トピック&ニュースグリーンライフに役立つ最新トピック&ニュースをお届け!

土の困ったQ&A

イラスト:山村ヒデト
イラスト:山村ヒデト

「土の困った」にまとめてお答えします。これで土の悩みはすべて解決!春からの野菜作りは、成功間違いなしです。

 

*  *  *

 

Q1:土は、どのくらいの深さまで耕せばよい?

 

野菜の根が主に張るのは、土の表面から深さ20cmほどまでの間です。この部分がフカフカなら根が張りやすく、野菜が養分や水分を十分に吸収できます。深さ20cmを目安に耕しましょう。これが「作土」といわれる部分で、割り著の端を持って土にさし、スッと全体が入っていくようならOKです。

 

作士の下の土(下層土/かそうど)も重要です。硬く締まっておらず、軟らかすぎないのがよい土です。支柱などの棒を力いっばいさし込んだとき、深さ60cmくらいまで入ればよいでしょう。棒が入る深さまで、根を張ることができます。

 

Q2:堆肥をたくさん入れるほどよい土になる?

 

堆肥は、有機物と微生物のかたまりです。これを畑に入れることで、土が軟らかくなったり、微生物の種類と量が増えたりと、よいことがたくさんあります。しかし、たくさん入れればよいというものではありません。

 

その理由の一つが、堆肥にも肥料分が含まれていることです。大量に施し続ければ、肥料過多になり、収穫量が減ることがあります。特に、家畜ふん堆肥は、肥料分を多く含むので注意しましょう。また、バーク堆肥など、軽く、かさのある有機物を含む堆肥の場合は、水はけがよくなりすぎて、乾燥による被害を受けやすくなることがあります。

 

Q3:土は耕せばフカフカになる?

 

土は、耕せば空気が土の中に取り込まれ、軟らかくなります。しかし、それだけでは、すぐにまた硬くなりやすいので腐葉土やバーク堆肥などの堆肥を投入しましょう。軽くてかさのある有機物によって、土の中にすき間ができます。さらに有機物が土壌微生物によって分解されてできる腐植が、「のり」の役割をして、次第に土の団粒構造も発達していきます。

 

土をフカフカにするには、緑肥を育てるのも効果的です。緑肥は野菜よりも深い位置まで根を張り、土を軟らかくします。さらに、土にすき込んだ緑肥が分解されるとき、土壌微生物が増えるために腐植も増えて、土の団粒化が進みます。

 

Q4:野菜を育てるごとに石灰をまいているけれど、大丈夫?

 

ほとんどの野菜にとってふさわしい土のpHは、6.0〜6.5の弱酸性です。石灰資材を施しすぎると土がアルカリ性に傾き、微量要素の欠乏症が現れやすくなります。

 

そのため、できれば野菜を育てるごとに土のpHを測りたいところです。それが大変なら、年間で100〜200g/平方メートルとなるように苦土石灰(くどせっかい)を施すとよいでしょう。

 

Q5:プランターの培養土は自分で作れる?

 

もちろん、自分で作ることができます。市販の培養土に比べ、内容がはっきりしている分、安心です。

 

堆肥として、腐葉土を使う場合と、牛ふん堆肥を使う場合とで配合の割合が変わってきます。どちらを使っても、出来上がる土に基本的な違いはないので、手に入りやすいほうを使えばよいでしょう。

 

土は、市販の黒土、赤玉土のほか、砂と粘土の両方をほどよく含む土であれば、畑の土も利用できます。畑の土を使う場合は、pH調整のために苦土石灰を混ぜてください。特にトマトやホウレンソウを育てるときは、忘れずに入れましょう。購入したての黒土や赤玉土は弱酸性のため、pH調整は不要です。元肥(もとごえ)の量は野菜の栽培期間によって調整し、長期裁培の野菜は必要に応じて追肥を施します。

 

自家製培葉土(10リットル)の作り方

 

腐葉土を使う場合

 

・土(※1)……7リットル

・腐葉土……3リットル

・化成肥料(N-P-K=8-8-8)……20〜30g(※2)

 

牛ふん堆肥を使う場合

 

・土(※1)……9リットル

・牛ふん堆肥……1リットル

・化成肥料(N-P-K=8-8-8)……20〜30g(※2)

 

※1:市販の黒土、赤玉土(中粒)のほか、砂と粘土の両方をほどよく含む土であれば、畑の土も使える。

 

※2:コマツナやホウレンソウなど、栽培期間が短い野菜の場合は20g、トマトやキュウリなど長めのものは30gが目安。なお、畑の土を使う場合は、苦土石灰50gを混ぜる。

 

■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2018年1月号より

趣味の園芸 やさいの時間 2018年1月号

2017年12月21日発売 定価 669円 (本体619円)

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

期間限定特集 <プレゼント当たる!>

ピックアップ
テキストこぼれ話

6月号テキストこぼれ話
アジサイにまつわる話を公開中!(後編)

川原田さんが考えるアジサイの未来について伺いました。

今、熱い植物

今、熱い植物 第12回
“棘と葉を強光で鍛える…アガベ”

2つめの多肉植物として、アガベを選ぶ人がふえている

「朝顔チャレンジ」

「朝顔チャレンジ」
みんなでアサガオ観察をしよう!

みんなでアサガオの成長から開花までを見守る応援企画。あなたのアサガオを紹介してください♪

定期購読2018
投稿募集中 from テキスト編集部
「バラの病害虫対策ノート」の使い方

「バラの病害虫対策ノートの」の使い方
みんなの使っている様子を募集中!

「園芸栽培ノート2018」の使い方

「園芸栽培ノート2018」の使い方
みんなの使い方、アイデア募集中!

見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

テキスト人気連載をWEBで毎月お届け。人気の高まる多肉植物や観葉植物に注目し、その魅力を紹介

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

今年の夏は緑のカーテン

今年の夏は緑のカーテン

緑のカーテンの作り方やおすすめ植物、実践事例などを紹介しています

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

園芸LOVE 原田が行く

園芸LOVE 原田が行く

「みんなの趣味の園芸」スタッフであり『趣味の園芸』シニアエディター・原田による園芸エッセイ

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!