トピック&ニュースグリーンライフに役立つ最新トピック&ニュースをお届け!

家庭菜園のための有機栽培 秋はマメ科緑肥作物のタネをまこう

クリムソンクローバー(撮影:福田 稔)
クリムソンクローバー(撮影:福田 稔)

『やさいの時間』2021年10・11月号より、新連載「楽ちん佐倉流 家庭菜園のための有機栽培」がスタート。元明治大学農場特任教授で、有機農業研究家の佐倉朗夫(さくら・あきお)さんが、家庭菜園に取り入れやすい有機栽培のノウハウを教えてくれます。

 

*  *  *

 

秋はマメ科緑肥作物のタネをまこう

 

私たちの食料となる植物や、家畜を育て始めてから、長い歴史があります。化学肥料がなかった時代には、山野の草が緑肥(刈敷:山野や畑の草や茎を刈って畑に敷く技術)になり、地力維持やチッ素肥料の代替として日常的に利用されていました。ヨーロッパでは、マメ科作物を牧草として家畜に食べさせ、その排せつ物と敷きワラから作った「厩肥(きゅうひ)」を肥料としていました。

 

現在ではマメ科の根には、根粒菌が共生するので、空気中のチッ素を固定してくれること、また、共生するAM菌の働きによってリン酸や鉄などの栄養素や水分を植物に供給することが知られています。農業では、これらの効用を積極的に取り入れようと、新しい緑肥作物の利用技術が導入されています。

 

家庭菜園では、毎年秋にマメ科緑肥作物のタネをまいて、次の菜園に役立てる方法がおすすめです。順番に1畝ずつ緑肥作物専用にしていくと、根粒菌とAM菌の働きで畑全体の土が豊かになります。

 

花が咲くマメ科緑肥作物のヘアリーベッチやクリムソンクローバーは、5月ごろ開花して美しい景観を楽しめ、春夏野菜の訪花昆虫を引き寄せ、天敵も増やしてくれます。ヘアリーベッチは、しばらくすると枯れてしまうので、今度はそのままマルチ代わりの敷き草として利用。畝の表面が覆われるので、土の乾燥防止効果や抑草効果が発揮されます。

 

202110y_01.jpg

『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2021年10・11月号

連載「楽ちん佐倉流 家庭菜園のための有機栽培」より

 

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

趣味の園芸バックナンバー
投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
植物図鑑まとめ

植物図鑑まとめ

たくさんある植物の中から、テーマ別や特徴別に紹介します。植物選びの参考にしてください

病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

人気の高まる多肉植物や観葉植物。業界の最前線で活躍する専門家がその魅力を紹介

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

園芸用語集

園芸用語集

園芸でよく使われる主な専門用語を400語以上を掲載。50音順の索引から調べられます

今年の夏は緑のカーテン

今年の夏は緑のカーテン

緑のカーテンの作り方やおすすめ植物、実践事例などを紹介しています

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!