トピック&ニュースグリーンライフに役立つ最新トピック&ニュースをお届け!

アジサイの魅力を深掘り!庭木のプロフェッショナル・川原田邦彦さんに聞きました。【趣味の園芸6月号こぼれ話・前編】

アジサイの魅力を深掘り!庭木のプロフェッショナル・川原田邦彦さんに聞きました。【...

ウェブサイト「みんなの趣味の園芸」だけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』テキストの特集内容に関連して、誌面で紹介しきれなかった情報をお届けします。

 

6月号「1鉢置くならヤマアジサイ」で、日本古来のアジサイの魅力を教えてくれた川原田邦彦さん。茨城県で100年以上続く園芸場の四代目で、アジサイをはじめ多くの庭木や宿根草の生産・販売を手がける「植物の達人」です。そんな川原田さんに、誌面では語り尽くせなかった「アジサイ」の魅力について、さらに詳しく伺いました。

 

贈答品や家庭で楽しむ鉢花として、絶大な人気を誇るアジサイ。しかし、その由来をひも解くと、不思議な歴史があると川原田さんは言います。

 

アジサイは、ガクアジサイが基本種で、これはもともと日本の野山に自生していた花木です。しかし、江戸時代は庶民の間でも植物を育てる「園芸」が大流行したのに、アジサイはまったく人気がなかったようなのです。文献にもほとんど登場しません。その理由は2つほど考えられます。1つは、アジサイの別名が「よひら」であること。この名は、花びらのように見える蕚弁が「4枚」あることに由来しますが、ご存じのとおり、日本人にとって「4」は縁起の悪い数字です。またもう1つは、アジサイの花色が変化することです。忠義を重んじて変節を嫌う江戸時代の人々には、受けが悪かったのでしょう。

 

202206こぼれ話前編_伊予の乱髪.jpg

アジサイの蕚弁は4枚が基本。写真は、ヤマアジサイ「伊予の乱髪」。(撮影:丸山滋)

 

日本人には人気のなかったアジサイですが、鎖国中の日本にやってきたヨーロッパ人には目新しく、非常に魅力的な花でした。幕末、長崎に来日して『日本植物誌(フローラ・ヤポニカ)』を編纂したシーボルトもアジサイを愛した1人です。彼が、日本人妻・お滝さんの名前にちなみ、アジサイを「ハイドランジア・オタクサ」と命名して紹介したことは、よく知られていますね。

 

202206こぼれ話前編_オタクサ.jpg

シーボルトが愛したアジサイ「オタクサ」。写真は、咲き始めの花姿。(撮影:伊藤善規)

 

ヨーロッパに伝わった日本のアジサイは「東洋のバラ」と呼ばれ、またたく間に人気となります。あちこちで盛んに育種が行われ、新品種が続々と登場しました。それらが明治から昭和にかけて日本に逆輸入され、「西洋アジサイ」という名で呼ばれることになります。しかし前述のとおり、ヨーロッパから里帰りした「西洋アジサイ」の親株は、すべて日本のアジサイなのです。ですから「西洋アジサイ」という名前は奇妙...というより、誤りですね。海外で作出されたものの、日本のアジサイを交配親としているので、性質も日本のものと変わりません。今も園芸ショップの店頭で、「西洋アジサイ」の名で売られている鉢を見かけることがありますが「日本生まれなのになあ...」と、複雑な思いです。

 

――確かに、アジサイは学名の「ハイドランジア」で呼ばれたり、「ガクアジサイ」や「ホンアジサイ」という名もあったりして、混乱しがちです。

 

手まり咲きの「アジサイ」とガク咲きの「ガクアジサイ」は、別種と思っている人もいるかもしれません。何を隠そう、私自身も、知識がなかったころには「違うもの」だと思っていました。しかし、これらはじつは同一種の植物で、品種が違うだけです。ガクアジサイが基本種で、中央の両性花が装飾花に変化したのがアジサイ。もともと自然界に手まり咲きもあり、有名な「オタクサ」や「ヒメアジサイ」は、このタイプです。そもそも、アジサイ属のほとんどの種は「ガク咲き」と「手まり咲き」両方の性質をあわせ持っています。そのため、品種改良で多種多様な花が誕生しやすいのでしょうね。

 

202206こぼれ話前編_ガク咲き.jpg

ガク咲き(撮影:桜野良充)

 

202206こぼれ話前編_手まり咲き.jpg

手まり咲き(撮影:田中雅也)

 

このように、名前はややこしいかもしれませんが、アジサイは日本生まれで、古くから日本の気候風土に適応した育てやすい植物です。鉢植えでも庭植えでも楽しめるので、お気に入りを見つけて、まずは1株から育ててみてほしいですね。

 

ちなみに、アジサイは雨が似合い、日陰でも育つイメージがありますが、しっかり日光に当てたほうがよく育つんです。そもそも、植物のなかで「日陰を好む」ものは、私の経験上、全体の5%くらい。植物は基本的に太陽が好きなのです。「耐陰性がある」という植物の多くは「日陰にも耐える」だけで「日陰が好き」なわけではありません。そこは、間違えないであげてほしいですね。

 

202206こぼれ話前編_02.jpg

アジサイは日本生まれで、日本の気候風土に合う花木。(撮影:田中雅也)

 

後編は、川原田さんが「とくに好き」というヤマアジサイの研究秘話に迫ります!

 

202206こぼれ話前編_川原田邦彦.jpg

川原田 邦彦(かわらだ・くにひこ)

茨城県牛久市で庭木や宿根草などの生産、販売、造園などを手がける「確実園園芸場」を経営。名前のとおり「お客様のところで枯れない、確実なもの」を販売するのがモットー。2万平米の園内には、5000品種もの植物が育つ。アジサイに造詣が深いが、フジの収集もライフワーク。日本植木協会会員。

(撮影:田中雅也)

 

こぼれ話sp.jpg

テキストこぼれ話」では、『趣味の園芸』テキストの特集に関連して、担当編集者による講師へのインタビューなどをウェブ限定で公開しています(毎月2回更新予定)

 

『趣味の園芸』2022年6月号(5/20発売)

202206e_68-69.jpg

日本各地に自生しているヤマアジイ。楚々とした風情で、人気が高まっています。日本原産であるため、育てやすいことも魅力です。川原田邦彦さんが、おすすめ品種や楽しみ方を教えてくれました。

 

202206e_01.jpg

6月号の内容はこちら >

 

NHK出版で購入する | Amazonで購入する

関連する植物の情報

アジサイヤマアジサイ

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

趣味の園芸バックナンバー
定期購読
関連アイテム
投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
植物図鑑まとめ

植物図鑑まとめ

たくさんある植物の中から、テーマ別や特徴別に紹介します。植物選びの参考にしてください

病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

人気の高まる多肉植物や観葉植物。業界の最前線で活躍する専門家がその魅力を紹介

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

園芸用語集

園芸用語集

園芸でよく使われる主な専門用語を400語以上を掲載。50音順の索引から調べられます

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!