トピック&ニュースグリーンライフに役立つ最新トピック&ニュースをお届け!

元禄期に大ブームを巻き起こしたツツジ

江戸キリシマ系の代表品種、本霧島。三之丞が『錦繍枕』で選んだ「ツツジ5花」の一つ...
江戸キリシマ系の代表品種、本霧島。三之丞が『錦繍枕』で選んだ「ツツジ5花」の一つ。撮影:成清徹也

2020年東京オリンピック・パラリンピックを1年後に控え、日本人の美意識や栽培技術が花開いた江戸の園芸を見つめ直す12回シリーズ「大江戸 花競(くら)べ 十二選」。第2回は元禄期に江戸で一大ブームを巻き起こしたツツジを取り上げます。お話をうかがったのは、ツツジの専門家で新潟県立植物園の倉重祐二(くらしげ・ゆうじ)さんです。

 

*  *  *

 

染井に‘霧島’3銘木が集結

 

人里近くに生えることからツツジは『万葉集』の時代から人々に親しまれてきました。今日に残る園芸品種がつくられ始めたのは江戸時代初期のことです。

 

人気の引き金となったのは霧島山から出たとされる‘本霧島’。正保年間(1644〜48年)に薩摩から大坂へ伝わった1株が5本に増殖され、明暦2年(1656年)、そのうち3本が江戸に運ばれました。

 

染井(現在の豊島区駒込付近)の植木屋伊藤伊兵衛三之丞(いとう・いへいさんのじょう)は自宅の庭にこの3銘木を飾り、「霧島屋」を名乗りました。三之丞は全国からさまざまなツツジを集め、元禄5年(1692年)には335品種を集成した『錦繍枕(きんしゅうまくら)』を刊行。そのなかで開花期の遅い品種を「さつき」として区分しました。現在では、江戸で発達した‘本霧島’に類似の品種を「江戸キリシマ」と総称しています。

 

クルメツツジの普及は20世紀

 

このツツジブームは1700年には終わりますが、文化期(1804〜18年)には染井から大久保(現在の新宿区)に栽培の中心が移り、新名所として知られるようになりました。

 

一方、九州の久留米藩では天保時代(1830〜44年)から‘本霧島’などの実生によりクルメツツジが作出されましたが、当初は門外不出で、全国に普及したのは明治時代末期の1900年ごろからのことです。

 

■『NHK趣味の園芸』2019年5月号より

趣味の園芸 2019年5月号  

2019年04月20日発売 定価 545円 (本体505円)

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

新着日記写真
バラ
2019/06/17
『マユミ』の実...
2019/06/17
新しい花友さん...
2019/06/17
美しい葉っぱ🍃
2019/06/17
ノブドウ、小苗...
2019/06/17
アナベル
2019/06/17
投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

テキスト人気連載をWEBで毎月お届け。人気の高まる多肉植物や観葉植物に注目し、その魅力を紹介

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

今年の夏は緑のカーテン

今年の夏は緑のカーテン

緑のカーテンの作り方やおすすめ植物、実践事例などを紹介しています

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

園芸LOVE 原田が行く

園芸LOVE 原田が行く

「みんなの趣味の園芸」スタッフであり『趣味の園芸』シニアエディター・原田による園芸エッセイ

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!