トピック&ニュースグリーンライフに役立つ最新トピック&ニュースをお届け!

<ランの情報はどう整理されているか>ラン研究のレジェンド・遊川知久さんに聞く【趣味の園芸1月号こぼれ話・前編】

ウェブサイト「みんなの趣味の園芸」だけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』テキストの特集内容に関連して、誌面で紹介しきれなかった情報をお届けします。

 

今回は、1月号ラン特集「特別のランから『みんなのラン』に」で対談をしていただいたラン研究のレジェンド・遊川知久さんと、新進気鋭のラン栽培家・清水柾孝さんが登場。ランについて、さらにお話を伺います。

 

ランは世界に原種が約 28,000種あり、今も毎年500種くらいずつ新種が見つかっています。さらに交配種があって、植物の中でいちばんの大家族です。

前編では、筑波実験植物園で研究員を務める遊川さんに<ランの情報はどう整理されているか>、お話を伺いました。

 

*  *  *

 

編集部(以下、編) ランはこれだけ種類が多くて、新種や交配種もどんどんふえています。一体どうやって情報が整理されているのでしょうか。

 

遊川知久(以下、遊) 原種は、イギリスのキューガーデン(キュー王立植物園)が中心になって、インターネットで学名検索できるデータベースを運営しています。日本にはそういうサイトがないので、そのデータベースを見るのが一番わかりやすいですね。

[参考] World Checklist of Selected Plant Families|Kew Science

 

20211221_こぼれ話前編_02.jpg

筑波実験植物園で見ることができる世界最大のラン、グラマトフィルム・スペキオスム Grammatophyllum speciosum(撮影/田中雅也)

 

 新種が発表されたときも、そこに記録されるのですか?

 

 研究者がチェックをして、新種と判断されれば記録されます。ある意味、非常に主観的です。たとえばオドントグロッサムがオンシジウムになったりするなど、特定の研究者の見解にランの学名は影響を受けています。それが交配種の登録でも名前が安定しない理由です。とはいえ、日本のラン業者の皆さんはまじめだから、そのたびにちゃんと修正しているのです。

 

 遺伝情報などの違いから生物の系統関係を調べた結果を採用した APG分類でも学名がよく変わります。遺伝情報を使った解析が進んだことから、ランの分類は影響を受けているのでしょうか。

 

 大いに受けています。ランの場合、ラン科が他の科に変わることはないけれど、科の下のレベルの属名はまったく変わってしまう。

 

 ランの交配種には、サンダーズリストという戸籍簿のようなものがあると聞きました。

 

 イギリスのサンダー(Henry Frederick Conrad Sander、1847-1920)という園芸家が 1895年に交配種の登録を始めて、19世紀以降の記録が今日につながっています。

栄養の入った寒天の培地にタネをまく方法が確立し広まったのが1930年代ですが、それまではタネを発芽させることに、ものすごく難儀していました。そのような時代にランの交配種をつくるのは、キクやバラで新品種をつくるのとは違う価値があったんです。

 

 もっとも古い交配種は?

 

 1856 年に咲いたカランセ・ドミニーです。サンダーズリストには交配種の名前だけでなく、交配親(種子親、花粉親)、登録年、登録者などが収録されているので、原種までさかのぼって追えるのが、ランがほかの園芸植物と違うおもしろさです。馬や犬のブリーディングの世界とも似ています。

 

編集部 私たちもサンダーズリストを見ることができるでしょうか?

 

 RHS(英国王立園芸協会)が登録の管理を継承しているので、RHSのサイトから入れます。

[参考] The International Orchid Register|RHS Gardening

 

 遊川さんが交配したランもあるのですか?

 

 うちの植物園ではランの交配種は一切やらないポリシーなので、育種はしていません。ですが、学生のときにやったときのものはありますね。育種はクリエイティブですからね。交配親の組み合わせからどんな花咲くのか想像することにはじまって......、今も考えるとワクワクします。

 

20211221_こぼれ話前編_03.jpg

筑波実験植物園のバックヤードには伸び伸びと根を垂らすランがたくさん。ラン本来の生きる姿を見せている(撮影/田中雅也)

 

 愛好家の勲章というか、これまでにない花を目指してやっている人もいますね。

 

 ランの場合、新しい交配種をRHSに申請して登録されれば、自分がつくった品種を世界中にその名前で広めることができます。ランをやっていて楽なのは、インドネシアでもエクアドルでも、ミャンマーや中国でも、世界のどこへ行ってもランの名前でやりとりできるから、英語圏でない人とでも大体用が足りるんです。場所によって名前が変わることがないですから。

 

 ランは世界の共通言語なんですね!

 

20211221_こぼれ話前編_04.jpg

バンダ・コエルリア Vanda coerulea。翡翠蘭(ひすいらん)といわれる通り、青い花色が美しい。中国南部から東南アジア、南アジアに生えるラン(撮影/田中雅也)

 

後編は、新進気鋭のラン栽培家・清水柾孝さんに<サラリーマンのラン生活>について伺います!

 

20211221_こぼれ話前編_pro.jpg

遊川知久(ゆかわ・ともひさ)

1961年広島県生まれ。千葉大学大学院博士課程修了。国立科学博物館植物研究部・多様性解析保全グループ長および筑波実験植物園研究員。植物の多様性を知り、守り、伝える取り組みを進めている。

 

こぼれ話sp.jpg

テキストこぼれ話」では、『趣味の園芸』テキストの特集に関連して、担当編集者による講師へのインタビューなどをウェブ限定で公開しています(毎月2回更新予定)

 

『趣味の園芸』2022年1月号(12/21発売)

202201e_42-43.jpg

花はきれいだけれど、敷居が高くてなかなか近寄れない......。そんな "高嶺の花" ランにおののく編集部員OとKを見かねて、ラン研究のレジェンド、遊川知久さんがランの生態と育て方のポイントについて教えてくれました。ふるさとの環境を知っていると、ランの栽培が一気にわかりやすくなりますよ。

 

202201e_01.jpg

1月号の内容はこちら

 

NHK出版で購入する | Amazonで購入する

関連する植物の情報

ランの植物図鑑一覧

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

ピックアップ
趣味の園芸テキスト

『趣味の園芸』2月号~主役はクリスマスローズ

注目品種やラクラク栽培法、葉の楽しみ方などクリロー情報が満載! オージープランツ特集も。

テキストこぼれ話

大和園のやさしいクリスマスローズができるまで~2月号こぼれ話・前編

大和園の2代目・佐藤尚史さんが登場。テキストに掲載しきれなかったクリスマスローズも!

『やさいの時間』

『やさいの時間』2・3月号~どっさり収穫を目指す

春準備編として、石灰・堆肥・肥料の選び方を解説。タネから始める苗作りの方法も!

プレゼント

【会員限定】「クリスマスローズの世界展」招待券をプレゼント!

2/18~20に開催されるイベントの招待券を抽選で5組10名様にプレゼントします《1/31締切》

趣味の園芸バックナンバー
投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
植物図鑑まとめ

植物図鑑まとめ

たくさんある植物の中から、テーマ別や特徴別に紹介します。植物選びの参考にしてください

病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

人気の高まる多肉植物や観葉植物。業界の最前線で活躍する専門家がその魅力を紹介

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

園芸用語集

園芸用語集

園芸でよく使われる主な専門用語を400語以上を掲載。50音順の索引から調べられます

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!