トピック&ニュースグリーンライフに役立つ最新トピック&ニュースをお届け!

「何のための草刈りなんだ?」 ハーブ畑の除草をやめた那須高原の浜津さん

撮影:栗林成城
撮影:栗林成城

那須岳のすそ野に広がる栃木県那須高原。畑と林に挟まれた小道をやってくるのは、浜津伸生さんです。ハーブと野菜を育て、ブレンドしたハーブティーは都会のマルシェでも大人気。でもその「畑」は草ぼうぼう!? 自然を生かしたこだわりの畑を案内してもらいました。

 

*  *  *

 

「何のための草刈りなんだ?」

 

「これがラベンダーでこっちがレモンバーム。畝(うね)が草だらけで、どれがハーブかわからないでしょ」。そう言って笑う浜津さんは、5000坪の畑で年間50種類のハーブを育てています。以前は除草と施肥(せひ) をしていましたが、今はどちらもしない自然栽培。きっかけは草を見る目の変化でした。

 

「冬、霜柱に持ち上げられてハーブの根が露出したり、表土が風で飛ばされたりすることに悩んでいたとき、草の生えた田の縁には霜柱が立たず、土も飛ばされないことに気づいたんです。飼い始めたヤギのエサに草刈りをしていたら、傾斜した畝の上下で草の種類が違うことも発見し、草にも何か意味があるのかなと考え始めたんですよ」

 

それでも除草はしていた浜津さんを、ある出来事が変えました。「その日もバッタを蹴散らしながら草刈り機をかけていたのですが、ふと振り向いた瞬間、手が止まってしまったんです。そこにはまるで芝生のように人工的な畑。それを見たら、なぜこんなことをしているのかわからなくなっちゃって。虫のすみかを奪って、何のための草刈りなんだ?って」。

 

以来、浜津さんは草を生やしています。春には背の低いタンポポ、夏にはイネ科やキク科の草が伸び、秋にはそこにマメ科の草が巻きつきます。その草を少しよけて、浜津さんはハーブを植えます。「草刈りは、ハーブの日当たりを遮るところだけ。刈り草は畝に置き、ヤギやニワトリのふんをのせます。分解されて植物の養分になるのを待つんです」。冬には、草の根がしっかり張って、土の飛散を防いでくれます。

 

※後半はテキストでお楽しみください。

 

■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2019年6・7月号より

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

人気の高まる多肉植物や観葉植物。業界の最前線で活躍する専門家がその魅力を紹介

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

今年の夏は緑のカーテン

今年の夏は緑のカーテン

緑のカーテンの作り方やおすすめ植物、実践事例などを紹介しています

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

園芸LOVE 原田が行く

園芸LOVE 原田が行く

「みんなの趣味の園芸」スタッフであり『趣味の園芸』シニアエディター・原田による園芸エッセイ

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!