでイモが太るスペースを作るのが肝心です。土の量は、一度にたくさん寄せすぎると子イモの数が少なくなり、少なすぎるとイモが地表に出て緑色になるので、月に1回、5~10cmほどの高さで土を盛るとよいでしょう。

 

梅雨明け後は敷きワラと水やりで乾燥防止

 

サトイモ栽培の大敵は、夏の乾燥です。水分が不足するとイモが肥大しにくくなるので、梅雨が明けたら株元にワラを敷いて乾燥を防ぎます。乾燥が続くときは週に1~2回を目安に水をたっぷりやるのも、大きなイモを育てるポイントです。

 

202104y_01.jpg

『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2021年4・5月号より

 

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

定期購読
投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
植物図鑑まとめ

植物図鑑まとめ

たくさんある植物の中から、テーマ別や特徴別に紹介します。植物選びの参考にしてください

病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

人気の高まる多肉植物や観葉植物。業界の最前線で活躍する専門家がその魅力を紹介

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

園芸用語集

園芸用語集

園芸でよく使われる主な専門用語を400語以上を掲載。50音順の索引から調べられます

今年の夏は緑のカーテン

今年の夏は緑のカーテン

緑のカーテンの作り方やおすすめ植物、実践事例などを紹介しています

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!

バックナンバー