トピック&ニュースグリーンライフに役立つ最新トピック&ニュースをお届け!

短時間で甘く育つ! 夏エダマメ成功のコツ

(撮影:阪口 克)
(撮影:阪口 克)

4~5月にタネをまくのが一般的なエダマメ。今回は真夏に収穫できる、6月まきの成功のコツをエダマメ名人・加藤正明(かとう・まさあき)さんがレクチャーしてくれました。

 

*  *  *

 

6月まきのメリット

 

4~5月にタネをまいた人も、6月にもう一度ずらしまきをすれば8月上旬〜9月下旬に収穫でき、夏じゅうとりたてのエダマメを味わえます。

 

ただし、高温下での栽培となる6月まきは、4~5月まきに比べて、暑さによる発芽不良や害虫による被害が多くなり、栽培の難易度はやや高め。5つの対策を徹底して、甘くておいしいエダマメ収穫を目指しましょう。本稿ではタネまき前後のポイントを紹介します。

 

ポイント1 あらかじめ遮光して地温を下げるべし

 

エダマメは、地温が30℃を超えると発芽しにくくなるので、暑い時期にタネをまく場合、タネまきの前日に遮光ネットで日よけをして、地温を下げておくのがポイントです。発芽直後の芽は弱々しく、夏の直射日光でダメージを受けやすいので、初生葉(しょせいよう/マメ科野菜などで、双葉の次に出る葉)が完全に開いてから遮光ネットを外しましょう。

 

ポイント2 タネまき後の水やりは避けるべし

 

エダマメの場合、タネまき後の水やりはしないのが加藤流。急激な水分吸収でタネが膨張して腐りやすいうえ、水やりで地温がより高温になり、根がダメージを受けて発芽障害を起こしやすくなるからです。ただし、土がカラカラに乾いていたら、あらかじめ土に水をまき、半日ほど落ち着かせてからタネをまきます。

 

*これ以降のポイントはテキストをご覧ください。

 

202106y_01.jpg

『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2021年6・7月号より

 

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

サーバーメンテナンスによるサイト停止のお知らせ
サイト停止期間:6/30(水)午前10時~18時頃までを予定
沢井製薬
ヤクルト
趣味の園芸バックナンバー
投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
植物図鑑まとめ

植物図鑑まとめ

たくさんある植物の中から、テーマ別や特徴別に紹介します。植物選びの参考にしてください

病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

人気の高まる多肉植物や観葉植物。業界の最前線で活躍する専門家がその魅力を紹介

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

園芸用語集

園芸用語集

園芸でよく使われる主な専門用語を400語以上を掲載。50音順の索引から調べられます

今年の夏は緑のカーテン

今年の夏は緑のカーテン

緑のカーテンの作り方やおすすめ植物、実践事例などを紹介しています

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!