トピック&ニュースグリーンライフに役立つ最新トピック&ニュースをお届け!

肥料のキホンをおさらい

肥料をまく様子
肥料をまく様子

ふだん何気なく施している元肥(もとごえ)と追肥。肥料にはどんな成分が含まれているのか、そして、なぜ施すタイミングを分ける必要があるのか、恵泉女学園大学人間社会学部教授の藤田 智(ふじた・さとし)さんに教えてもらいました。

 

*  *  *

 

肥料は植物のための食事

 

植物は光合成によって、生育に必要な養分の一部を作り出すことができますが、外部から吸収しなければならない養分もあります。そのなかでも必要量が多く、特に重要なのが、チッ素、リン酸、カリの3つです。主にこの3種類を肥料として施すため、「肥料の三要素」と呼ばれています。

 

肥料の三要素の働き

 

チッ素、リン酸、カリ、それぞれの主な働きは次のとおりです。とはいえ、野菜が順調に生育するには、これら3つの要素がいずれも必要です。

 

チッ素(N)は「葉肥」ともいわれ、葉や茎の成長に大きく影響します。光合成をつかさどる葉緑素やビタミンなどのもとになる要素でもあります。

 

リン酸(P)は「実肥」ともいわれ、開花・結実に影響するほか、生育初期の根の成長を助けます。遺伝をつかさどるDNAや光合成にも関わります。

 

カリ(K)は「根肥」ともいわれ、根や茎葉を丈夫にします。新陳代謝を活発にしたり、生理作用を調整したり、生育の調整役としても重要な役割を果たします。

 

肥料は元肥と追肥に分けて施す

 

野菜が必要とするこれらの肥料分を、元肥だけで一度に施そうとすると、土中の肥料濃度が濃くなりすぎ、根が傷みます。

 

また、根が一度に吸収できる肥料の量は限られています。吸収できなかった分は、雨などにより地下に流れてしまうため、再び野菜が肥料を必要とするときには、土の中の肥料分が足りなくなりがちです。さらに、根が吸収できずに河川などに流れ込んだ肥料分は、環境汚染の原因にもなります。

 

そこで、まず元肥を施し、その後、生育に合わせて肥料(追肥)を施すのです。

 

■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2018年12・2019年1月号より

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

ピックアップ
テキストこぼれ話

2月号テキストこぼれ話
リトープスにまつわる話を公開中!(後編)

後編はリトープスの「脱皮」の仕組みや、その他の栽培のコツを伺います。

今、熱い植物

今、熱い植物 第20回
“コノフィツム”

形がおもしろく根強い人気があるコノフィツム。多肉植物の中では華やかな花を咲かせるのも魅力

コレクションカード

2月号とじ込み付録「多肉植物・サボテン コレクションカード」

昨年夏の号で話題となった付録の第2弾!人気の多肉植物とサボテン36種を収載しています。

投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

テキスト人気連載をWEBで毎月お届け。人気の高まる多肉植物や観葉植物に注目し、その魅力を紹介

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

今年の夏は緑のカーテン

今年の夏は緑のカーテン

緑のカーテンの作り方やおすすめ植物、実践事例などを紹介しています

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

園芸LOVE 原田が行く

園芸LOVE 原田が行く

「みんなの趣味の園芸」スタッフであり『趣味の園芸』シニアエディター・原田による園芸エッセイ

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!