トピック&ニュースグリーンライフに役立つ最新トピック&ニュースをお届け!

米ぬかで野菜のおいしさを引き出す

「寒起こし」のタイミングは、厳寒期の1月がベスト。撮影:編集部
「寒起こし」のタイミングは、厳寒期の1月がベスト。撮影:編集部

「米ぬか」とは、玄米を精米したあとに出る表皮と胚芽のこと。土壌改良材として畑にまくほか、ぼかし肥の発酵促進剤などに使われています。体験農園園主で、東京都指導農業士の加藤正明さんが、効果的な米ぬかの使い方を教えてくれました。

 

*  *  *

 

1 冬にまいて微生物を活性化!

 

米ぬかは、土壌中の微生物の働きを活性化させるため、通気性や保水性、排水性の改善につながります。また、野菜の味をよくする効果も期待できます。まくタイミングは、地表から30cmくらいの土をスコップで掘り起こす「寒起こし」の作業時がおすすめ。寒さにさらすことで、土中にすむ病原菌や害虫が減って土がリフレッシュされます。

 

2 溝にまいてじっくり効かせる!

 

春から育てるトマトやナス、エダマメなど、生育後半に肥料を多く必要とする果菜類には、畝(うね)下の溝の中に米ぬかをまくと効果的。根が伸びた先に施すことでムダがなく、有機物の力で野菜本来の味を引き立てる効果が期待できます。発酵によるガスで根を傷めることがないよう、十分な時間をあけてから植えつけるのがコツです。

 

■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2018年12・2019年1月号より

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

ピックアップ
テキストこぼれ話

5月号テキストこぼれ話
ヤマアジサイにまつわる話を公開中(前編)

盆栽の世界におけるヤマアジサイと四国で見つかった品種を、山田香織さんが紹介!

今、熱い植物

今、熱い植物 第23回
ミニコーデックス

人気の多肉植物のなかでも、コーデックスはとりわけコアな層を惹きつけている。

バラ栽培3年ノート

5月号とじ込み付録「バラ栽培3年ノート」

趣味の園芸5月号は、髙木絢子さん監修によるバラの栽培ノートが付いています!

投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

テキスト人気連載をWEBで毎月お届け。人気の高まる多肉植物や観葉植物に注目し、その魅力を紹介

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

今年の夏は緑のカーテン

今年の夏は緑のカーテン

緑のカーテンの作り方やおすすめ植物、実践事例などを紹介しています

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

園芸LOVE 原田が行く

園芸LOVE 原田が行く

「みんなの趣味の園芸」スタッフであり『趣味の園芸』シニアエディター・原田による園芸エッセイ

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!