トピック&ニュースグリーンライフに役立つ最新トピック&ニュースをお届け!

ちょっと面倒な追肥……やるか否かで大違い

一般的な追肥の方法。株の周囲全体に、パラパラと肥料をまく。1か所にまとめてまくの...
一般的な追肥の方法。株の周囲全体に、パラパラと肥料をまく。1か所にまとめてまくのではなく、栽培スペース全体に、まんべんなくまくとムラなく吸収される。撮影:鈴木正美

生育の途中で与える肥料を「追肥」といいます。なぜ元肥(もとごえ)だけではダメなのでしょうか。恵泉女学園大学人間社会学部教授の藤田 智(ふじた・さとし)さんは、「やるか否かで生育に大きな差が出ます」と断言します。

 

*  *  *

 

野菜も人間と同じで、株が小さいうちは肥料を多く必要としません。また、肥料分は雨などで流出するため、元肥で収穫までに必要な全量を与えるより、追肥を行って途中で補うほうが効率よく吸収されます。

 

追肥の頻度や収穫までの回数は、野菜の種類によって異なります。栽培期間が短い葉もの野菜は収穫までに1回のみですが、長く収穫を続けるトマトなどは2週間に1回行います。

 

追肥の目的

 

1 肥料のムダを防ぐ

肥料分は雨や水やりなどによって流出する。収穫までに必要な量をまとめて施すより、何回かに分けて施すほうがムダにならない。

 

2 肥料切れを防ぐ

生育の途中で肥料が不足すると、野菜はスタミナ切れを起こして育ちが悪くなる。トマトやナスなど収穫期間が長い野菜ほど、追肥で定期的に肥料分を補おう。

 

3 生育を急激に促す

野菜には、肥料分を急激に必要とするタイミングがある。例えば実もの野菜は花を咲かせて実をつけるころから、ニンジンなどの根菜類は根が伸びたあと、太り始めるタイミングで肥料を多く必要とする。適切なタイミングで補うと、一気にグッと成長する。

 

■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2018年8・9月号 より

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

長寿県・長野に学ぶ食卓

第4回こうや豆腐で考える「食」と「健康」フォーラムをレポート!
こうや豆腐を使ったレシピも<PR>

詳しくはこちら
ピックアップ
テキストこぼれ話

10月号テキストこぼれ話
山野草にまつわる話を公開中!(後編)

山野草ファンにおすすめしたい英国の植物園。久志さんがその魅力をさらに教えてくれました。

今、熱い植物

今、熱い植物 第17回
“多肉のタネまき事始め…アナカンプセロス”

アナカンプセロスは、多肉植物のタネまき入門にうってつけ!

投稿募集中 from テキスト編集部
「バラの病害虫対策ノート」の使い方

「バラの病害虫対策ノートの」の使い方
みんなの使っている様子を募集中!

「園芸栽培ノート2018」の使い方

「園芸栽培ノート2018」の使い方
みんなの使い方、アイデア募集中!

見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

テキスト人気連載をWEBで毎月お届け。人気の高まる多肉植物や観葉植物に注目し、その魅力を紹介

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

今年の夏は緑のカーテン

今年の夏は緑のカーテン

緑のカーテンの作り方やおすすめ植物、実践事例などを紹介しています

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

園芸LOVE 原田が行く

園芸LOVE 原田が行く

「みんなの趣味の園芸」スタッフであり『趣味の園芸』シニアエディター・原田による園芸エッセイ

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!