トピック&ニュースグリーンライフに役立つ最新トピック&ニュースをお届け!

ラン界のレジェンド×新進気鋭の旗手 ランの魅力を語る

左/清水柾孝さん、右/遊川知久さん。「ここの着生ランはつけっぱなし。20年そのま...
左/清水柾孝さん、右/遊川知久さん。「ここの着生ランはつけっぱなし。20年そのままにしているものもあります。植物園は100点ではなく70点の栽培でちょうどいいんです」(遊川さん) 撮影:田中雅也

ギフトやセレブの趣味のイメージが強かったラン。最近は手ごろな価格でカジュアルなランが入手できるようになり、ラン展に足を運ぶ若い人たちもふえています。ランの魅力とは? これからのランは? 

筑波実験植物園研究員の遊川知久(ゆかわ・ともひさ)さんと、ラン栽培家の清水柾孝(しみず・まさたか)さんに、愛してやまないランについて、本音トークしていただきました。

 

*  *  *

 

ラン展を訪れる20~40代がふえている

 

― 冬はラン展の季節。来られる方に変化はありますか?

 

清水 ここ2~3年で20~40代の来場者がふえています。SNSなどで発信や交流をされて、ラン展会場で出会って楽しむという流れです。展示で見たランがその場で購入できて、すぐにチャレンジできるのも楽しみの一つだと思います。

 

遊川 うちのラン展は今も年齢層が高いですね。親子連れも来られますがメインではないです。

 

清水 でも筑波実験植物園に行きたい人は若い人にも非常に多いと思います。植物好きの聖地みたいなところですから。中学生のときから、つくば蘭展には欠かさず来ていました。

 

遊川 清水さんがラン少年だったころから知っています(笑)。うちのラン展はほかのラン展と少し違っていて、ランを通じていろいろな生きものの暮らし方のおもしろさとか、地球の環境をよくしていくための生物多様性の大切さを感じてもらうとか、そういうところに重点を置いています。

 

1種ごとにみな性質が違うからおもしろい!

 

遊川 ランの魅力は多様性が無限だということですね。原種だけでも2万8000種ありますから。

 

清水 私が子どものころは2万ちょっとといわれていました。

 

遊川 年に500以上は新種が見つかっていると思います。若いころ1日1種違うランを見てやろうと思ったことがあって。80年がんばれば達成できる計算でしたがすぐ挫折して。そういう野心をもたせるおもしろさは、ほかの植物にはないですね。さらに交配種を入れれば、もっといろいろなおもしろさがある。1種ずつみな性質が違うわけですよ。例えばカトレアのよく似た種でも、開花期、香り、生育のサイクルも違う。そこにおもしろさが無限にあるわけね。生態や性質の違うわけを想像するだけでもおもしろい。「わかラン」がいっぱいあるんです。

 

清水 多様性をおもしろがることはよいと思います。カトレアの春咲きばかり持っていたら年1回春しか咲かないけど、夏も秋も冬も咲くカトレアはありますから、それをそろえれば一年中カトレアの花が見られるわけです。交配種も合わせればさらに花色のバラエティもふえてきます。

 

清水さんはランのどこに惹かれますか。

 

清水 私は種類が豊富なところですね。2万8000種もあれば見た目も色もみんな違いますし、新種もどんどん発見されて見たくなりますし、育てたくなる。育種もしているので、この母親と父親からこういうのが咲くだろうと思っていても、子どもたちは全然違う顔をしているとか、予想をくつがえしてくれるのがランのおもしろいところです。

 

何歳からランを育てているのですか?

 

清水 9歳からです。ランを育てる前から祖父母の影響で球根、食虫植物、サツキ盆栽、山野草、いろいろな植物に手を出していました。祖父に地元のラン展に連れていってもらって、パフィオペディラムのリップが食虫植物のウツボカズラに似ていると思って買ってもらったのがきっかけです。そこからのめり込んで抜けられなくなりました。

 

遊川 私は5歳か6歳のとき、植木市でウエハースのような香りがする白い花が垂れ下がったデンドロキラムにものすごく驚きランに興味をもちました。そのころから、ランのことを考えない日は1日もないです。

 

*続きはテキストでお楽しみください。

 

202201e_01.jpg

テキスト『趣味の園芸』2022年1月号 対談 特別のランから「みんなのラン」に より

 

NHK出版で購入する | Amazonで購入する

 

みん園だけで読めるテキストこぼれ話では、遊川さんと清水さんによる、テキストに掲載しきれなかったランの話を公開!

 

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

ピックアップ
趣味の園芸テキスト

『趣味の園芸』2月号~主役はクリスマスローズ

注目品種やラクラク栽培法、葉の楽しみ方などクリロー情報が満載! オージープランツ特集も。

テキストこぼれ話

大和園のやさしいクリスマスローズができるまで~2月号こぼれ話・前編

大和園の2代目・佐藤尚史さんが登場。テキストに掲載しきれなかったクリスマスローズも!

『やさいの時間』

『やさいの時間』2・3月号~どっさり収穫を目指す

春準備編として、石灰・堆肥・肥料の選び方を解説。タネから始める苗作りの方法も!

プレゼント

【会員限定】「クリスマスローズの世界展」招待券をプレゼント!

2/18~20に開催されるイベントの招待券を抽選で5組10名様にプレゼントします《1/31締切》

新着日記写真
発芽
2022/01/25
一進一退
2022/01/25
象形文字「>゜)...
2022/01/25
もうだめですか?
2022/01/25
モズ
2022/01/25
可愛らしいのを...
2022/01/25
趣味の園芸バックナンバー
投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
植物図鑑まとめ

植物図鑑まとめ

たくさんある植物の中から、テーマ別や特徴別に紹介します。植物選びの参考にしてください

病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

人気の高まる多肉植物や観葉植物。業界の最前線で活躍する専門家がその魅力を紹介

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

園芸用語集

園芸用語集

園芸でよく使われる主な専門用語を400語以上を掲載。50音順の索引から調べられます

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!